294101 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

FP&IT事務所 DONAKUMACOMMIT 楽天出張所

PR

X

全81件 (81件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

役者・タレント

2021.03.11
XML
カテゴリ:役者・タレント

●神路商店街の時計屋さん
これはたまたまSNSで投稿されたものを物語にしたもので、

古びた商店街のパン屋さん(もと喫茶店&スナック)に飾ってある兎が跳ねる掛け時計が止まって同じ商店街の時計屋さんに修理を出したら、なかなか返ってこないというお話。
近年の時計は、駆動部分は完全に密閉されていて開けることができないため修理するような仕組みなっていないものが多いらしい。まったしかに街角で時計修理を請け負ってるところは減ってきて、家電量販店なんかでも、メーカーに送るらしい。
でも、この物語では、時計屋さんは掛け時計の修理を請け負った。実はパン屋さんの祖母と知り合いとのこと…久々の修理案件でうきうきしているようだった。でも、修理完了の連絡が来ないので、パン屋さんが再び時計屋を尋ねると…。
神路商店街は実家の近くにある商店街で、近鉄布施駅から東成区役所付近まで連なる商店街群のひとつ。今は錆びれてしまったけれど、私が住んでた頃は活気があった。

●弔辞(最愛の君への手紙)
これはタモリさんが赤塚不二夫さんの葬儀の時の送辞で「私もあなたの作品のひとつです。」をヒントに平松愛理さんの「部屋とYシャツと私」を織り交ぜて作ったもの。ちょっとだけ”俺たちひょうきん族”タッチの部分があるんだけど、そこを入れるべきか悩み中。

因みに大阪のお通夜は、故人の悪口をいうのが習わしになっていて、最後のオチに「いい人亡くしたなぁ」になる。まぁしんみりしたものよりも笑いで送りだすという考えから来てるのだと思う。ここでの送辞もそんな笑いを含めたタッチにしています。

いつ、披露できるかな?







Last updated  2021.04.27 22:15:36
コメント(0) | コメントを書く


2020.03.24
カテゴリ:役者・タレント

※変更あります

”ドナルド松山”の告知2件です。
詳細は随時、このページをアップデートしていきます。

5/26(火) 19時配信 (無観客WEB配信) 

​ タイトル:あなたと歌とお話と
      ※音楽
 場所:カフェ エクレルシ(祖師ヶ谷大蔵)
 料金:1,600円
 出演:ドナルド松山 / 堀内よしみ / 乃村アキオ and more
 アクセス方法、料金支払い等については、後日お知らせします。

11/7(土) 7月のミルキーウエイ Vol.5 
 タイトル:緑陽参弐波(未定)
 開演時間: マチネ14:30 ソワレ18:30 
 場所:​レンタルスペース+カフェ 兎亭​(江古田)
 料金:2,000円(1ドリンク付)※アルコール類は200円プラス
 出演:たかはしるみこ、ドナルド松山 他7ミスペシャルメンバー​

 ※ タイトル、開演時間等は変更になる場合があります。

ぜひぜひ、予定に入れておいてね。







Last updated  2020.05.13 17:34:50
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.25
テーマ:舞台全般(149)
カテゴリ:役者・タレント
3月8日(日)に祖師ヶ谷大蔵(徒歩2分)にあるライブカフェエクレルシにて、
歌とお話のコラボ企画
堤真耶 presents ~Spring has come~ 」に出演します。

今回は新作2本(当然歌も2曲)を予定しています。
山に落ちる夕陽を見ながら
 あらすじ:思い出多い実家を離れ、東京で結婚、出産、離婚を経験、辛い時もあったがそれでも希望を抱いていた。時々、子供を連れて実家に帰れば、育ててくれた祖母が優しい笑顔で迎えてくれた。そして、あの日がやってきた。
 ⇒ 諸事情により、演目を「コックの見える風景」に変更します
 あらすじ:刑務所に収監されている724番の男が、塀の外に見えるコックの看板を見ながら、出所したらあそこでたらふく旨い洋食を食うと誓い、日々を粛々とと過ごしていた。やがて、出所の日がやってきた。

