22349141 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

読書とジャンプ

PR

カレンダー

プロフィール


むらきかずは

日記/記事の投稿

カテゴリ

サイド自由欄

コメント新着

 http://buycialisonla.com/@ Re:週刊少年ジャンプ15号感想(03/12) cialis da 5 mg. genericoherbal alternat…
 http://buycialisonla.com/@ Re:「リボーン」で獄寺君(09/27) cialis 5 mg 28 compresse prezzocialis v…
 http://buycialisonla.com/@ Re:「銀魂」でカラーな月詠さん!☆(≧▽≦)☆!(08/07) cialis pill cutterscialis da 5 mg forum…
 通りすがり@ Re:「銀魂」で桂さん←髪の毛がすごいことに(笑)(03/15) 髪をなびいてるイラスト探したらみつけま…
 なりきりをしている者です@ 突然のコメント大変失礼します 初めまして。突然のコメント大変失礼致しま…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

2006年10月30日
XML
カテゴリ:テレビ感想
ジーク・ジオン!ジーク・ジオン!ジーク・ジオン!!

すごい正拳突き、右ストレートで始まりました。これも千秋の教育のたまもの?(笑)

千秋様、パンパンって手を叩くだけでもかっこいいです!もう一生ついていきます!(←落ち着け)

それにしても、クラシックにはド素人の私でもわかるSオケのへたくそっぷり。すげえ!
千秋は徹頭徹尾、極限プンスカで、相変わらずカルシウムが足りない模様。鰯でも頭から骨ごとかじってみたらどうでしょう。

竹中シュトレーゼマンですが、今週は、すごい指揮者かもしれないっぽい雰囲気をかもし出してました。(←日本語が変)
竹中シュトレーゼマンが振るだけでオケが動き出す。うん、ド素人の私でも、それっぽく聞こえました。楽しげに振ってるのがいいです。竹中シュトレーゼマン、先週でちょっとひいたけど、いいかもしんない。本物のマエストロの匂いがしました。(←どんな匂い?)

無事、お弟子さんになることができた千秋、体よくSオケを押し付けられることに。チャンスと喜ぶこともなくうんざり顔です。まあ、気持ちは分からんでもない。
でも、へたっぴだからこそ、これからどんだけ聴かせるオケになるかが見ものってことですもんね。千秋には悪いけど、見てるこっちはニヤニヤです。

ほら、千秋ってなんか不幸が似合うじゃないですか!☆(≧▽≦)☆!

妖怪コントラバスの桜ちゃん、予想以上にかわいかったです。声がちょっぴりアニメ声なのがなおよし!
っていうか、このドラマかわいこちゃんだらけですよ。のだめちゃんはじめ、峰くんといい、真澄ちゃんといい、プリごろ太といい!
プリごろ太のコミックスがちゃんと存在してるのが、芸が細かくて原作スキーとしては一発でメロメロでした。
※プリごろ太=重要アイテム。のだめワールドの国民的漫画。いわば「ドラ○もん」。

のだめ南ちゃんの愛しの千秋先輩への差し入れは丸ごとレモンの蜂蜜漬けでした。ワハハ、アホだ。そして、ジェラシーメラメラの真澄ちゃんとのだめちゃんがつかみ合い。なんだか子猫がじゃれ合ってるみたいですよね♪(←そうか?)

さて、今週の【お母さん千秋】は、のだめちゃんと桜ちゃんにおさんどんでございました。千秋様の世話焼きっぷりはますますヒートアップです。グレートマザーです。私も千秋様の手料理が食べたいです。
台所洗剤で髪を洗っちゃうのだめちゃんのダメっぷりにも萌えますが、貧乏のイメージがフランダースの犬とマッチ売りの少女ってとこに千秋先輩の想像力の貧困さを垣間見た気がします。こんな発想が貧困で、オケの指揮なんてできるのかしらん(笑)

でも、俺様のくせに、自分の非を認めることができる強さを持ってる千秋は、やっぱりすごい。だから、どんなにきつくてもドSな発言をしても、峰くんや真澄ちゃんをはじめ、Sオケの面々は千秋について行こうって思うんでしょうね。でも、世話焼きぶりが災いして、すっかり一人子供相談室状態になっちゃってましたが(笑)
そこが千秋の千秋たる由縁ですね。

ほら、千秋ってなんか不幸が似合うじゃないですか!☆(≧▽≦)☆!

そんなお母さんでもて王な千秋にジェラシーメラメラの竹中シュトレーゼマン。
キャバクラのおねーさん達だってあんなうさんくさいなんちゃって外人なんかより、千秋様の方がよっぽどいいに決まってます。しかも千秋、お母さんだし(←関係あるか)

さて、【今週の本題】は桜ちゃん。お家が貧乏で楽器の練習も満足にできない。シュトレーゼマンにダメだしをされた千秋は桜ちゃんの家に説得に行きました。
まあ、いろいろいろいろ合って、千秋がバイオリンバカの桜パパにガツンと言ったおかけで、なにやら解決しちゃいました。呪いのバイオリンを売ったから会社も立ち直ったみたいです。

の、呪いのバイオリン?( ̄□ ̄;)!!

もう、このドラマ、不真面目なんだか真面目なんだか。

なんにせよ、今回の一件で千秋もオケで何が大事なのか一つ悟ったようです。
いろんな個性が集まるオーケストラ。誰一人欠けることがないように、纏め上げる。それが指揮者の大事な勤めの一つなんですね。

もう、このドラマ、真面目なんだか不真面目なんだか(笑)

さてさて、竹中シュトレーゼマン、キャバクラででの大人気ない復讐でAオケに専念することになりました。
竹中シュトレーゼマンには裏がっていうか思惑があるんでしょうが、とてもそうは見えないとこに竹中さんの凄さがあります。先週の感想でひくとか言ってすみません。さすが怪優・竹中直人!

来週はこたつに嵌る千秋が見れますね。う~ん、普通に楽しみ♪

それでは、最後はこれでしめさせていただきます。

イエー!ジーク・ジオン!ジーク・ジオン!ジーク・ジオーン!!


そう言えば、とうとう軽部さん出なくなっちゃいましたね。それはそれでちょっと寂しいかも(笑)








最終更新日  2006年10月31日 07時54分50秒
コメント(24) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.