22671040 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

読書とジャンプ

PR

カレンダー

プロフィール


むらきかずは

日記/記事の投稿

カテゴリ

サイド自由欄

コメント新着

 http://buycialisonla.com/@ Re:週刊少年ジャンプ15号感想(03/12) cialis da 5 mg. genericoherbal alternat…
 http://buycialisonla.com/@ Re:「リボーン」で獄寺君(09/27) cialis 5 mg 28 compresse prezzocialis v…
 http://buycialisonla.com/@ Re:「銀魂」でカラーな月詠さん!☆(≧▽≦)☆!(08/07) cialis pill cutterscialis da 5 mg forum…
 通りすがり@ Re:「銀魂」で桂さん←髪の毛がすごいことに(笑)(03/15) 髪をなびいてるイラスト探したらみつけま…
 なりきりをしている者です@ 突然のコメント大変失礼します 初めまして。突然のコメント大変失礼致しま…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

2008年03月20日
XML
カテゴリ:テレビ感想


ぴいと啼く 尻聲悲し 夜乃鹿

松尾芭蕉




「目だよ 先生 次の鎮めの儀式まで180年 私はこの力とともに生きる」


「今度こそ―最後の質問だ お前……さびしいか?」「…………びい」




楽しい時間をありがとうございました!

最初の出会いは、お正月ののだめスペシャルの間にしつこいくらい挟まれた番宣でした。
「ちっ、しょうがない、そんなに見て欲しいなら初回くらいは見てやるよ(゚Д゚)、ペッ!!」
とものっそ上目線で見始めたドラマだったんですが、今じゃもう、このドラマ見てない人は人生の損失だとまで言い出す始末ですからね(笑)
そんなわけで、いよいよ最終回。
盛り上がり的には先週の方がドキドキしましたが、皆が皆幸せになってくれたのでちょっと嬉しい。
何より、山寺鹿の「びい」が聞けたのが心底嬉しい。
ヒメへの想いを胸に1800年もの間、ナマズを鎮め続けてきた一途さが愛しい。


「私は生まれて始めて、仲間以外の生き物から美しいと言われた。
 とてもうれしかった。
 その時 この人の願いをこれからもずっと守り続けよう そう決めたんだ」


「びい」……ドラマでは触れられていませんが、小説ではこう書かれていました。

~鹿と言葉を交わせる人間なら、聞き取る事ができる鹿の挨拶~

この一声で、このドラマの間中、自分も山寺鹿と言葉を交わし続けてきたような気になれました。
うん、ホント、いいドラマだった。


それにしても、最終話をまるまる後日談で終わらせるあたり、何気に剛毅っつーか(笑)

「つきあってるつもりだったんですよ ずっと」
「誰が」
「私が」
「誰と」
「小川先生と」

小川先生と藤原先生の会話もひたすらかわいかったんですが、

「こうゆうことをされると また勘違いしてしまいますので」
「いいよ」
「っていうか これは勘違いじゃないから」


で、帰す?じゃなくて鱚?でもなくて、キス?( ̄□ ̄;)!!

もんのすごく唐突じゃないですか?小川先生ってば、超奥手だと思ってたのに、何気に行動派?
ってか、小川!お前、藤原先生のことを好きになったのって何時何分何十秒だ、言ってみろ!

と、小学生ばりの突っ込み をかましたい気持ちに盛大になったものの、ラスト、きれいに幸せにほのぼのと終わって良かったと素直に思えました。

そして、それ以上に、めっさお人よしのくせして、女心をこれっぽっちも分かってない小川先生に対する堀田ちゃんの想いは胸キュン(死語)ものでした。

「私にとっては初めてのことだけど先生ならまあいいかなと思います」

泣きながら歩く堀田ちゃんの姿に

堀田ちゃんの初恋の始まりと、その終わりに

そして、小川先生を見送りに来た鹿の姿に

なんだか涙腺が緩んで仕方ありません。ボロボロ泣きはしないけどしみじみくる何かがある。

小説を読んで、物語の決着点を知ってるにも関わらず、最後の最後まで期待を裏切らない良質なドラマでした。



銅鏡にたまった水が玉になり、月へ昇り、月の光が貫く

儀式がはじまり、そして終わる



小川先生が鹿の運び番に選ばれたのは、鹿島大明神の勾玉が導く縁でした。
神の想いと卑弥呼の想いと鹿達の想いに、今を生きる人間たちの想いが重なる時に生まれるドラマは荒唐無稽で。
荒唐無稽だからこそ、釘付けでした。



「俺もときどき、お前を美しいと思うときがあるよ」

「ありがとう」



小川先生と鹿を包む夕日が、泣きたいくらいにきれいでした。
鹿の「先生」という呼びかけを聞く事が出来なくなると思うと寂しくって仕方ないものの、
最後にもう一度。楽しい時間をありがとうございました♪

大満足です!☆(≧▽≦)☆!




【蛇足感想 その1】

重さんが最後の最後まで怪しさ全開だったのにツボったり、小川先生と堀田ちゃんのキスシーンがものすごく犯罪ちっくに見えて仕方なかったりしてたんですが(ぇー)、リチャードがいる限り、山寺鹿は当分寂しい思いをしなくていいんじゃないかと思ったってのは内緒の方向で(笑)

【蛇足感想 その2】

雌鹿の姿のくせに中年男声な山寺鹿の謎はスルーされてたのが残念でしたが、確か、小説では雌鹿の姿の方が人間から餌をもらったりするのに便利だとかっていう(いい意味で)たいしたことない理由だったような……
とりあえず、今からウキウキと読み返そうっと♪


小説感想はこちら、今までの感想はこちらからどうぞ

   
にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 イラストブログへ にほんブログ村 イラストブログ 漫画ファンアートへ  にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ








最終更新日  2008年03月22日 09時12分16秒
コメント(7) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.