おるかのまるお
 あらすじ:水族館で暮らすおるか(鯱)のまるおは、今日も元気にパフォーマンスで観客を沸かせていた。そんなある日、まるおに笑顔が消えた。その日はいつも違う1日だった。

案内
  堤真耶 presents ~Spring has come~
出演 堤真耶 / atsuko♪ / ドナルド松山 / 平山賢 / 舩木優&杉渕綾香 from Legends in TODAI
時間 Open 18:30 / Start 19:00
料金 ¥2,000 + 1ドリンクオーダー
場所 ライブカフェ エクレエルシ(小田急線祖設樂大蔵駅徒歩2分) ​アクセス

ぜひぜひ、観に来て下さい。






Last updated  2020.02.28 13:07:26
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.15
カテゴリ:役者・タレント
「あなたと歌とお話と」に出演します。

月夜の仔猫3651は、自身初めての企画モノだった「MOONafternoon」以来の出演。

物語(朗読)ありーの、お歌ありーの、色々楽しいイベントです。その中の一つに私が出演します。
今回は、物語ではなく、フリートーク的な、怖くない怪談的なタッチのものをお届けする予定です。
本の中身は完成したのですが、タイトルを決めかねていて、「前と後~不思議な思い~」を仮タイトルにしています。読み込んでいって、本タイトルを決めたいと思っています。中身は仮タイトル通り、前に進む、後ろに下がるお話から、なぜなぜ?を繰り返す展開で、枕にはお客様にもちょっとだけ、お話に参加していただく趣向です。新しい試みなのですが、面白さは、後からじんわりとやってくると思っています。少なくとも「???」ぐらいな気持ちになってくれるとありがたいです。そこから「!」みたいになれば私としては大成功!
ぜひぜひ、お楽しみいただけると嬉しいです。

日時:2020年1月25日 開演14時~(開場13:40)
場所:​月夜の仔猫3651 (新橋駅徒歩5分、銀座駅徒歩5分)​
料金:3,200円(1drink付)
出演:堤真耶、宮村麻美、ドナルド松山、堀内よしみ、武藤アサ子
ご予約は、私までご連絡下さい!






Last updated  2020.01.15 09:51:35
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.30
カテゴリ:役者・タレント

7月のミルキーウエイ

​​2018年にたかはしるみこさんと組んだユニット

実は、7ミをやるきっかけが何だったのかが記憶になくて、いつのまに感がいっぱいだった。いや、2017年7月23日にDearDeerで、「朗読劇バトル」が引き金になってははず。なにせ開催日に拘りがあったので。
​​

そして、7ミのベースになったのが2016年7月に公演した「MOON Afternoon~銀座の午後の月~」である事も記憶していた。

で、昨日その答えが出た。2017年の年末に、ユニット組まない⁈って私がSNS上で呼びかけていた。るみこんさんがそれに応えて、やる方向に進み始めた。で年明けに色々と練り練りして、7ミのスタイルができた。

ただ、この時は1回こっきりのつもで、だから公演日を4月1日のエイプリルフールだった。

(なのでロゴには、かに座、しし座の他に、いて座マークも入っていた。いて座は田代神奈さんの星座)

それが春咲御伽噺。映像も朗読もダンスも盛り込んだ。

​なのに、諸事情諸々あって、秋艶大三角もやる事になった。

​​​​​春咲は素直に意味が読み取れるが、秋艶はさすがに意味わかんねーみたいだった。なので、解説を。

開催日が9月1日…つまり秋の初日で、行く夏をなごり惜しむ言葉を選んでいた。艶は”いろ”と読む。サザンの虹艶ザナイトクラブから取り、この曲が秋に発売されたのと、夏の色々な思い出を表している。
大三角は、御伽噺に近いものと思い、秋に無い物を探した。それが「〇の大三角」春も夏も冬もあるのに秋は四辺形で大三角はない。だからオープニングアクトで、夏の大三角であるデネブ、アルタイル、ベガ に呼び掛けている。
この時は、児島久美さんがスペシャルメンバーとして映像出演した。

