240790 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

FP&IT事務所 DONAKUMACOMMIT 楽天出張所

PR

Calendar

Free Space

Category

Archives

Comments

DONAKUMA@ Re[1]:行こう!ハワイアンズ&うぐいすだに温泉(03/29) D.H.さん ご無沙汰しています! 転職…
D.H.@ Re:行こう!ハワイアンズ&うぐいすだに温泉(03/29) ご無沙汰しております。L社のHです。 久し…
マークジェイコブス 通販@ nciyoon@gmail.com カッコいい!興味をそそりますね(^m^) マ…
ドナルド松山@ Re:はじめまして(07/12) まべりさん> コメントありがとうござ…
まべり@ はじめまして 7月21日(土)14:00の回、 翔宮えみさん…

Profile


DONAKUMA

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

全1681件 (1681件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2019.08.20
XML
カテゴリ:スポーツ観戦

2019年7月のJリーグ優秀監督に、鹿島の大岩剛監督が選ばれた。

確かに7月末時点での成績から、優秀監督にふさわしい結果をだしていると思う。Jリーグ4位(現在2位)、ACLベスト8入り、天皇杯も勝ち上がっている。しかも、けが人を多数出した上に、海外移籍した選手がシーズン中に3名、去年の今頃と比べると選手の顔ぶれがガラッと変わっている。その部分を含めて、この結果だからなおさら評価が高くなる。

ただ、2017年終盤の失速から、2018年開幕直後の低迷を見ると、とてもじゃないが、評価はできない。その頃の試合中における疑問に残る采配は、2019年にも散見される。今は、たまたま上手くいっているように思えるが、私はまだ懐疑的である。その部分は多くの鹿族が思っている所でもある。

しかし、彼は2017年も2018年もそれなりに結果を出している。もちろん鹿島の求める結果から乖離しているが。2018年は鹿島の悲願だったACLを制覇している。運があったと言えばそれまでだが、しかし運を引き寄せる努力も必要だと思う。

では、大岩監督がなぜ”名将”と思われるようになったのだろう。それを考えてみる。
2017年は大逆転で川崎フロンターレに優勝をさらわれた。失意以外なにものでもない。

2018年初頭も低迷していた。そこで鹿島のフロントはテコを入れ、彼を盛り立てた。

コーチにOBの黒崎久志氏、そしてジーコをテクニカルディレクターに加えた。すると徐々に采配が良くなってきた。もちろん上手くいかないこともあるが、周りが納得できるようになってきた。ACL制覇もその成果のひとつだと思う。それだけではない。2018年に植田選手が電撃海外移籍をすると、鳥栖からCBのチョンスンヒョン選手を補強。昌子選手の移籍を見越して、清水から犬飼選手を補強。という風に、選手の移籍しても戦力を落とさないような補強を行ってきた。今年に至っては、名古屋から相馬選手、新津から白崎選手、海外から小池選手、柏から小泉選手など補強を怠らなかった。

鹿島を語る上で、フロントの役割を欠かすことはできない。93年Jリーグに参画以降、20ものタイトルを取れたのは、クラブの統一した理念が、フロント、スタッフ、選手、サポータに沁みついている。だから実は鹿島の監督は、オリベイラ元監督に言わせると、やりやすい。もちろん、その理念に沿った人集めをしている。大岩監督が名将と言わしめさせているのは、鹿島のゆるぎない理念の下で、彼自身が成長している事だと思う。

ただ、たまたまこの時点で上手くいってるだけ、かもしれない。本当に大岩監督が名将かどうかは、この先の戦いで評価されるのだろう。順位に関係なく難敵ばかりのJリーグのクラブ。そこを乗り越えてこそ、名将の称号が得られると思う。

私は懐疑的だけど、期待で胸は膨らんでもいる。







Last updated  2019.08.20 10:05:29
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.15
カテゴリ:講演&講師

湘南工科大学の講座を持つようになって6年目です。

今年度は、卒業後も使えることを意識してテキストを選択したのですが、購買部が取り扱いできないという事で、実は大型書店でしか扱いがないテキストなので、受講生には負担をかけてしまった。ライフプランを扱う講座なので、受講生自身のライフイベントに必要な情報を、タイムリーに対応できるように考えていました。そのため講義も、資格取得を意識しつつも、どんなライフイベントがあるかを知ってもらうようにしました。

ほぼ毎回課題の提出も求めました。面白いネタは今回はやりませんでしたが、それでも真剣に対応していた人がたくさんいたのは、救いです。

来年は、テキストを資格取得対応型に戻して、講義でカバーしていこうと思います。(来年もあれば…ですが)。







Last updated  2019.08.15 12:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.14

