294099 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

FP&IT事務所 DONAKUMACOMMIT 楽天出張所

PR

X

全32件 (32件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

講師・セミナーのレビュー

2020.12.03
XML
日商簿記試験を主催している、日本商工会議所が、2020年9月に、日商簿記の3級・2級は、従来の方式(統一試験)に加えて新たにネット試験(CBT方式)も導入される旨の発表がありました。
ネット試験とは?
各商工会議所が認定している「テストセンター」にてPC画面上に表示されている問題を入力して解いていく試験方式をいいます。(自宅等で受験することはできません)
ネット試験は、随時受験することが可能です。
なお、従来より実施されている統一試験(紙媒体)は今後も継続して実施されるます。つまり、統一試験とネット試験が並列で実施されます。
ネット試験申込開始!
2020/11/30(月)より、「先行受付」に加え、通常受付でネット試験(3級・2級)の申込手続が開始となりました 。現在はどなたでも受験申込することができます。

出題範囲
3級2級ともに出題区分には変更はない。但し、試験時間短縮(後述)に伴い、出題形式や問題数は変更になる予定。なお、3級については、新しい出題形式を前提とした3級予想問題が、商工会議所HPに掲載されています。内容は、全3問形式で作成されており、それによると、仕訳問題(旧型の第1問に相当)が15問、取引から使用する補助簿と仕訳を問う問題(旧型の第2問、第4問に相当)、精算表を作成する問題(旧型の第5問に相当)で構成されている。つまり難易度やボリュームはあまり変わってないようです。2級については、現時点ではリリースされていないので、リリースされ次第、ご案内します。

申込方法
テストセンターの全国統一申込みサイトから、専用ページ上で手続きします。受験を希望する地区や日時を選択の選択が可能です。
詳細は​日本商工会議所ホームページ​でご確認下さい 

日商簿記試験申込み専用ページ⇒​CRTsolution

ネット試験の実施方法
 各受験会場に設置のPCにて、問題用紙は画面上に表示され、解答入力を行う。
 表示される問題は、受験者ごとに異なる
 計算用紙は配布されるものの、終了後に回収される。
 試験終了後、自動採点さて、合否結果がすぐに判明する。

ネット試験開始日 3級:2020年12月14日(月)~  2級:2020年12月21日(月)~
受験料(変更なし)3級:2,850円         2級:4,720円
          ※別途、事務手数料が550円(税込)
 試験時間    3級:60分            2級:90分
          (従来の2時間より短くなっています)
          2021年度(2021年6月)以降は、統一試験も上記の時間になります。
ネット試験向け試験対策
試験範囲等の変更がないので、従来の勉強方法と変える必要はないが、PC操作に向けた対応が必要になると思います。また、出題方式が変更されるので、サンプル問題等を一度やっておいた方が良いかと思います(。既にネット試験が実施されている日商簿記初級、原価計算初級の操作体験版があるので、一度それで試してみておいた方が良いと思います。
なお、MOS(マイクロソフトスペシャリスト)や証券外務員資格試験などCBT方式の試験の受験経験のある方は、要領的には同じだと思っていただければと思います。

当日の持ち物(ネット受験)
・電卓(​指定の電卓あ​り)
・本人確認書類 (​詳細​)
 写真入りであれば1点、なければ2点必要。
 なお、学生証、社員証はOKです。また宅建証などの国家資格証や、顔写真付きのクレジットカードな
  どもOKです。

ネット試験で、いつでも受験できることになるので、自分のペースで試験勉強が進められますが、それが返ってだらだらする事にならないように注意しましょう。あと、問題用紙などにメモ書きなどができないので、試験勉強する場合は、その対策をしておいた方が良いでしょう。
なお、当面は紙媒体の統一試験は無くならないようです。(出題形式はネット試験に合わせる方向です)

【CM】
・​ドナルド松山の日商簿記3級講座
・​ドナルド松山の日商簿記2級講座(工業編)
・​ドナルド松山の日商簿記2級講座(商業編)
 ↑
 これらも近日中に、ネット試験対応を実施します






