514173 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

誰も教えてくれない節句人形の豆知識!

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

ことりの「おいしい… ことりのはなさん

コメント新着

ママさん@ Re:雛人形の右近の桜、左近の橘(12/28) さこんのさくらですよね。紫宸殿から見て…
育めんパパ@ 育めんパパです はじめまして。育めんパパと言います。 1…
つよ537924@ Re:トンボ(10/23) ありがとうございます!!
齋藤真衡@ トンボ 神谷社長のブログはいつも勉強になります…
つよ537924@ Re:正月が近づいてきたのかな・・・(09/27) よしこさん >コメントありがとうござい…
2017年01月23日
XML
雛人形、五月人形の吉浜人形です。
お節句のお祝いとして、近年、急速に定着した雛のつるし飾り、通称「つるし雛」。
もともと風習は江戸時代後期の頃を発端として、愛する子供や孫のため、
手作りの雛飾りで、初節句を祝おうという親心から生まれたもので、現在では全国的に知られています。
つるすものは女の子の生活に必要なものを作ったと言われ、人形類、野菜や果物、花、手まり等があります。
これは子孫繁栄、家族の幸せ、人の輪を表していると言われています。
例えば、飾り物の中で
・「さる」ごろ合わせで「厄が去る」様にとの願い
・「ふくろう」 ごろ合わせで「不苦労」苦労をしない様にとの願い
などなど様々。
簡単ですが、つるし雛の飾り物を一覧にまとめました。
こちらからPDFファイルが開けます。






最終更新日  2017年01月23日 10時05分34秒
コメント(0) | コメントを書く
[3月3日上巳(桃)の節句,ひな祭り] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.