242317 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

FP&IT事務所 DONAKUMACOMMIT 楽天出張所

PR

Calendar

Free Space

Category

Archives

Comments

DONAKUMA@ Re[1]:行こう!ハワイアンズ&うぐいすだに温泉(03/29) D.H.さん ご無沙汰しています! 転職…
D.H.@ Re:行こう!ハワイアンズ&うぐいすだに温泉(03/29) ご無沙汰しております。L社のHです。 久し…
マークジェイコブス 通販@ nciyoon@gmail.com カッコいい!興味をそそりますね(^m^) マ…
ドナルド松山@ Re:はじめまして(07/12) まべりさん> コメントありがとうござ…
まべり@ はじめまして 7月21日(土)14:00の回、 翔宮えみさん…

Profile


DONAKUMA

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

2018.04.03
XML
テーマ:舞台全般(139)
カテゴリ:役者・タレント

4月1日(日) 江古田@兎亭 で開演した7月のミルキーウエイ「春咲御伽噺」に
多数の方にご観覧いたきまして、ありがとうございます。

しっかりした設備のある小屋で主宰するのが初めてだったので、勝手が解らない事だらけで、あたふたしてしまった所もあったけれど、でも、キャスト、小屋主様、そして観客の皆様の暖かいご支援で、無事、終わることができました。感謝の極みです。

春咲御伽噺は、6つの演目で構成しました。うち一つはショートムービーで野外ロケを永代橋~清洲橋の箱崎近辺で、3月上旬に行いました。しっかりした機材があれば、もっといい映像が送れたかもしれませんが、デジカメなどの安い機材でどこまでできるかという挑戦でもありました。音声が上手く拾えない、雑音が邪魔という事で、音響技術者に調整をお願いしました。なぜか意外と評価が高かったのは、るみこさんの腕によるものだと思っています。
物語のベースは、悲しい色やね、大阪ラバーズ、大阪で生まれた女、男女七人夏物語などを参考にしています。

残りの5つのうち、「赤き友情の愛し方」は、3つで構成されていて、前半を”青きクラシックな相棒”、後半を”母と娘”の物語を入れています。細かい修正部分がありますが、実は2回目の再演です。青きクラシックな相棒は、本来であれば、”青き戦友の戦い方”というショートムービーをやる予定だったのですが、時間の関係で急遽作りました。

「あの頃の未来、風吹くだけの過去」は、同じ男性の物語なのですが、女性のるみこさんに若者をやっていただきました。まぁいくら世代が違うといっても違和感ありありなんですが、、、

運命の話は、実際にお坊さんが講演でお話した内容をベースにしています。自分の立ち位置の話は、私の実体験からです。

同じタイトルで「夢破れても」のサブタイトルをつけた話は、ジャイアントキリングというサッカー漫画をベースにしています。仕事を1人で抱えると大変だよという話は私がサラリーマン時代によく言われた事です。カルトなネタとして、川崎フロンターレネタと鉄道の駅名ネタ(2つ)を入れています。ひとつは神戸電鉄の鈴蘭台(主役の名前が鈴台蘭)。もうひとつは、籠原。これは実際に最後のPKを蹴ったのが熊谷選手から来ています。そう!高崎線の熊谷の次は籠原。

「月の彼方からラブレター」は、あの人の手紙という歌をベースにしています。ただ戦時中にするには、ちょっと暗くなりそうなので現在に置き換えたストーリーにしています。右の眉があがるクセってのは、部屋とYシャツの私から来ています。平松愛理さんの歌ネタは、夢やぶれてもにも入れていますが、多分ファンでないかぎり気づかないと思います。

「鹿が来る終着駅」は、別の朗読劇用に作ったのだが、物語があまりにも長くなってしまったので、今回一部修正したものです。終着駅シリーズはいくつか考えていて、その一部を公演しています。

外国人が出てくる件は、明治時代の串本で起きたトルコ船遭難の物語をベースにしているで、本当はこの部分を広げた物語を作りたいと考えています。

鹿が話す件や、宇宙特急ホワイトレインボウの件は、別物語で既にスタンばっています(笑)

今回は音響も映像もPC1台で、やりました。私が最初のオペミスがね~。あれが痛い!オペ表の記載ミス。

そんなこんなで色々と、色々とありましたが、でもここまでやれたことには、一つの満足感があります。反省、改善すべき点は多々あるけれど、そこは次回にしっかりやっていきたいと思います。

今後とも、7月のミルキーウエイを宜しくお願いいたします。


カーテンコール


打上げ~!







Last updated  2018.04.03 10:59:33
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.