23001612 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

読書とジャンプ

PR

カレンダー

プロフィール


むらきかずは

日記/記事の投稿

カテゴリ

サイド自由欄

コメント新着

 http://buycialisonla.com/@ Re:週刊少年ジャンプ15号感想(03/12) cialis da 5 mg. genericoherbal alternat…
 http://buycialisonla.com/@ Re:「リボーン」で獄寺君(09/27) cialis 5 mg 28 compresse prezzocialis v…
 http://buycialisonla.com/@ Re:「銀魂」でカラーな月詠さん!☆(≧▽≦)☆!(08/07) cialis pill cutterscialis da 5 mg forum…
 通りすがり@ Re:「銀魂」で桂さん←髪の毛がすごいことに(笑)(03/15) 髪をなびいてるイラスト探したらみつけま…
 なりきりをしている者です@ 突然のコメント大変失礼します 初めまして。突然のコメント大変失礼致しま…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

2007年05月01日
XML
カテゴリ:テレビ感想

セクロボは面白くないとのたまう友人と、深刻なケンカになりかけたかずはです。
友情の壊れる音がした!(笑)
いやまあ、よく言えば個性的な、悪く言えばアクの強いドラマなので好き嫌いは極端に別れるドラマではあるんでしょねえ。

ついでに、松山ケンイチきもい~と言い切った友人相手に、「そのきもさがいいんだって!メロメロなんだって!」と力説してたんですが、あんま説得力ないよなぁ・・・・・・と頭の片隅で冷静に考えてたのは内緒の方向で(笑)

ともかく、ニコとロボの掛け合い。

「ロボ出動だよ」

「ロボ、出動しま――――す!」


もう、この掛け合いに真剣にドキドキしました。スパイっていうよりロボットもの、もしくは特撮ヒーローなノリの台詞ですが、心踊らされまくり!☆(≧▽≦)☆!


さて本編。【爆弾魔になった彼女を救え】

「ど」が吹っ飛んで「おしり喫茶」。「ニ」と「ン」が吹っ飛んで「アホ株式会社」


今回はなかなかセンスのいい(ぇー)爆弾魔の「かんにん袋」がメインでした。
ここまではっちゃけてる爆弾犯のどこが「かんにん袋」なのか微妙な気がしないでもないですが、市川実和子さん、デフォルトで幸薄さそうな雰囲気の方なので、こうゆう役がものっそ似合います(笑)

これは笑い袋

実は、今回、ちょっと突っ込みどころっていうか謎な箇所が少しばかりありました。

例えば、

カレーに爆弾?それはいくらなんでもバレるだろ!的なことは置いとくとしても、看板の1文字を1個の爆弾でふっとばせるのに、至近距離で3個の爆弾が爆発してもロボがドリフの爆発みたいな姿になるだけで済むあたり、爆弾の威力がいまいちよく分からなかったり。

真境名の姐さんも、よっちゃんとニコロボコンビ、別々に同じことを頼むのはいい加減非効率だから止めたらいいのにってことだったり。

宇佐美先輩、理由がどうあれ爆弾魔であるって事実は変わらないと思うんですが、罪の償いはしなくていいの?ということだったり。

ラストの花火については、「あんな小さい仕掛けであんな綺麗な花火は上がらんだろ」ってのは確信犯的な演出だろうと思うので特にひっかかったりはしなかったんですが(むしろ、そうゆう子供じみた演出はかなり好みです)、全体的な評価は今クールのドラマの中でもピカイチなだけにちょっと残念。

ただ、その残念感を補ってあまりあるほど、キャラクタは立ちまくってたので、今週も充分楽しかったです。
このドラマの魅力はなんといっても、秀逸な台詞群だと思うわけで。例えば、

ロボの台詞

「また会えたな ガンキャノンよ!」
「国家権力にマックスパーンチ!」
 
「ミステリアスですみません!」どういたしまして
「いただきマックス」←いくらロボ好きなヲタクでもこんな台詞は普通にでないぞ(笑)
「バカじゃないです。ヲタクです―――っ」ヲタクである自分を少しも恥じてないロボはちょっと愛しいw
「俺の感情がカレーに乗り移ってスパークした。」えええええ?( ̄□ ̄;)!!