スペシャルメンバーオリジナルメンバーという表現はるみこさんアイデアで秋艶から使っている。
メンバー纏めて、7ミ1ミとも呼んでいる。

​​2019年に入ると、2月2日にゃんにゃんの日に”冬香零七弐市~たかはしるみこ生誕40周年~”、12月21日に白鹿鼓聖碌を公演した。​​スペメンは大山剛史さん。色白なイケメン。

本当は、冬香の頃、7月7日最後の公演夏盛蜃気楼をやろうと考えていたが、なぜかモチベーションが上がらなかった。諸事情があって、達成感からくるロス的なものや、体調的なもの、特に疲労からの回復や緊張感の逃がし方に、若かりし頃のようにコントロールが巧くできなくなっていた。これが一過性のものかどうかがよくわからなかった。だから、夏盛はやめた。


冬香零七弐市は、るみこさんがすべてプロデュースした公演。だからこれまでの2回とは違う雰囲気になった。実はこれが7ミの完成形かなと思う所があった。夏盛をやめたもう一つの理由は、これを超えるものを作れるかというプレッシャー的なものもあった。

​だけど、なんか名残惜しかった部分とかがあって、12月に白鹿鼓聖碌を​やろうと、3月に決めた。時間があれば、なんとななるだろうっと。まぁでも、時間というのは、ありすぎると逆に進まないもんで、これは私の悪いクセだな。まぁそれはともかく、冬香を超えるものを追求するのは、とりあえずやめた。それぞれの公演にそれぞれの色があって、その時の思いをその時々の力量で公演できればという、開き直りなのかもしれないが、そういう思いになった。

因みに白鹿鼓聖碌は、前3回が季節始まりだったのを、色始まりにした。あとはオープニングアクトで解説した通り。そしてスペメンは、すでに演出助手でサポートしていただいてる長江信二氏が、ギターを披露してくれた。


7ミでは、色々な事を挑戦していった。ダンスやオリジナルソング、生演奏、映像、トーク。
映像も色々やっている。白鹿で上映した”死んでもなお”は、これを撮影した時にブームになった、カメラを止めるなにあやかって、カットなしだった。なかなかスリリング。冬香では、洒落を利かしたテーマだった。

さて、7ミでやり残した事…、実はまだまだあって、消えかけた火は、消えてなくて、でも2020年は、未定のままで、果たしてどうしようかという所。

次やる時は、先に足元を固めてからにしたいと思う。固まるのか?しかもすでに変なアイデアが浮かんでるし…。

7ミをやる上で、やはり一番感謝の意を表さなければならない人、たかはしるみこさん!

多分、技術的にも人間的にも欠陥が服を着て歩いているような私に、ストレスを抱えながら、7ミを良き方向に導いていただき、これまで4回の公演に一緒にできた事をとても、とても、感謝しています。もし、続けるんだったら、やるよ~!なんて言っていただけるなら、それは感謝の極みです。

未来はためらいながら近づいていき
 現在は矢のように過ぎ去り
  過去は永遠に静かに立っている

「七面鳥とチキンライス」のラスト(実は未来と過去は逆にしているが)に出てくる一文は、私はパタリロ!で知ったのだが、シラーの「時の歩み」という詩との事。

結構、好きな一文で、未来は、こっちもむこうもためらいながら近寄ってきて、そして現在は一瞬だなと実感しながら、過去は静かにセピア色に変わっていく事を実感している。竹内まりやの時のとびらじゃないけれど。

