170522 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dolce Compagnia

viaggio(旅行)

2004年12月29日から2005年1月3日までイタリアに行ってきます。
まずは準備編。

・航空券選び
今回の旅は仕事の都合もあり、非常に短期間。(正味4.5日!)
なのでいつもは乗り継ぎ便派の私だが初めて直行便を選んだ。
年末はチケットが取りにくいため8月中にはチケットを購入。
それでも残席わずかだった。
JAL 東京ーミラノ \150,000(空港税含む)

一人でイタリア行きの飛行機に乗るのはこれで3回目。
そこで一人旅ビギナーさん必見?!(ホントか?)
一人でも機内で快適に過ごせるためのグッズと方法を紹介します☆

<準備編>
・S字フック(よく物を吊るすための)と小さい巾着袋を用意する。
巾着の中には財布・貴重品・コンタクトケース・携帯ハブラシ・小さい鏡など、すぐに取り出せて便利なものを入れておきます。
機内で座ったらその巾着をS字フックを利用して座席ポケットにひっかけるようにして吊るします。これで一人旅でも貴重品管理は万全。
トイレに立つ時は巾着ごと持っていきます。
そして眠る時はこのきんちゃくをブランケット(毛布)と自分の体の間に置いて眠るようにしています。

・耳栓 
100円ショップで購入しています。
色々なタイプが出ています。私個人的にはプラスチック製のものは痛いと思います。
自分が痛くなさそうなタイプを選び、必ず旅行の前に実際使ってチェックしておきましょう。

・ペットボトルの水
「水なんて機内サービスでもらえる」と思ってますよね?
もちろんもらえますが、消灯して電気が消えた時、何となくスッチーさんを呼びにくい時、また、私はよく眠れるように酔い止めを飲むのですがのどがとにかく乾くのです。
そんなとき何度もサービスしてもらうのはとっても気がひけます。なので私はいつもペットボトルの水を一本買って持ちこんでいます。

・機内スリッパ
長時間のフライトは体にとても負担をかけてしまいます。
私は無印で購入した携帯スリッパ(\500くらい)を愛用しています。
そして女性の方はなるべく楽な、はき慣れたジーンズ・パンツで。
スカートは体を冷やしてしまいます。
そしてさらに私は機内で靴下をはきかえます。
ゴムの部分がかなりゆるくなっている靴下です。
私はカンタス航空に乗ったときこの靴下をもらいましたがない場合は、普通のいらなくなった靴下のゴム部分をわざと数カ所切るとゆるゆる靴下の出来あがり。
又、湿布を持っていくのもよいです。
海外では日本のような湿布はなかなか手に入りませんからね。

機内では体をいたわりましょう。




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.