20616610 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

読書とジャンプ

PR

カレンダー

楽天プロフィール


むらきかずはさん

銀魂があればいつもお腹一杯

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
アニメ  銀魂  ジャンプ  イラスト 

日記/記事の投稿

カテゴリ

サイド自由欄

コメント新着

 なりきりをしている者です@ 突然のコメント大変失礼します 初めまして。突然のコメント大変失礼致しま…
 せーちゃんの旦那@ Re:【ドラマ感想】 セクシーボイスアンドロボ 「Voice2 ごぼ蔵」(04/17) 通りすがりのものです。この回、自分もテ…
 もどき@ Re:【アニメ感想】 銀魂 第145話 「絆の色は十人十色」(02/20) ホントに赤フンだったら面白いっすねー^…
 人気ドラマDVD@ Re:「銀魂」で銀さん(04/18) 毎日新品ここは人気海外ドラマ 国内ドラマ…
 銀魂LOVE@ Re:銀魂 第3回キャラ人気投票結果発表!←奇跡が起きた!☆(≧▽≦)☆! 1位~10位+定春+さっちゃん+平子+金さ…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

2009年12月26日
XML
カテゴリ:テレビ感想

おはようございます!

最終回なので、感想書こっかな~と軽い気持ちで見始めたら

完っっっっっっ璧でした。

うん、よし。「京都に行こう!」のノリで「DVDを買おう!」←これ、絶対。




カナリアは周りがちょっとおかしくなった時に真っ先に知らせてくれる英雄なんだ



だからこそ 気がつかなきゃいけないんだよね 僕ら

みんなね



全編に渡り緻密に張り巡らされた伏線とか、ネジがダース単位でまとめてぶっとんだようなカラーリングとか、あくの強い作画とか、唐突な実写映像の挿入とか、別個に同時に時系列や時空何もかもを飛び越えて存在する伊良部先生とか、なぜかアニメ部分では白眼が肌色なところとか(←これが最後まで気になったっていう・笑)

最近のアニメのきれいな画面を見慣れてると見続けるのが厳しい目に痛すぎる1話の壁を乗り越えると、そこには完璧としか言いようがない1つのアニメ作品がありました。

ドラマも特撮もアニメも、投げっぱなしの最終回で逃げちゃうような作品が散乱する中、伊良部先生の言葉がはじけるたびに色彩を取り戻していく様子には、おしつけがましい教訓なんてなく、気がつけば泣いちゃってる。奇抜な映像に目を奪われがちですが、この作品はそんなさりげなさに溢れてた気がします。

前回の「オーナー」は何度も見返して泣いちゃったんですけど、最終回の「カナリヤ」は、あまりに綺麗に終わりすぎてて、それ(1つの作品が終わったこと)をつきつけられるのが悲しくって見返せないかもしれない。

とか言いながら、しっかり

見返す気満々なんですけどね!

津田先生の中の人が古谷さんだっただけに、途中で息子の雄太くんがいつ「親父にもぶたれた事ないのに!」 と叫びだすかヒヤヒヤしたんですが、叫んでくれるわけもなく。どうも某銀魂のあからさますぎるガンダムネタに毒されすぎてたようです(笑)

ってことはさておき、ストレスで何もかも真っ黒に塗りつぶそうとする津田先生の中に、乾いた砂に水を落としていくように広がっていく伊良部先生の声。

そういえば、小学生のころ見学した浄水場には、水槽で泳ぐ色とりどりの金魚がいました。
水質の悪化を真っ先に知らせてくれる小さな存在。

そして、周りの何かがおかしくなると、真っ先に教えてくれるカナリヤ。

「あなたは気がつかなきゃいけないね 周りにいる全てのカナリアの声にね
 カナリアは周りがちょっとおかしくなった時に真っ先に知らせてくれる英雄なんだ
 だからこそ気がつかなきゃいけないんだよね 僕ら」

「みんなね」


雄太くんにとっての英雄になれるのは、その名のとおり津田英雄先生しかいないんだってことが、乾いた津田先生の心に広がっていくのが手にとるように分かりました。

…………………………
…………………………
…………………………
いやいやいやいや、待て待て待て待て。注射フェチのボンボンのくせして、伊良部副理事。

名医だ、名医!問答無用に名医すぎる!( ̄□ ̄;)!!

伊良部先生だったら、病院のお金を使い込んだり、メーカーから賄賂をもらったり、どんなあくどいことしても許せる気がする!たとえお母さんから毎月1500万の子供手当てもらってたとしても心の底から許せる気がする!!……あ、やっぱりそれはまずいか(笑)

└|・_└|ソノハナシハ |┘_・|┘コッチニオイトイテ

いろんな患者さんを通して。
完璧じゃなくてもいいんだってことを、ありのままの自分を受け入れてればいいんだってことを。
そんな些細で当たり前なことを奇抜な演出と映像と伊良部先生の無邪気で冷めてクールで達観した台詞の数々に教えてもらえた作品でした。

NO ONE IS PERFECT!



「伊良部先生 また来てもいいですか?」

「いつでも大歓迎!注射打たせてくれるならね!」


というやりとりに、うちの近くにも伊良部総合病院があったらいいのに……と羨ましく思ったところで

「痛いっていとおしい……」

で落とすのが伊良部先生クオリティってことで(笑)


うん、よし。完璧すぎる!
「京都に行こう!」のノリで「DVDを買おう!☆(≧▽≦)☆!」←しつこい(笑)





にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 イラストブログへ にほんブログ村 イラストブログ 漫画ファンアートへ  にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ






最終更新日  2009年12月26日 09時07分08秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.