Last updated  2020.12.03 17:46:17
コメント(0) | コメントを書く


2019.08.14

【イベント名】やしおカフェ
【タイトル】相続が争族にならないように

【主催】八潮みんなでまちづくり NPO法人法人協働まちづくり
【会場】こみゅにてぃぷらざ八潮 第3交流スペース
【参加人数】15名
【概要】相続の現状、相続で揉めないための事前にできる事例
【評価】私:★★★☆(4点) 参加者:4点
【私見】予定されていた時間が30分だったが、オーバしても差し支えないと言われていたので、25分も話倒しました。高齢者がほとんどだったので、普段の捲し立てるやりかたでなく、ゆっくり話すようにしました。途中笑いも取りにいきました。(滑り芸とか言われるやつですが…)多分、1時間以上のヴォリュームのものをコンパクトに纏めたので、理解できなかった部分もあろうかと思うが、ただなんらかのアクションするきっかけになればと思ってました。評価は上々だったようです。めずらしい(笑)







Last updated  2019.08.14 18:13:48
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.03
【主催】千葉経済大大学短期大学部
【会場】学内教室
【参加人数】30名
【テーマ】 銀行で働くということ ~ファイナンシャルプランナーは役立つ資格です
【講師】松山智彦
【概要】FPの資格がどのように銀行で生かされるのか
【評価】私:★★★☆(3点) 参加者:4点
【私見】25分という時間配分でいろいろな話をしたが、時間の短さは早口になる原因。ただでさえ、専門用語がいくつか出てくるのに、高校生には響くのかなと思った。ただ、前回は保護者をターゲットにしてほしいとの要望があったので、そっちに響くような事も話したつもり。学校関係者の評価は高かったけれど、果たしてターゲット層には響いたのかな?






Last updated  2019.06.03 17:56:22
コメント(0) | コメントを書く
2017.10.27
9月30日にきゅりあん(大井町)で開催された、​しながわお気楽講話会​のテーマで、前回の続きという形でワークショップ形式のセミナーを開催しました。サブテーマは75歳以降のライフイベント。

ワークショップ形式のはずだったのだが、参加者(私も含めて)も未知の世界なので、想像ができない事が多々あって、意見が散見し、まとまりが付かない状態でした。本当はそれを纏めるのが私のミッションだったはずなのですが、私自身が聞き役に徹して、意見を引き出す事に軸足をおいていた。

75歳が未知の世界といいましたが、75歳以降のために75歳までに何が必要かという事と、75歳以降の人のために何ができるかという事に話が進み、その中で、当たり前であるが心身ともに健康を心がける事が出てきました。そのために自分の存在価値を発揮できる環境を作る事。とくに人とのコミュニケーションを積極的に取るように心がける事があがりました。
その中で、高齢者施設についての”愚痴”がチョクチョク出てきたのですが、その愚痴の解消方法に、元気な高齢者をボランティアで活用するというのが出てきました。
高齢者施設の職員は、入居者等の高齢者へのサービス提供に対して、心で寄り添うよりもタスクとして捕らえているようで、どう接したらいいかが掴めてないのではないか、という意見が出てきました。そこから近い年齢の心身ともに健康な高齢者をボランティアとして活用し、職員との連携の下、サービス提供するという提案が出てきました。

年齢の差というのは経験値の差とも考えられます。観てきた景色が違えば、考え方も異なります。そのギャップをボランティアで埋められればという発想です。

なるほど、それは面白い。入居者にも職員にも元気な高齢者にも良い話ではないか。まさしく三方良しの近江商人の考え方ではないか。

そんな訳で、ワークショップとしてはいまいちだったけれど、色々な思わぬニーズが聞けた会になりました。

今後はシニアコンシュエルジュ協会で具体案を検討していくとの事です。あっ、私もそこに含まれているんだ(笑)






Last updated  2017.10.31 18:35:19
コメント(0) | コメントを書く
2015.04.14
【主催】ゆうちょ財団
【会場】文京シビック
【参加人数】6名
【テーマ】 CF表の活用事例~問題点発見と提案のポイント~
【講師】松山智彦
【概要】FP相談においてキャッシュフロー表をどのように活用するか
【評価】私:★★★★☆(4点) 参加者:4点
【私見】ベースは過去にワークを使ったセミナー。少ない人数であったが、事前にワークがある旨を知っての参加なので、全体のモチベーションは高かった。こういう受講生だとやりやすいだけでなく、自分も新たな発見をする事もある。とても楽しかった。 主催者からも高評価を貰ったのは嬉しかった。