【イベント名】やしおカフェ
【タイトル】相続が争族にならないように

【主催】八潮みんなでまちづくり NPO法人法人協働まちづくり
【会場】こみゅにてぃぷらざ八潮 第3交流スペース
【参加人数】15名
【概要】相続の現状、相続で揉めないための事前にできる事例
【評価】私:★★★☆(4点) 参加者:4点
【私見】予定されていた時間が30分だったが、オーバしても差し支えないと言われていたので、25分も話倒しました。高齢者がほとんどだったので、普段の捲し立てるやりかたでなく、ゆっくり話すようにしました。途中笑いも取りにいきました。(滑り芸とか言われるやつですが…)多分、1時間以上のヴォリュームのものをコンパクトに纏めたので、理解できなかった部分もあろうかと思うが、ただなんらかのアクションするきっかけになればと思ってました。評価は上々だったようです。めずらしい(笑)







Last updated  2019.08.14 18:13:48
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.31
カテゴリ:FPのお仕事

ある業者さんから福利厚生サービスで協力してほしい、とのお話があったので、業者まで出向いてきた。

多分、オイシイ話ではないだろうと思いつつ。

業者の説明では、優良企業の福利厚生サービスを外部委託を受けている会社が、そのサービスのひとつとして、ライフプラン相談というのがあるらしい。(因みに私もユーザとしてそのサービスを利用することができる)それで、そのサービスを担ってほしいとのこと。そのためにサービス内に案内を掲載するが、その掲載料が月4万円。ついでにFPのホームページの作成サポートも付ける。実際、何件来るのかと尋ねたけれど、そのはファジーになっていた。因みに、不足しているのが相続&終活を行えるFPらしい。

やっぱり、そんなもんかなと。

で、私が不思議に思ったのは、FPは個人で活動している人も多いが、なんらかのグループや企業に所属している人が多い。FPを探しているのであれば、そういった所にアプローチするのが業者にとっても楽だし、リスク分散にもなる。本当にFPが不足しているのだったら。

多分、業者の狙いは、単独で動いてて、かつ顧客が少ないFPをターゲットにしているようだった。実は説明&ヒヤリングしている時に、話が噛み合ってないなぁと感じることがしばしばあった。判っているようで、判ってないんだなぁと。

いうまでもなく、説明だけ受けて、お断りしてきた。これがもうちょっとリスク共有するとか、集客できる環境を整えているとか、そういう1歩進んだサービスがあれば、検討してみてもと思った。

FPビジネスが日本に入ってきて30年にもなろうというのに、いまだにFP相手にビジネス展開をしようとする業者がある。しかも進歩がないビジネスモデルで。

日本はFPを活かす環境が官民ともに整ってなくて、金融庁の例を出すと、金融リテラシーの向上にFPの活躍を期待している割には、金融を取り巻く環境が、FPが活躍できるようになっていない。せっかくライフプランと金融に関する知識が総論的俯瞰的にあるというのに。

まっ、FPに限らず、提携する業者などは、しっかり吟味しましょう!すべての業者が悪いとは限らないので、中には掘り出しものもあります。







Last updated  2019.07.31 22:54:50
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.18

人間は失敗する、恥をかく。それが何だ!それは人間の特権だ!


各業界にたくさんいる成功者は、そのすべてが順調に進んでいたわけでない。いろんな失敗をして、その失敗の欠片を拾って、成功への道を手繰り寄せてきた。

私は性格的に負けず嫌いで、「負けないためには勝ちにいかない」という考え方をし勝ちな所があり、負けはしないが、勝ちにいかないから、結局負けることになっている。

本当はいろんなことにトライしエラーを繰り返せば、もうちょっと人間的にも技術的にも成長できたのではないかと思うことがあって、でもそれでもここまで生きてきたのは、いくつかの失敗をして、それを糧にしてきたからだと思う。

私の好きな鹿島ネタでいうと、20冠の裏には、同じぐらいの負けがあったから、たどり着けた。

去年、やっと取れたACLも、ベスト16の大きな壁に何度も越えられなかった。
96年のリーグ初優勝も93年のチャンピオンシップの悔しさがあった。
2000年の三冠は、97年のリーグ、99年のナビスコでの敗戦があったから。

表には出さない成功者の後ろには、失敗の山があり、それを糧にしてきた。

これからも、失敗をするだろう。そのたびにその欠片を拾い、次こそ勝つための何かを、つかんで挑んで生きたい。

人間って、もっとええもんやぞ!…男女七人夏物語







Last updated  2019.07.18 21:35:13
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.27

高校野球の球数制限について、有識者や高校球児などから広く意見を聞いているらしい。
色々な立場からさまざまか意見があって、どれもこれも正解だと思う。
FB等で私は、大昔(戦前だったと思う)に毎日新聞だったと思うが、野球を7回制にすれば時短になっていいのではという提案があった事を書いた。これについては、サッカーをよく観る私からすれば、野球はすごく時間が長くてだらだらしている印象があったので、そういうのもアリかなと思っている。

