276083 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

FP&IT事務所 DONAKUMACOMMIT 楽天出張所

PR

全6件 (6件中 1-6件目)

1

カテゴリ未分類

2020.05.26
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

WEB配信で物語と音楽をお届けします!
~6/9まで視聴可能です♬ 視聴申込はこちら

今回はプロレスネタをやります。
ある男がプロレスラーと出会い、試合を観て感動し、応援団まで作るというストーリー

ぜひぜひ観に来て下さい(^^♪







Last updated  2020.05.26 10:03:48
コメント(0) | コメントを書く


2018.12.23
カテゴリ:カテゴリ未分類

今年もやります。あんな屈辱的な時でもしたのだから

ゴールデンボール(MVP):家長昭博(川崎)
シルバーボール:都倉賢(札幌)
ブロンズボール:アンドレス・イニエスタ(神戸)
ヤングプレイヤー:安部 裕葵(鹿島)
ベストコーチ:鬼木達(川崎)

ベストイレブン
GK: チョン ソンリョン(川崎)
DF:谷口 彰悟(川崎)西大伍(鹿島)エウシーニョ(川崎)
MF:中村憲剛(川崎)家長昭博(川崎)大島僚太(川崎)三好康児(札幌)
FW:ジョー(名古屋)パトリック(広島)鈴木優磨(鹿島)

ベストバックアッパー
チョン スンテ(鹿島・GK)槙野智章(浦和・DF)車屋紳太郎(川崎・DF)
三竿 健斗(鹿島・MF)ウーゴ・ヴィエイラ (横浜・FW)

北川航也(清水・FW)ファン ウィジョ(G大阪・FW)興梠慎三(浦和・FW)

そんな訳で、

ACL鹿島、リーグ川崎、2位:広島、3位鹿島 ルバン湘南、天皇杯浦和


CWC出れたけれど、あまりいい活躍できなかった。

川崎の3連覇を阻止できるかどうかだけど、安定感あるからなぁ。

ACL連覇したいなぁ。







Last updated  2018.12.23 21:09:03
コメント(0) | コメントを書く
2017.12.05
カテゴリ:カテゴリ未分類

流石に今年は辞めておこうかと思ってたけれど、
いいときばかりではないと言う事を心に留めておくために今年もやります!

ゴールデンボール(MVP):小林悠(川崎)
シルバーボール:昌子源(鹿島)
ブロンズボール:興梠 慎三(浦和)
ヤングプレイヤー:三竿 健斗(鹿島)
ベストコーチ:鬼木達(川崎)

ベストイレブン
GK: 中村 航輔.(柏)
DF:昌子源(鹿島)谷口 彰悟(川崎)西大伍(鹿島)槙野智章(浦和)エウシーニョ(川崎)
MF:中村憲剛(川崎)家長昭博(川崎)
FW:小林悠(川崎)興梠 慎三(浦和)杉本 健勇(C大阪)

ベストバックアッパー
カミンスキー(磐田・GK)エドゥアルド(川崎・DF)三浦 弦太(G大阪・DF)
川辺 駿(磐田・MF)山村和也(C大阪)伊東順也(柏・FW)

マルティノス(横浜・MF)ジェイ(札幌・FW)金崎夢生(鹿島・FW)

そんな訳で、

ACL:浦和、リーグ;川崎、ルバン:C大阪、そして多分天皇杯:柏 になりそう・・・。

満さんのあの一言がなぁ・・・。

来期はうちは4冠めざすらしいが、リーグとACLが取れたらいいなぁ。







Last updated  2017.12.05 22:04:37
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.25
カテゴリ:カテゴリ未分類

7月23日 創作カ劇団DEAR DEER主催
ミューザ川崎で開催された「朗読茶話会~朗読劇バトル、上演されるのはどっちだ~」
にご来場いただきまして、ありがとうございます。


