247835 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

FP&IT事務所 DONAKUMACOMMIT 楽天出張所

PR

Calendar

Free Space

Category

Archives

Comments

DONAKUMA@ Re:利用した事のある空港と新幹線駅(04/11) 5年間で増えた所 空港:長崎、神戸、小松…
DONAKUMA@ Re[1]:行こう!ハワイアンズ&うぐいすだに温泉(03/29) D.H.さん ご無沙汰しています! 転職…
D.H.@ Re:行こう!ハワイアンズ&うぐいすだに温泉(03/29) ご無沙汰しております。L社のHです。 久し…
マークジェイコブス 通販@ nciyoon@gmail.com カッコいい!興味をそそりますね(^m^) マ…
ドナルド松山@ Re:はじめまして(07/12) まべりさん> コメントありがとうござ…

Profile


DONAKUMA

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

2019.04.02
XML
カテゴリ:FPのお仕事

大学卒業後、東京の証券会社に就職した。とはいっても内定時にシステム部門への配属が決まっていたので、証券業務については、新人研修の証券外務員の資格取得のための勉強をしたぐらいだった。証券会社の従業員は、外務員資格(現在だと一種?)だけでなく、内部管理責任者などの資格取得が義務付けられている。それはシステム部門をはじめとする営業部署・営業事務部門以外の従業員にも課せられていた。

若かりし頃の私は、青島幸男氏に憧れて、1年に1つの資格取得をめざし、色んな資格取得の勉強をしていた。日商簿記2級、第2種情報処理技術者(現在の基本情報処理)は学生時代に取得。当時の情報処理技術者は高難易の資格といわれていたから、就職活動には大きな武器になっていた。新人社員の時もそれは変わらず、入社2年目で第一種情報処理技術者(現在の応用情報処理)を取得し、社内表彰された。

さて、話を戻して、証券会社が所属していた日本証券業協会には、従業員向けのさまざまなブラッシュアップメニューが用意されている。銀行や保険会社にも同様のものがある。その中にファイナンシャルプランナーというのがあった。当時は日本FP協会が既に発足していたが、日本証券業協会だけで通用するFPの勉強をして合格していた。その資格が後々人生を変える事になるのだが…。

時は流れ、某外資系損害保険会社に勤めていた時に、証券にいた事があるにも関わらず、あまり金融のことを知らないなとふと思い、日本FP協会のAFP資格を受けるべく、通学講座を受講する事になった。現在は資格取得のための試験があるが、当時は講座の修了試験に通ればAFPを名乗ることができた。この講座が結構面白くて、FP業界に引き込まれる事になった。AFP取得の2年後、CFP(r)にも合格し、FP関係の仕事を少しずつ受けるようになり、2003年に現在のスタイルでビジネスをする事になった。

金融のこと、お金のこと、FPビジネスをするようになっても、まだまだ奥が深くて、現在でも学ばなければならない事だらけですが、実は金融リテラシーの格差を懸念していて、それを小さくする事が、私のFPとしての使命のひとつだと思っている。

FP協会も行政と連携し、学校教育の中で金銭教育を推進しようとしている。私自身、大学の非常勤講師としてFPを教える事があるが、表向きのミッションであるFP技能士3級の資格取得に、裏向きミッションとして金銭教育、金融リテラシーの向上を目指している。お金の事、金融の事、もっと深く考えるっ力をつけてほしいと思っている。

お金という道具は使い方次第。

大事なのは、お金に振り回されずに管理する事。さて、新学期がまもなく始まる!







Last updated  2019.04.02 20:02:29
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.