よっちゃんの台詞

「俺はチャーシューより縛られている。チャーシュー以下なのかぁ」(チャーシューはかなりレベル高いので仕方ないよ、よっちゃん。(と肩を叩きながら言ってあげたい)
「爆弾? やっべぇーモチベーションあがってきた!☆(≧▽≦)☆!」

そして、極めつけはニコとロボの掛け合い。

「俺の心には愛と勇気と正義が宿ってるんだ
 守ってみせる 俺が! 愛と勇気と正義のために!」
「下心は?」
「ない!」
「ほんっとーーは?」
「ちょい!」
「ちょいかぁ。ちょいなら守るしかないか」


握手ガシッ!としてもらえず、口笛でごまかそうとするロボがなおよし!
この年齢と反比例した二人の関係が、心底かわいいです。もう、メロリンキュー♪


キャラの特徴をこれでもかってくらい台詞で見事に表現してるのは素直に感心。
しんみりしみじみな台詞は少なかったように思いますが、テンポある掛け合いが心底楽しいです。


さて、事件は、爆弾騒動の犯人に間違われたロボを助けようとニコが真境名さんを訪ねたところから始まりました。
「バカでスケベだけど絶対ロボじゃない。ロボを警察から出してください。」と頼むいたいけな中学生相手に条件を突きつける真境名の姐さんがかなり素敵でした。(←マジ)

そして、釈放されてがっかりなロボ(あのおっさんくさいらくだ色のつなぎに爆笑)も、今回の仕事の舞台が和美ちゃんの大学だってだけで上機嫌です。さすがのマックスロボも和美ちゃんをはじめとする女子大生軍団には劣勢のようで、マックスロボ、ちょっと切ない(笑)

宇佐美先輩は、教授の横暴さのせいで、卒業からその後の5年間まで、ケチがついてしまったようで、履歴書の裏面までびっしりなくらいの転職歴は、ぶっちゃけ本人の責によるもんじゃないかと思わないでもないですが、真面目な人ほど貧乏くじをひいて、真面目な人ほど、切れたときに始末に終えないの典型でした。

地球儀に仕掛けた爆弾を止めるため、

ロボは教室へ。ニコとよっちゃんは放送室ジャックを。

放送室ジャックってことは、ニコの七色ボイスでるか!と期待したんですけど、「達磨さんが転んだ」で見事に肩透かしをくらってしまいました。
期待が大きかっただけに真剣にがっかりしたんですが、教授に自分自身の行為をつきつけるために使用されてたのでホッと胸を撫で下ろさせていただきました。良かった良かった。ちゃんと使われないと、何のための特殊能力なのかってことになるしね。
それにしても、声紋を調べたら諸バレだから使いどころに注意が必要な能力ですが、今回みたいな場合はかなり効果的な能力ですね。

ちなみに、「達磨さんが転んだ」との声で思わず全員の動きが止まってしまうのは、やっぱり日本人の性なんでしょうか?(笑)


ラスト

「いきなり自分にお先真っ暗なことが起きたらどうすればいいのか
結局教授もそのままだし宇佐美さんも我慢したまま。納得がいかない。」


と不満を漏らすニコに、真境名さんが答えます。

「我慢するのも一つの方法。それでいいんじゃない。」

それは、純粋さを失くした大人の理屈だけれど、大人になったからこそ到達できる真理でもあって。

何事にも無駄なんかない。我慢することは決して無駄じゃない。

「我慢に我慢を重ねていったらそこに何か見つかるのだろうか。見つからないのだとしたら、私はどうやって生きていけばいいだろう」

冒頭のニコの疑問に、一つの解決が示されました。


荒唐無稽なストーリーのなかに、キラキラ光る人生への指針が一つ。


今回、ちょ―――――――っとひっかかる部分が眼について残念だったものの、ロボのオーバーアクションや、ニコとロボのかけあいのかわいらしさに眼が奪われがちですが、毎回、最後のニコの独白に胸打たれます。


とりあえず、火曜日ってのはいいですね。1週間がんばろうって気になれるから(笑)
ついでにかんにん袋を実際に商品化してくれたらなおよし!面白くない仕事も頑張れそうです。(←マジ)
視聴率はかなり苦戦してるみたいだけど、なんとか頑張れ!もしくは踏ん張れ!

最後に、何かあるとお父さんに相談するニコが相変わらず好感度高しでした。中学生くらいの年頃のときは父親と話すのも目を合わせるのも嫌な思春期まっさかりな時期でも全然おかしくないのに、素敵な親子関係だよなあ。ちょっと羨ましいぞ。


余談。アップする直前、折角書いた感想が、全部、きれいさっぱり消えてしまいました。下書き保存してたから被害は最小限で済んだものの、心底がっかり!( ̄□ ̄;)!!
よっちゃんとは逆に、モチベーション下がりまくりです。ケッ(←やさぐれ気味)


   
にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 イラストブログへ にほんブログ村 イラストブログ 漫画ファンアートへ  にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ






最終更新日  2007年05月01日 23時49分28秒
コメント(6) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.