私は、お蔵にある物語や、温めている企画など、やりたいことがいっぱいあるので、近いうちに、プランを各論レベルまで掘り下げていきたいと思う。

で、そこで「DearDeerはまだなの?」っていうのは、、、言わないでね。

最後に「7月のミルキーウエイ」にユニット名にした経緯を。

水曜日のカンパネラというバンド名がヒントになっている。コムアイさんが当時テレビによく出演されていて、このネーミングいいなぁと思った。7月生まれの二人だけど、星座が違っている。7月といえば七夕。で、この名前にした。だからチラシは毎回、天の川を見るふたり。そして、台本の表紙と裏表紙も天の川なのです。







Last updated  2019.12.30 06:15:19
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.08
テーマ:舞台全般(149)
カテゴリ:役者・タレント

来年のお話ですが、1月25日(土) 開演14時

銀座の​月夜の仔猫3651
にて
お歌と物語のイベントライブ
「あなたと歌とお話と」​​
に出演します。

料金3,200円(ワンドリンク付)
私以外に、
堤真耶さん(実は主宰)
宮村麻美さん
堀内よしみさん
武藤アサ子さん
が出演されます。
過去に一緒に出演させてもらった方々ですが、
いやぁ強者の中に私が入っていいのでしょうか?
私は新作をひっさげるつもりです。しかも歌も歌う予定(それ、大丈夫か?)

銀座で土曜の午後のひとときを歌とお話ですごしませんか?
多数の方の来場をお待ちしています。
​​







Last updated  2019.12.08 17:10:06
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.07
カテゴリ:役者・タレント

開演まであと2週間になりました!

​​
7月のミルキーウエイVol.4
白鹿鼓聖碌(ハクロクコセイロク)

今回も朗読劇に映像に歌にダンス!
さまざまなパフォーマンスを用意していおります。

クリスマスが近いので、お客様にはささやかながら
プレゼントを用意しております。
(数に限りがありますので、ご予約はお早目に)

◆日 時◆ 2019年12月21日(土)
◆会 場◆レンタルスペース+カフェ「​兎亭​」
 (東京都練馬区旭丘1-46-12エイケツビルB1)
・西武池袋線「江古田駅」南口より徒歩10分
・都営地下鉄大江戸線「新江古田駅」より徒歩15分  
兎亭までの道のり

◆観 劇 料◆ 2,000円(1drink付)
(アルコール類は+200円)
 銀行振込の場合 1,500円
 (振込先口座は別途お知らせします。振込手数料はお負担願います) 




◆キャスト◆
〇オリジナルメンバー
 たかはしるみこ
 ドナルド松山
〇スペシャルメンバー
 長江信二(DearDeer、精神少女)※ギター&出演 

●演目●
・七面鳥とチキンライス
・ 死んでもなお(映像劇)
・クリスマスの夜
・帰ってきた寿命の代償
・最後に観る景色を探して
・サンタのクラウス

   他
◆脚本・演出◆
 よこやまあお、駒鹿日夢生

△申込み・お問合せ▲

ここから⇒​https://kokucheese.com/event/index/581408/
または、各キャストまで

多数のご来場をお待ちしています。

 たかはしるみこ、ドナルド松山
​​







Last updated  2019.12.07 11:33:42
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.05
テーマ:舞台全般(149)
カテゴリ:役者・タレント
ドナルド松山が

#兎団26 #蟻と太陽
に出演します。

〇日時
10月17日(木)14:00 19:00
   18日(金)14:00 19:00
   19日(土)13:00 19:00
   20日(日)12:30 17:30
〇劇場 スタジオあくとれ
    (JR/東京メトロ 中野駅南口 徒歩3分)
〇料金 前売/予約/当日2,300円

ご予約はお気軽にDMやリプで!

