23076315 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

読書とジャンプ

PR

カレンダー

プロフィール


むらきかずは

日記/記事の投稿

カテゴリ

サイド自由欄

コメント新着

 http://buycialisonla.com/@ Re:週刊少年ジャンプ15号感想(03/12) cialis da 5 mg. genericoherbal alternat…
 http://buycialisonla.com/@ Re:「リボーン」で獄寺君(09/27) cialis 5 mg 28 compresse prezzocialis v…
 http://buycialisonla.com/@ Re:「銀魂」でカラーな月詠さん!☆(≧▽≦)☆!(08/07) cialis pill cutterscialis da 5 mg forum…
 通りすがり@ Re:「銀魂」で桂さん←髪の毛がすごいことに(笑)(03/15) 髪をなびいてるイラスト探したらみつけま…
 なりきりをしている者です@ 突然のコメント大変失礼します 初めまして。突然のコメント大変失礼致しま…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

2007年07月07日
XML
テーマ:お勧めの本(5218)
カテゴリ:読書感想


羅馬硝子

醤油



キツネ

宗教

革命

響くエザン

眠れぬ一夜

漆喰の壁

黒曜石の瞳



異国の地にて想うこと。

異国の地だからこそ想うこと。

そして、

帰国した地にて胸に過ぎること。



時は1899年。
トルコの首都スタンブールに留学中の村田君は、毎日下宿の仲間と議論したり、拾った鸚鵡に翻弄されたり、神様同士の喧嘩に巻き込まれたり…それは、かけがえのない時間だった。
だがある日、村田君に突然の帰還命令が。そして緊迫する政情と続いて起きた第一次世界大戦に友たちの運命は引き裂かれてゆく…
爽やかな笑いと真摯な祈りに満ちた、永遠の名作青春文学。




『私は人間である。およそ人間に関わることで私に無縁なことは一つもない』

私は永くこの言葉を忘れない。



留学生の村田は「家守綺譚」の主人公、綿貫の友人でした。

オットーの豪放さ。ディミトリスの繊細さ。ディクソン夫人の敬虔さ。
そして、ムハンマドのつくるスープの匂い。
賑々しい鸚鵡の声。

読み終わった後に残るのは、静かな焦燥感とセピア色の憧憬。
ときに痛く、ときに染み入る。
あらゆるものに何かが宿る。
異国で。
郷里で。
世界中のどこかで。
ありとあらゆるところで。


濃密でありながら無色透明な筆致に酔いしれる。

最後の一言に想いが弾ける。

ああ、そうか。これが青春小説なんだ。


何かに囚われて、ふと立ち止まってしまった時に是非どうぞ。


おまえはここにいてもいいのだと。


一読の価値はきっとある。



感想を読ませていただいたサイト様
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! コンパス・ローズ おもひでブルージー
 読書からはじまれ 香桑の読書室 老水亭 本のある生活 夕螺の読書ブログ 蓮に鷺
 蒼のほとりで書に溺れ。 おいしい本箱Diary 本を読む女。改訂版 白ブタさん 
 苗坊の読書日記 ☆GREEN HEART☆ Lake Moraine ~Book Review


   
にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 イラストブログへ にほんブログ村 イラストブログ 漫画ファンアートへ  にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ






最終更新日  2009年05月07日 21時45分45秒
コメント(10) | コメントを書く
[読書感想] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.