1915516 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

革人形の夢工房 leather doll

PR

X

全30件 (30件中 1-10件目)

1 2 3 >

修理・補修

2015.09.20
XML
カテゴリ:修理・補修
家庭用足踏みミシン用の革ベルトを、ネットで探して購入しました。
交換の仕方がイラスト入りで裏面にあるのでわかりやすいです。

IMG_3228 (438x640)
IMG_3228 (438x640) posted by (C)革人形の夢工房


やり方は簡単な作業ですが、適度な張りの具合が微妙です。
ベルトを少し張り気味にした長さでカットしました。

カットした革ベルトの端に画像の針金を通す穴を開けます。

IMG_3233 (640x427)
IMG_3233 (640x427) posted by (C)革人形の夢工房

ミシンに革ベルトを通してから、ベルトの穴に針金を通してペンチで押さえて出来上がりです。

IMG_3234 (640x427)
IMG_3234 (640x427) posted by (C)革人形の夢工房


ミシンにベルトを装着できました。
足踏みミシンとして使えるようになりました。
IMG_3235 (427x640)
IMG_3235 (427x640) posted by (C)革人形の夢工房






Last updated  2015.09.20 20:43:03
コメント(0) | コメントを書く


2015.09.12
カテゴリ:修理・補修

ミシンのフェイスプレートという部分を外しました。
これはネジ一本を緩めるだけで簡単に取り外せます。

昔の機械には今のマシンにはない味があります。
メカの間にたまっている綿埃を取り除き、油をさしていきます。

IMG_2688 (427x640)
IMG_2688 (427x640) posted by (C)革人形の夢工房






Last updated  2015.09.12 19:58:52
コメント(0) | コメントを書く
2015.09.11
カテゴリ:修理・補修

我が家にあるブラザーの古い足踏みミシンを、久しぶりに出してみました。
20年以上前には使っていたのですが、どうなっていることやら。

IMG_2684 (640x427)
IMG_2684 (640x427) posted by (C)革人形の夢工房


昔のミシンはプラスチックは少なく金属と木製なので、埃を落として磨くと輝きが戻りそうです。
ミシンの裏のエンブレムもいい感じです。

昔のように動いてくれるといいのですが。

IMG_2686 (640x427)
IMG_2686 (640x427) posted by (C)革人形の夢工房






Last updated  2015.09.11 20:30:16
コメント(0) | コメントを書く
2015.03.08
カテゴリ:修理・補修

鼻緒の取り付け部は金属のピンが可動する構造になっていて、簡単に挿げ替えできるようになっています。
ピンに結んで固定します。

IMG_0846 (640x480)
IMG_0846 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房


ボロボロになった表面の生地を落としてから、筒に縫った布地を被せて縫いました。

IMG_0842 (640x480)
IMG_0842 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房


これで出来上がりです。

IMG_0848 (640x480)
IMG_0848 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房






Last updated  2015.03.08 20:25:28
コメント(0) | コメントを書く
2015.03.07
カテゴリ:修理・補修

鼻緒の劣化してボロボロの表地を取り除いてから、新しい布地を筒状に縫い被せました。
奥の草履が古いもので、手前が仮付したものです。

IMG_0822 (640x480)
IMG_0822 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房






Last updated  2015.03.07 19:06:23
コメント(0) | コメントを書く
2015.03.06
カテゴリ:修理・補修

草履の鼻緒が傷んできたので修理します。

IMG_0803 (640x480)
IMG_0803 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房


まずは草履裏のコの字釘を抜きます。

IMG_0806 (480x640)
IMG_0806 (480x640) posted by (C)革人形の夢工房


草履底を開けると麻ひもが見えてきました。

IMG_0808 (640x480)
IMG_0808 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房


もう片方も同じようになってます。
これをほどくと鼻緒は抜き取れます。

IMG_0809 (640x480)
IMG_0809 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房






Last updated  2015.03.07 19:07:28
コメント(0) | コメントを書く
2014.01.20
カテゴリ:修理・補修
やっと新しいブリッジピンと絃を張りなおして、ギターとして弾けるようになりました。

IMGP5565 (480x640)
IMGP5565 (480x640) posted by (C)革人形の夢工房

前から持っていたモーリスと比べると、モラレスの方が一回り大きくて、胴部分も18ミリ程厚いです。

この差が鳴りにかなり影響しているのか、同じように弾いても鳴りが違います。
モーリスはおしとやかな音で、モラレスは声量が豊かに感じます。

IMGP5564 (640x480)
IMGP5564 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房






Last updated  2014.01.22 16:51:16
コメント(0) | コメントを書く
2014.01.17
カテゴリ:修理・補修

くたびれていたテラスの波板を、クリアーの波板に貼り換えました。
明るくなって日差しも入るようになりました。

IMGP5106 (640x480)
IMGP5106 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房






Last updated  2014.01.17 18:18:20
コメント(0) | コメントを書く
2014.01.06
カテゴリ:修理・補修

今度手に入れたのは「Jullian」というロゴの入ったフォークギターです。
ラベルには「Manufactured by kurosawa Japan 」が印刷され、 F-12 のスタンプがありました。

ネットで少し調べたら、黒沢楽器が作っていたらしいです。

IMGP5248 (640x480)
IMGP5248 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房


ピックガードははがれかかり、ブリッジは浮いてはいますが、しっかりと付いています。
これはブリッジ両端の白い丸部分にボルトが隠されていて、これで留めつけてありました。

IMGP5243 (640x480)
IMGP5243 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房


ペグはオープンギアタイプで、しっかりしています。
ブリッジピンは無いので、まずはこれを取り付けて一度鳴らしてから、今後どうするか決めようと思います。

IMGP5247 (640x480)
IMGP5247 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房






Last updated  2014.01.06 17:47:36
コメント(0) | コメントを書く
2013.12.30
カテゴリ:修理・補修

テラスの上に一部庇が出ているので、その部分の隙間が狭くて作業が窮屈です。
その部分にも錐で下穴を開けてから、釘を打ちこんでいきます。

IMGP5073 (640x480)
IMGP5073 (640x480) posted by (C)革人形の夢工房






Last updated  2013.12.30 18:37:10
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全30件 (30件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.