​または​ここから​​

confetti-web​からも購入可能です。


天草四郎とお島原の乱の物語です。

​ぜひぜひ、観に来てね~♬​​​​

​​











Last updated  2019.09.17 04:52:59
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.14
カテゴリ:役者・タレント
ほぼ完成しているがま台本を並べてみました。

「宇宙特急ホワイトレインボウ」はMoon Afternoon ~銀座の午後の月~ で
一度している演目
風俗店で働いている女性が父を尋ねて、うわさでそこに居ると聞いた宇宙特急ホ
ワイトレインボウに乗船してバラン星へ向かう。船内では、風俗店の常連客であ
るメフェロン人のバーガーさんに出会う。この船のキャビンアテンダントはマイ
クロ再生型ロボットのQB-K13。この3人が、それぞれの思いを乗せてバラン星へ
向かうお話。

「本能寺が変」は”本能寺の変”を事実とは異なるストーリーにしたもの。
基本のストーリーは、昭和21年6月ごろ、新潟から京都の取引先に出張で来てい
た田中が、堀川四条近くで雷に打たれて、天正10年6月の時代にタイムスリップ
する。意識を取り戻した田中の前には二人の男がいた。一人は森蘭丸、もう一人
は織田信長。二人からすれば田中は不審者であるが、織田が田中に興味を持つ。
一方田中は、二人が誰か、そもそもここがどこなのかが理解できなかった。そん
な中で、時代を遡ってきた事を認識する。田中が来た日は”本能寺の変の前日”
だった、果たして田中は無事に戻れるのか?そんなお話です。因みに、田中とは
後に総理大臣になる田中角栄。日本列島改造論って話が織田との間で盛り上がり
ます。これ、基本ストーリーとしているのは、上演時間やキャストの人数で、話
を追加したり削除したりできるような構成にしているためです。安田作兵衛を出
す事も考えています。時代考証もしていますが、多分、かなり無視しています
(笑)

「虹が嫌い」は、竹内まりやさんの”駅”をモチーフにした話。タイトルは平松
愛理さんの歌から。駅で電車を待っていた栞は、向こうのホームにいる渚を見つ
ける。昔は前髪を下ろしていたが、今はポニーテールにしている。栞は渚との思
い出を振り返る。楽しい思い出、悲しい思い出。今はすべてセピア色に変わった
け。やがて向かい側に電車が入って渚の姿が見えなくなった。電車が行ったホー
ムには渚の姿はなかった。栞は到着した電車に乗った。少ししてスマホにメール
が入った。それは渚からだった。
ほぼ完成しているがま台本を並べてみました。

「宇宙特急ホワイトレインボウ」はMoon Afternoon ~銀座の午後の月~ で
一度している演目
風俗店で働いている女性が父を尋ねて、うわさでそこに居ると聞いた宇宙特急ホ
ワイトレインボウに乗船してバラン星へ向かう。船内では、風俗店の常連客であ
るメフェロン人のバーガーさんに出会う。この船のキャビンアテンダントはマイ
クロ再生型ロボットのQB-K13。この3人が、それぞれの思いを乗せてバラン星へ
向かうお話。

「本能寺が変」は”本能寺の変”を事実とは異なるストーリーにしたもの。
基本のストーリーは、昭和21年6月ごろ、新潟から京都の取引先に出張で来てい
た田中が、堀川四条近くで雷に打たれて、天正10年6月の時代にタイムスリップ
する。意識を取り戻した田中の前には二人の男がいた。一人は森蘭丸、もう一人
は織田信長。二人からすれば田中は不審者であるが、織田が田中に興味を持つ。
一方田中は、二人が誰か、そもそもここがどこなのかが理解できなかった。そん
な中で、時代を遡ってきた事を認識する。田中が来た日は”本能寺の変の前日”
だった、果たして田中は無事に戻れるのか?そんなお話です。因みに、田中とは
後に総理大臣になる田中角栄。日本列島改造論って話が織田との間で盛り上がり
ます。これ、基本ストーリーとしているのは、上演時間やキャストの人数で、話
を追加したり削除したりできるような構成にしているためです。安田作兵衛を出
す事も考えています。時代考証もしていますが、多分、かなり無視しています
(笑)

