1552962 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

革人形の夢工房 leather doll

PR

全355件 (355件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 36 >

銀粘土 ホワイトメタル

2014.11.13
XML
乾燥した銀粘土の駒は欠けたところやヒビがあるので、どろどろにした銀粘土を塗りつけて乾燥させます。

IMGP9366 (640x480)
IMGP9366 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房


一回の銀粘土塗り付けでは足りないところには何回も繰り返して塗り付けて乾燥させます。
肉づけが出来たらサンドペーパーをかけて、平面を出していきます。

IMGP9371 (640x480)
IMGP9371 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房






Last updated  2014.11.13 16:20:29
コメント(0) | コメントを書く


2014.11.12

銀粘土でミニ駒を作ります。
本物の駒をガイドにしてプレスして、駒の形にカットしました。

このまま自然乾燥させます。


IMGP9359 (640x480)
IMGP9359 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房






Last updated  2014.11.12 22:08:52
コメント(0) | コメントを書く
2014.09.30

耐水ペーパー400番から1500番まで使って研いだ後、銀磨き剤を布に付けて磨きました。
銀いぶし液に付けて黒染めしたものを、もう一度磨きました。

IMGP8587 (640x480)
IMGP8587 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房


落款入れの蓋に乗せた状態です。
こんな感じに象嵌したいので、これから駒の形に削ります。

IMGP8589 (640x480)
IMGP8589 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房






Last updated  2014.09.30 18:48:06
コメント(0) | コメントを書く
2014.09.29

カッターナイフなどを使って、銀粘土の駒に文字を彫りこみました。

IMGP8579 (640x480)
IMGP8579 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房


電気炉で焼成したものにステンレスブラシをかけました。
これから、耐水ペーパーを段階的にかけていきます。

IMGP8585 (640x480)
IMGP8585 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房






Last updated  2014.09.29 17:54:08
コメント(0) | コメントを書く
2014.09.28

蝶番を取り付けるために箱の一部を削り取りました。

IMGP8570 (640x480)
IMGP8570 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房


乾燥した銀粘土に「歩兵」の文字を下書きしました。
カッターなどを使って彫りこんでいきます。

IMGP8575 (640x480)
IMGP8575 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房






Last updated  2014.09.28 17:39:03
コメント(0) | コメントを書く
2014.09.17

銀粘土の印面を石材に接着して完成です。

IMGP8511 (640x480)
IMGP8511 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房


今度は木材で「凜」の字の印を作ろうと思います。
印面が小さいので彫りやすさなどを考えながらラフスケッチします。

IMGP8453 (640x480)
IMGP8453 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房






Last updated  2014.09.17 15:41:56
コメント(0) | コメントを書く
2014.09.16

電気炉で焼成した銀粘土の印面にステンレスブラシをかけてから、耐水ペーパーの500番から1500番までかけました。
そのあと銀磨きで鏡面にしました。

IMGP8505 (640x480)
IMGP8505 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房






Last updated  2014.09.16 17:10:14
コメント(0) | コメントを書く
2014.09.15

銀粘土に反転した文字を刻み終わりました。
銀粘土は彫りやすい反面欠けやすいので、欠けたり間違えた部分はすぐに柔らかい銀粘土を盛り付けて、修正しながら作業しました。

この後は電気炉に入れて焼成です。

IMGP8500 (640x480)
IMGP8500 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房






Last updated  2014.09.15 16:44:01
コメント(0) | コメントを書く
2014.09.14

虫めがねで拡大しながら、カッターナイフとヤスリ等を使って銀粘土の印面を彫りこんでいきます。
まずは線彫りしてから、溝の太さなどを広げていきます。

IMGP8494 (640x480)
IMGP8494 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房






Last updated  2014.09.14 19:48:57
コメント(0) | コメントを書く
2014.09.13

銀粘土の印面の文字をカッターナイフ等を使って彫りこんでいきます。
銀粘土はカッターで簡単に彫れるので、他の材質(木・石)より楽です。

もし欠けてしまった時には、柔らかい銀粘土で埋めて。乾燥後に彫ります。

IMGP8490 (640x480)
IMGP8490 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房






Last updated  2014.09.13 20:04:34
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全355件 (355件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 36 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.