701341 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

鯉に濃い恋の日記

PR

Profile


熊本のひろゆ

Free Space

PVアクセスランキング にほんブログ村

Archives

2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09

Category

2016.10.30
XML
カテゴリ:カープ プロ野球
日本シリーズ2016 第6戦

北海道日本ハム10-4広島

最後の最後に無残に散ってしまいました。
追いかけるる身の上のカープが序盤から締まらない野球をやっていて最後にあんなヤラれ方をして終戦だったので昨日は怒り心頭で冷静に書けそうになかったんで、更新は自重しました。
酒も入ってたんで相当荒れた事を書いたに違いない(笑)

カープも締まらなかったが日ハムも「日本一」のプレッシャーからか負けず劣らずのミスを連発でどうにか試合にはなっていた。
しかし土壇場では球際の強さを見せてさすがでした。
6回裏の下水流の当たりを中島が止めたのが最たるところでしたね。
逆転まではさせないという。
あそこでカープが逆転できていたらもう少し違ったかもしれない。

いや。変わらなかったかな。

このシリーズの敗因だがカープはシーズンと同じような戦いをするには機能不全に陥ってた部分が多々見られたので。

しかし最後の勝負所となった8回裏のジャクソンは
二死ランナー無しから三連打された後
中田への勝ち越しとなる押し出し
普段は打席に立たないパリーグの投手であるバースにはタイムリー
レアードには満塁弾と
この上なくド派手に散ってくれました(泣)


シリーズの機能不全の部分の思ったところを書いてみます


タナキクマルの機能不全。

広輔はCSで打ち過ぎた。一番打者の仕事がまるでできなかった。
菊池、丸は数字上は悪くなかったが印象に残る仕事はできなかった。
昨日の丸は追撃の一発を放ったが全体的に印象は弱い。
カープの心臓部であるだけにここが良い仕事ができないと全体的に勢いがつかない。全体的に支配できるだけの力がまだまだ足りないなと感じた。

勝利の方程式の崩壊

ストロングポイントである勝利の方程式の崩壊は痛かった。
敗れた4戦ともここで誰かしらが失点を重ね勝利を逸した。
特にジャクソンはもう出てくるだけで不安しかなかった。
昨日に至っては中田への四球やレアードの満塁弾は素人でも予想できるものだったと思う。それほど出来の悪さは明らかだった。
もっともバースに打たれるとは思いもしなかったが。
今村も結果的には抑えたが疲れは明らかだった。
昨日に至ってはストレートが134kmとか。。。
今村、ジャクソンともに6戦連続登板となり60年前の稲尾氏の記録に並んだとか。
投手分業化の進んでいる現代野球において起用で60年前の記録に並ぶとかありえない。しかも同一チームから二人も。。
登板しない日も広島ー北海道間の移動があるのでさぞかし疲弊したろうと思う。

機能不全の最たるは采配

監督本人も認めていますが「監督の差」これは間違いなくその通りだと思います。
攻撃においてはシリーズ序盤こそカープらしい野球ができていましたが札幌移動後は全く冴えが見られませんでした。
相手が嫌がる攻めが出来なかったし、投手陣においては方程式に固執しすぎ一部の選手に負担を強いる結果になってしまった。
全員力など何だったのかという。
日ハムが形にこだわらず満遍なく投手を起用して接戦を制していったのに比べカープは方程式にこだわり続けた結果、強みであった部分をウィークポイントへ転化させていった。その過程は最悪のものでした。
昨日はようやく動いたがまったく打てていない石原へ代打を送らなかった事にも不満が残る。
石原のリード面での貢献は非常に大きいものがありますがチャンスの場面でも代打を出さないのは積極性、攻めの采配ってものをファンとしては感じないので非常に残念でした。


栗山監督は選手を信頼して使っていたし、短期決戦ならでは頭を使った采配、相手の嫌がる事を再三にわたって仕掛けていた。一方、緒方監督は一部の選手への信頼が厚いが為、そこにこだわり過ぎて短期決戦向けの柔軟な采配が出来なかったように思う。

経験の差も大きいのでしょう。

シーズン中のカープの強さが最後に影を潜めてしまった事やこの大舞台での雰囲気をグランド内で経験できなかった投手が多かった事、黒田の本当に本当の最後の登板を本拠地で果たせなかった事。
残念に思う事がたくさんあった日本シリーズになってしまいました。


これで今季は全日程終了。


最後の最後に敗者となってしまいましたがみんな良い経験が出来たと思います。
今回は修羅場を乗り越えるだけの底力はありませんでしたが崖っぷちの経験が出来た事は財産になるでしょう。

今年の経験を生かして来季以降「日本一」を達成してもらいたいと思いました。




さいごまで読んで頂きありがとうございます。


にほんブログ村






Last updated  2016.10.31 21:23:00
コメント(1) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.