「虹が嫌い」は、竹内まりやさんの”駅”をモチーフにした話。タイトルは平松
愛理さんの歌から。駅で電車を待っていた栞は、向こうのホームにいる渚を見つ
ける。昔は前髪を下ろしていたが、今はポニーテールにしている。栞は渚との思
い出を振り返る。楽しい思い出、悲しい思い出。今はすべてセピア色に変わった
け。やがて向かい側に電車が入って渚の姿が見えなくなった。電車が行ったホー
ムには渚の姿はなかった。栞は到着した電車に乗った。少ししてスマホにメール
が入った。それは渚からだった。
これは、渚を映像で、栞を朗読で、上演を企画していたが事情があってポシャッ
タなつ。女性二人いれば、できる演目なんだよな。

「地下室のメロディー」は、甲斐バンドの歌のタイトルだけど、中身はアリスの
「ジョニーの子守唄」に近い話。ディスコでダンサーを目指す女と、その夢を後
押しする寂れた男がいて、女にダンサーとしてNYに行ける話が舞い込む。葛藤す
る男だったが、やがて行くことを薦める。結局二人は別れる事になるのだが、数
年後、男は別の女と結婚していて、ダンサーだった女からハガキが届く。
男女七人夏物語と恋も二度目ならを参考にしています。←どこが?モチーフが!

このままお蔵入りするのは未練たらたらなんで、いつか、いつか、上演したいと
思っています。誰か、協力してぇ~






Last updated  2020.01.22 12:05:53
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.07
テーマ:舞台全般(149)
カテゴリ:役者・タレント

2月2日(土) 江古田@兎亭 で開演した7月のミルキーウエイ「冬香零七弐市」に
多数の方にご観覧いたきまして、ありがとうございます。

今回はサブタイトルとして~たかはしるみこ生誕40周年記念~と銘打って開演しました。
構成、脚本、演出はほぼすべてたかはしるみこ(よこやまあお)さんがこなしました。
しかも、ダンスありトークあり歌ありの1時間!(65分ぐらいだったかな?)中身の濃いぃ内容でした。

いやぁスゲー!

前回の「秋艶大三角」が終わった9月下旬から稽古を始め、10月上旬に1本目を撮影しました。えっ1本目って事は2本目があるの…?そう、2本の予定だったのですが、60分の枠に収めるために、2本目をカットしました。こちらもちょっと面白い企画だったので、いつか公開してみたいと思っています。

歌(パンドラの箱)は、オリジナル。作曲をお願いし、作詞をよこやまあおがするという、なかなかの冒険ものでした。

7月のミルキーウエイでは、協力していただいた方をスペシャルメンバーという名称の下、7ミの1ミに勝手に登録しています。今回は、映像出演の大山剛史さん、演出助手と音声・映像・証明オペレータの長江信二さん(創作カ劇団DearDeer/精神少女)が新たに加わりました。これで7ミの1ミのスペメンは5名になります。あっオリジナルメンバーは2名のままです。

そして、今回はPCがアップグレードしたものを用意、途中で切れたりするトラプルが回避されるようになりました。以前は画面が止まったりして、PCに念を送ったりしてました。

稽古の裏話?あぁ、思い出だせない、思い出したくないのかな?…色々と大変だった。ちょうどテンションが下がっている時期と重なっていたので、修正力や鈍感力が発揮できなかった。まぁ体だけでなく心も老化するということで、体以上に心のアンチエイジングが必要なのかもしれません。

最後に、共演者のたかはしるみこさん、映像出演していただきました大山剛史さん、演出助手とオペをやっていただいた轅信二さん、兎亭小屋主の斉藤さん、ご観覧いただきました皆様、ご観劇いただけなかたったが密かに応援していただきました皆様。


ありがとうございました。

さて、次回は…、ネタ元はいっぱいあるのだけれど、できれば7月7日にやりたいとも思っているんだけれど、構成がね、思いつかないでいるので、二の足を踏んでいます。

また、決まり次第、大々的にご案内します。











Last updated  2019.02.07 10:52:03
コメント(0) | コメントを書く

全81件 (81件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


© Rakuten Group, Inc.