この企画は、DEAR DEER所属の私ドナルド松山と長江信二が次回の舞台公演を掛けた戦いでした。
それぞれの3本の脚本は自由、次回予告、鹿をテーマに上演。どちらが良かったかを観覧者に投票してもらいました。
結果は15対14で長江の勝ち、来年春頃に彼の作品が上演されることになりました。

今回の企画にご協力を頂いたキャストは、
伊藤千尋(DEAR DEER),花田稜麻(ガジェットリンク)、たかはしるみこ、山本蜂花
でした。

私のほうの出し物は、
・鹿島立ち(99.9999%不可能への挑戦」
・鹿がいたバスターミナル
・宇宙特急ホワイトレインボウ(予告編)
でした。

鹿島立ちは、茨城県鹿行地方にラグビーのプロクラブを立ち上げるお話。鹿島アントラーズをモチーフしたものです。だから世界的スーパースターのコインブラ選手はジーコの本名。サルトーリ選手はアルシンドのファーストネーム。田淵四郎は川渕三郎です。

鹿がいたバスターミナルは、私がいくつか作っている本の中に終着駅シリーズがあるのですが、その中の「鹿が来る終着駅」の続編で、かつて駅長をやっていた男が町に戻ってくるお話し。小さな恋とSFが混じっています。鹿が実は神と仏の遣いという事でタイムマシンらしきもので物語が終わります。

宇宙特急ホワイトレインボウ(予告編)は、既に別の朗読劇(MOON Afternoon~銀座の午後の月~16年7月31日上演)で本編が上演されたのですが、それの予告編。つまり本編の前の物語です。宇宙人や風俗嬢が出てきます。父が何らかの陰謀に巻き込まれて行方不明になり、父をいつか探しに宇宙に行きたいと宇宙人(風俗店の常連)とつぶやく。その宇宙人は実はメフェロン星の外交官だった。

未公開も何本かあるので、そのうち、MOON Afternoonのような企画をして、公開したいと思っています。

朗読劇もそうだが、舞台の本を作るって結構面白いです。
出演してくれる人、企画をサポートしてくれる人、募集中です。
年内にできないか、考えています。







Last updated  2017.07.25 19:51:32
コメント(0) | コメントを書く
2015.02.20
カテゴリ:カテゴリ未分類
簿記の試験対策講座が終了しました。

まあ色々とトラブルなどがあってなかなか思い通りに進まなかった。

特にモチベーションを上げるに苦労する。
実感が湧かないんだろうなあ。どうすれば実感が湧くのだろうか?

来年度のテーマはここかもしんない。

あと二日。
タイムアップの笛がなるまで闘おう!

諸君の健闘を祈る。







Last updated  2015.02.20 14:07:11
コメント(0) | コメントを書く
2014.11.02
カテゴリ:カテゴリ未分類
私が人生において最長の継続事がついに18年に達した。

1996年11月2日・・・この日を選んだ理由は翌日の11月3日が天気の特異日である事。だから前日も大崩れしないだろうと踏んだ。
(今年も実は天気予報では11月1日からの3連休は崩れるはずだったが、今日はあの日と同じどんよりベルベッットイースター風だったが雨は降らなかった)

その日は、RAM WIREの”あいだじゅう”の一節にたとえたら、
「ほんの一生の中で一度だけ永遠を信じてみてもいいでしょう」
という日だった。

今でこそ、このスタイルはスタンダードになりつつあるが、当時は画期的なイベントで、色々な人が協力をして貰った。

・全て自家製でカシマスタジアムをモチーフにしたケーキ、
・レストランで行う披露宴、
・デュエットしながらのお色直し再入場
 (じつは最初エンドレスラブにする事も検討されたが、綺麗にまとめられないだろうという事で世界中の誰よりもきっとになった)

その日から18年が経過。
色々な分水嶺があったけれど、ここだけは殆ど変わらず適当にいい加減に真剣に続いている。

私の評価は「だめな部分も受け入れてくれる器」だそうで
私は「ほんわかしている所が、短気さを緩和してくれる」である。

大阪で迎えた結婚記念日のお話でした。






Last updated  2014.11.02 23:45:36
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.