20221763 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

読書とジャンプ

PR

カレンダー

楽天プロフィール


むらきかずはさん

銀魂があればいつもお腹一杯

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
アニメ  銀魂  ジャンプ  イラスト 

日記/記事の投稿

カテゴリ

サイド自由欄

コメント新着

 なりきりをしている者です@ 突然のコメント大変失礼します 初めまして。突然のコメント大変失礼致しま…
 せーちゃんの旦那@ Re:【ドラマ感想】 セクシーボイスアンドロボ 「Voice2 ごぼ蔵」(04/17) 通りすがりのものです。この回、自分もテ…
 もどき@ Re:【アニメ感想】 銀魂 第145話 「絆の色は十人十色」(02/20) ホントに赤フンだったら面白いっすねー^…
 人気ドラマDVD@ Re:「銀魂」で銀さん(04/18) 毎日新品ここは人気海外ドラマ 国内ドラマ…
 銀魂LOVE@ Re:銀魂 第3回キャラ人気投票結果発表!←奇跡が起きた!☆(≧▽≦)☆! 1位~10位+定春+さっちゃん+平子+金さ…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

2007年11月24日
XML
カテゴリ:読書感想

盛大に砂を吐き続けたせいで、うちの近所の公園の砂場が二つになりました。

練乳をカキ氷シロップで割った以上に甘い です。

いや、マジでマジで!☆(≧▽≦)☆!




あの図書館の鐘を鳴らせ!


年始、原子力発電所を襲った国際テロ。
それが図書隊至上最大の作戦の始まりだった――
ついにメディア良化法が最大の禁忌に手をかける!?
図書隊は良化法の横暴を阻止できるのか!?
手詰まった状況を打破する一手を放ったのは、――何とタスクフォースの山猿ヒロイン!「図書館戦争」シリーズ第4段にして完結巻、これをもっていよいよ閉幕!
果たして、幕は無事に下りるのか――!




高らかに呼ばわれ。

「こちらは関東図書隊だ!あたしたちは、ここだ―――――!」




ちょっと上手くいきすぎじゃないかなぁ、とか、
手塚兄、もうちょっと粘るかと思ったんだけどなぁ、とか、
小牧教官と毬江ちゃん、出番少なっ!( ̄□ ̄;)!!

とかとか、思うところもなきにしもあらずですが、ここまで盛大にハッピーエンドにされると、文句は胡散霧消、かけらもありゃしません。
メディア良化法は残ったままだし、図書館は、検閲に対抗するためとは言え、武力を保持したまま。歪みは歪みとして存在している。
だけれど、ラスト、郁達が体を張って掴み取った希望の大きさに胸がすく思いです。

楽しみにしてた甲斐がありました。それはもう、ありすぎるほどに。



にしても、徹頭徹尾、読んでて恥ずかしくって恥ずかしくって仕方ありませんでした。
ニヤニヤ笑いが止まらないので、通勤中読むのは逢えなく断念。(←これ以上ないってくらい正しい判断)

いえ、感動するところは山ほどあります。
手塚兄弟の想い。
柴崎の真っ直ぐなしたたかさ。
稲峰指令の柔和さに潜む強靭な意志。日野で生き続けるという意味。
堂上教官が、郁にカミツレを託す、その、呆れるほど強い信頼。
関西のおばちゃん達の圧倒的なパワー!!

何より、全編を流れる、本を、言葉を、自由を、未来を護ろうとする強い意志。

・・・・・・・・・・・・なんですけどね?

郁と手塚に内臓されている乙女回路 がすごいことになってて、
(郁と柴崎じゃないところがポイント)

堂上教官のラブ光線垂れ流し攻撃 が強烈すぎて、

読んでる途中、恥ずかしさのあまり、何度、本を放り投げそうになったことか!!!
図書館シリーズの完結巻。敵は、メディア良化法なんかじゃなく、郁達のラブパワーでした。
楽しい。楽しいことは掛け値なしです。300円賭けたっていいです。←安っ!( ̄□ ̄;)!!
でも、あまりの甘さに、照れくさいのなんのって。
今、ここまで甘いシチュエーションを書ける作家さんは、有川さんしかいないんじゃないかとうっかり思っちゃうくらいの甘さです。
成程、「砂を吐く」ってこうゆうことか!と目から鱗がボットボトです。
すごい!すごいよ、有川さん!


とりあえず、塩こんぶ茶用の塩こんぶをそのまま齧りながら読むことで
ことなきを得ましたが(←マジ)、これから読む方は、

覚悟しといた方が絶対いいです。

完結巻は、今までの3冊をはるかに凌ぐ甘さですから!☆(≧▽≦)☆!



「図書館シリーズ」。
巻を追うごとに楽しさが増しに増す、幸せな読書体験でした。

今、自分が、好きな本を好きなだけ、自由気ままに読めることに対する感謝と共に。



【蛇足感想:一番ツボだった箇所】

表紙イラスト(裏表紙)の、ヘリコプターに吊り下げられたコンテナに描かれた

手書きハート ハートマーク 手書きハート

感想を読ませていただいた素敵サイト様
空夢ノート Alles ist im Wandel ラノベなPSP  booklines.net 
 ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ リトル・バイ・リトル



   
にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 イラストブログへ にほんブログ村 イラストブログ 漫画ファンアートへ  にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ






最終更新日  2007年11月24日 09時40分48秒
コメント(6) | コメントを書く
[読書感想] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.