バスケットボールがよりスピーディに試合展開ができるように、大胆なルール変更をした歴史があって、バレーボールも得点のカウントが昔を大幅に変わっている。サッカーやラグビーはバスケやバレーほどの変更はないけれど、やはりルール変更を繰り返している。
では野球はどうだろう?コリジョンや申告敬遠、リクエストなどのルール変更はされているけれど(実はどれも好きな変更ではない)、今回の問題には関係ないものばかりである。
大リーグでは、イニング間の投球練習の禁止や、WBCの球数制限などがあって、投手の健康面の保護(のつもり)策がとられている。日本ではまだ導入されていないが、検討はされているようだ。

でも、本当にそれでいいのだろうか?とも疑問が残る。

高校野球の大会のレギュレーションを変えるというのはどうだろうか?たとえば、夏の大会とか春の大会とかというのを取り払い。カテゴリー分けを行って、リーグ戦方式にする。甲子園のようなドラマ性は失われるかもしれないが、それぞれの力量に合わせた試合が複数回実施される点は良いとメリットがあると思う。練習ばかりではなくて、試合できる環境を増やす。一見、球数制限問題と逆行しているかもしれないけれど、その部分は1試合単位ではなく、期間単位で制限を加えるという考えで進めばいいと思う。あとは、試合ごとに大会主催者管轄の医療メンバーが試合翌日にメディカルチェックをする。

トーナメント方式がダメとは言わないけれど、野球に触れ合う機会と球数制限の問題の2つの視点で考えるとリーグ戦方式とカテゴリー分けでやるのが合理的だと思う。まっサッカー的な考え方で野球にはそぐわない部分があるかもしれないが、ひとつの意見として見ていただけるとありがたい。







Last updated  2019.06.27 20:47:51
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.22
カテゴリ:講演&講師

相続をテーマにしたセミナーを行うことになった。
今回の民法改正なども反映させて、最新の問題を話したいと思います。
相続問題は、相続税の問題よりも、財産の分割のトラブルが多く、
その事例や、それを防ぐ方法などをご案内したいと思います。
民事信託(家族信託)の概要や、デジタル遺品の話ももちろんお話します。

場所や時間については、私までメッセージ下さい。







Last updated  2019.06.22 17:31:46
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.04
カテゴリ:FPのお仕事

最初に金融庁の発表したレポートについて熟読したわけでない事をご了承下さい。

いや、この発表についてのマスコミの反応に違和感があって、私何か解釈を間違えているのかなと思っています。もし違ってたら、指摘して下さい。

公的年金だけでは、老後生活資金2,000万円不足するので自助努力して下さい。
という趣旨の事が金融庁発表のレポートには記載されていたらしい。

で、マスコミをはじめとする世間の反応は、「それはおかしいだろう!なんで年金だけで生活できないの?」

でも、これってファイナンシャルプランナーの世界では、3,000万円ぐらいは65歳までに貯蓄しておこうというのは常識だったと思う。それは生命保険の世界でも同じような趣旨のセールストークがあった。もう20年も前の話。

生計保険文化センターのデータで老後に必要な生活資金が月額21万円、豊かな生活で38万円という実際よりは高めの設定(実際のアンケート結果)されていて、公的年金との差額が月額3万円ぐらいなんて展開になってたと思う。

だから、私としては何をいまさら騒いでるのだろうかという印象。まして、そういう自助努力をしてもらうために、所得控除の中に「個人年金保険料控除」っていうのが存在している。また、確定拠出年金に自営業者向けに個人型というのが用意されている。そんな事は、世間に、いや世間が知らなくてもマスコミは充分認知しているものだと思っていた。

私が社会人デビューした時、公的年金だけじゃ生活が苦しくなるだろうなと、FPの知識がゼロな時代に漠然と思って個人年金保険を始めた。意外とこれが貴重な財産のひとつになりそうだけど。

もっとも金融庁の趣旨は、もっと別のところにあるのかもしれないなと思っている。
憶測だけど、確定拠出年金などにもっと投資してほしいという狙いがあるのでは?または、NISAを軸にして証券投資をしてほしいという狙い。


文科省は小中高にそれぞれにあわせた金銭教育をさせていこうという考えがあるようで、その中に投資というのを学ぶ機会が用意されている。
ただ、金融リテラシーが必要なのは大人だと思う。投資を理解している人は、しっかり投資をしているけれど、そうでない人は投資は儲ける、損するという偏見的な部分があり、リスクをとらないことがベストという考えを持っている。まぁそれは正しいけれど、リスクをとらないリスクは無防備である事は知らない。