Last updated  2015.04.14 10:46:53
コメント(0) | コメントを書く
2015.02.18
【主催】kiBAN INTERNATIONAL
【会場】kiBAN INTERNATIONAL studio
【参加人数】6名
【テーマ】 社員の為の新ファイナンシャルプラニング活用法
【講師】ドナルド松山
【概要】従業員教育の一環としてもFP知識習得のメリット
【評価】私:★★★★☆(4点) 参加者:4点
【私見】学生向けに作成したものをeラーニング仕様に焼きなおした。狙い通りにいけたかどうかは微妙だが、メリットについては感じていただいたようだ。これが収益に繋がるきっかけになればよいかと思う。このシリーズの1回目講師にしていただいた事に感謝。






Last updated  2015.03.10 09:27:06
コメント(0) | コメントを書く
2014.08.16
【主催】千葉経済大学短期大学部 (オープンキャンパス)
【会場】千葉経済大学短期大学部
【参加人数】25名
【テーマ】 ファイナンシャル・プランナー(FP)になる~ 金融を学び、「最強のお金使い」になろう!
【講師】松山智彦+在校生2名
【概要】FP資格について、FP資格のニーズ
【評価】私:★★★★☆(4点) 参加者:4点
【私見】事前の予想では10名程度と言われていたのが、オープンキャンパス参加者の半数以上が参加された。内容をかなり絞ったつもりだったけれど、それでも40分は早かった印象。ただ、来年も打診されたので、それなりに評価されたようだ。






Last updated  2014.08.17 12:15:00
コメント(0) | コメントを書く
2014.07.26
【主催】近代セールス社(バームスコーポレーション)
【会場】秋葉原庁舎
【参加人数】8名
【テーマ】 ライフプラン総合ソフト「FP-MIRAI」初期研修
【講師】杉山明・松山智彦
【概要】FP-MIRAI導入研修。ソフトのコンセプト、機能、導入事例等の解説
【評価】私:★★★☆☆(3点) 参加者:4点
【私見】実は大きな勘違いをしてしまった事と時間配分を間違えた事。これを除けばある程度は上手くいったのではないかと思う。






Last updated  2014.07.27 10:30:22
コメント(0) | コメントを書く
2014.01.13
【主催】くらしとお金の学び処
【会場】FP事務所夢ing セミナールーム
【参加人数】(出演受講生3名)
【テーマ】 いずれ誰もが抱える相続問題のあれこれ
【講師】松山智彦
【概要】さざえさん一家をベースに相続の事例と対応について。何かを示唆するような内容ではない。
【評価】私:★★★★☆(4点) 参加者:ー
【私見】このネタは、結構色々なアプローチ法があるので、少人数用から多人数用にまた、時間も調整が可能なテーマで、実ははずれが少ない。あとはその品質、精度を高めて万能型のセミナーに発展させたい!






Last updated  2014.01.13 19:43:39
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.21

【会場】県民センター

【参加人数】48名
【テーマ】 相談員研修
【講師】松山智彦、他スタッフ
【概要】フォーラムで相談員するための研修。前半講義、後半ロープレ。

【評価】私:★★★☆☆(3点) 参加者:まちまち(概ね良かったが)

【私見】相談未経験者は殆どだったんで、ロープレを通じて相談を学ぶ事が目的。ロープレを経験しておくと、本番でも頭よりも体が覚えていてくれる。

今回は特にホスピタリティな振る舞いを重視した。提案とか質問の引き出し方など技術はどこでも学べるだろうし、参考にできるケースも色々あるが、ホスピタリティは経験しないと理解されない。

そこが伝えられたのは良かったと思っている。

来年にはみなし実務研修をするが、そこではもうちょっと充実した講義&ロープレを実施したいと思う。







Last updated  2013.09.21 20:15:33
コメント(0) | コメントを書く

全32件 (32件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


© Rakuten Group, Inc.