212013 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

どっかの誰かさん

PR

Calendar

Archives

2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04

Category

Freepage List

Rakuten Ranking

Headline News

2007.10.03
XML
カテゴリ:新選組本

【人間土方歳三 新選組副長秘め語り】

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
歳三が語る人間愛と武士道。そして、ここだけの話。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
村瀬彰吾(ムラセショウゴ)
1947年東京生まれ。中央大学商学部卒。1974年日野市役所入所。税務、年金担当などを経て、1998年リサイクル推進課長に就任、それまで都内で「ゴミ量ワースト1」の日野市を立て直し、「ベスト3」へと躍進させた。2002年「新選組特命主幹」日野市内の新選組史跡ガイド・講演・講座など、「新選組で町おこし」の諸活動を幅広く推進中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



面白かった。
小説として、面白かった。

最初は何度も同じことを繰り返されて(゚Д゚)ウゼェェェ!!とか思ったんだけどね。
後、導入される作者の歴史解説の唐突さに(# ゚Д゚) ムカーとしもした。
だけど、まあ、アレだ。
インタビュー形式っぽくて読みやすいし、本当にこんな口調(方言っつーかなんつーか)で喋ってたのかなあ?とか。
そのあたりを考えると非常に面白い。

元勘定方の河合の許婚が、函館まできて土方を「仇!」って襲う突拍子のなさもいい感じだ。
ありえねーって思うんだけど、それがなんか良いっていうか。

こんな土方さんもいいなーとか思ったけど。
なんつーか……あああああああぁぁああ!!とマジでそうだったんじゃね!?って思ったことが一つ。
吉田松陰を尊敬してた・していない、はともかくも。
【辞世の句の手本にした。】
これには、納得。
似てるよなーとか思ってたわけで(某所で吉田松陰の辞世の句を見たときに)

【身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂】

【よしや身は 蝦夷が島辺に 朽ちぬとも 魂は東の 君やまもらむ】

上が松陰先生。下が土方副長。
インスパイヤだ。ぜってーインスパイヤだ。
これには、なんか自分の中で納得した。


新選組は土方的には一種の芸術作品。
っていう、見解はどうにも納得できかねる。
ああ、ただ、仮面を被って一歩引いた所から悲喜交々をほくそ笑んでたっていうのはなんとなくいいかもしんない。
二面性がありすぎるんだよなあ……。






Last updated  2007.10.08 23:34:31
[新選組本] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.