まっ、どうしても老後が不安だと思う方は、私でもいいし、近くのFPに自分の今と未来を見てもらったほうがいいと思う。当然それにはコストというリスクがあるが、まったく何もしないリスクよりも断然マシ。そのコストで得られる成果は、対策案という形で返ってくるはずだから。

もうちょっと冷静に正確に、そしてしっかりした対策を、ひとりひとりが考えていただければと思う。







Last updated  2019.06.04 22:57:17
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.03
【主催】千葉経済大大学短期大学部
【会場】学内教室
【参加人数】30名
【テーマ】 銀行で働くということ ~ファイナンシャルプランナーは役立つ資格です
【講師】松山智彦
【概要】FPの資格がどのように銀行で生かされるのか
【評価】私:★★★☆(3点) 参加者:4点
【私見】25分という時間配分でいろいろな話をしたが、時間の短さは早口になる原因。ただでさえ、専門用語がいくつか出てくるのに、高校生には響くのかなと思った。ただ、前回は保護者をターゲットにしてほしいとの要望があったので、そっちに響くような事も話したつもり。学校関係者の評価は高かったけれど、果たしてターゲット層には響いたのかな?






Last updated  2019.06.03 17:56:22
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.07
カテゴリ:スポーツ観戦

Jリーグネタを久しぶりに…。

現在首位のFC東京、負けなしでここまできているが、試合内容をみていると、さすがは長谷川健太監督という感じがする。このクラブは選手がそろっているので、監督がしっかりしたビジョンをもっていると上位ところか優勝も狙えると思っていた。無敗をどこまで進むかが注目。

2位の名古屋、風間サッカーが開花し始めている。風間監督自身は無冠だが、このまま乗せると優勝も見えてくるかも。ただディフェンスはまだまだだけど、だから米本や丸山といったストロングなDFを獲得したといえる。

3位の大分、J2上がりなのにクレバーなサッカーをしている。開幕戦の鹿島が勢いをつけさせてしまった部分もあるが、そうはいってもしっかりしたビジョンがあり、それをフィールドで表現できているのはすごいと思う。

4位の川崎、エンジンのかかりが遅いけれど、それでもこの位置にいるのは不気味。これでけが人が戻ってくるとさらに上昇気流に乗りそう。ネックなのはACLか?

5位の札幌、さすがはミシャ!こういう攻撃を展開しているとプレーしている選手も楽しいだろうなぁと思う。守備も安定しつつあるので、この先は楽しみ。

6位の横浜、いいのか悪いのかわからない部分があるけれど、サポータからしたらわくわく感しかないと思う。今度こそ名門復活か?

7位の広島、早くも失速か?

8位の鹿島、一番試合をよく見ているので、いろいろと言いたい事がある。だって改善しなくちゃならない所が改善されていないまま、潜在化している。ACLもリーグもこのままだとダメなような気がする。

9位の浦和。多分、ミシャからオズという180度誓うサッカーに戸惑っているのだと思う。いつか嵌るのだろうか、それとも解任が先か?

10位の湘南、ごめん!見ていない!

11位のセレッソ、迷走しているような気がする。ただ、この前の勝ち方は光明が見えてきたかもしれない。

12位の松本、正直がんばってると思う。対戦するときは気をつけないと。なにせ反町監督だから。

13位の神戸、ディフェンスなのよ。今のJのサッカーは11人で守り、11人で攻める形なので、VIPが守備をさぼると後ろが大変。それでチームがばらばらになったらVIPを獲得した意味がない。監督を変えるだけで状況が変わるとは思えない。

14位の磐田、何がダメ?名波監督の采配?選手のモチベーション?

15位のガンバ、旬な選手が海外に移籍しちゃうからなぁ。宮本ちゃんではなく、健太を呼び戻したほうがいいんでないかい。もう戻ってこないと思うけれど。

16位の清水、10番が移籍するからなぁ(移籍先が鹿島だけど、ごめんなさい)、でもここはそれ以前の問題のような気がする。

17位の仙台、何がダメなんだろ?去年、上位にいたよね。選手ってそんな抜けてないよね。なんで?

18位の鳥栖、1点しか取れないのは、何が問題?トーレスはがんばっているように見えるし、むぅもがんばっているように見える。ただどこかかみ合ってないんだろうなぁ。あれだけの戦力があれば、大分の順位にいてもおかしくないと思う。

そんなこんなで、あと24節、どういう展開になるのだろうか?FC東京が逃げ切るか?川崎が3連覇なるか?鹿島が奪還するか?名古屋が久々か?とても楽しみだな。







Last updated  2019.05.07 01:30:07
コメント(0) | コメントを書く

全1681件 (1681件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.