103022 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ドナトラ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


TG6666

Freepage List

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

みんなのプロフィール@ みんなのプロフィール ブログ開設おめでとうございます!! アク…
ヘックス@ GONZO? GONZOといえば、カレイドスター。 …

Headline News

2011.12.27
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
なんかぽっかり穴が空いた感じです

ずっと分かっていたのに、やはり寂しいものですね



さて

先日のGPは非常に残念な結果でした

観るので一生懸命で、写真も殆どないです

なんか夢の中みたいだった・・・・・・・今だに昼間は実感がない

あの日も、中山から一人で地元まで戻って、そのまま友達と友達のうちで普通にケンタッキーのチキン食べてケーキ食べてワイン飲んで、ピングドラムってアニメの話して、午前様で家に帰って、お風呂入ってすぐ寝ちゃった

何も考えられず、凄い記憶が曖昧

今だに夢みたい

現実が受け入れられない感じ
・・・・・・・もう、次ブエナが出るレースがないっていうのが信じられない

来月になったら、また、ドバイ行って、ヴィクトリアマイルに出て、宝塚出るって記事があるんじゃないかと、なんとなく思ったりしちゃう

でも、ふともう二度と会えないんだなぁと思い出す

その繰り返し

レースの結果より、引退式より、もう二度と会えない事が飲み込めない感じ

でも、寝る前、目が覚めるときに痛感する

ブエナはGPで惨敗したんだ・・・・・・・
もう、ブエナのレースは二度と見れないんだ・・・・・・・

レースの結果が悔しくて泣きそうになり、レースが見れない寂しさにも泣きそうになる


当日中山にいた私には見えませんでしたが、ブエナが涙流していたんですね

多分それは悔し涙だったんだろうなぁと思います

レースに負けたこと、そして負けたまま引退しなくてはいけないこと


GP前から、松博厩舎にしては珍しく、自信の発言が続いていた
最終追い切りは文句無しだった
でも、当日は馬体重増
そして、輪乗りの最中、ほかの馬に交わらず、ずっとこちら側(スタンド)を見てばかりいた

何かが違うことを強く感じていたんでしょうね


そして、何時もと違うブエナは、スローの展開でかかりぎみになったようで、最後は全く伸びずにレースは終わってしまった


全てが何時もらしくなかったブエナの、残念な最後でした

ただ、感謝すべきは、無事に完走できたこと

勝ち負け関係なく、これ以上望むものはないはずだったのですが・・・・・・・

でも、最後にもう一度ブエナらしい走りを見せてほしかった・・・・・・・それだけが心残りで悔しい

今回は一言も声を出さずに観てました
それも悔しい

最後にブエナと大声で叫びたかった・・・・・・・でも、なんか中山の雰囲気が好きじゃなくって

今回は早くから行ったので、割とちゃんと見れました
でも、観戦してる人達が微妙だった・・・・・・・東京競馬場の雰囲気と違った
阪神とも違った・・・・・・・
やっぱ中山嫌いです

呆然とGP後、最終レースが終わって、遂にブエナの引退式

茜色に染まっていた西の空も藍の帳が降りはじめ、カクテルライトがだんだんと綺麗に輝き出す

岩田騎手を背に、ブエナが入場してきました
何時もの馬場入りと変わらぬ落ち着き
何時も通りのブエナビスタ

そして、この日のために用意された馬服を着せられ周回するブエナビスタ

関係者インタビューが終わると、サンデーの代表の方が気を利かせて、ブエナビスタを埒沿いに歩かせてくれました
埒沿いに駆け寄る人人人

「お疲れ様!」
「ありがとう!」
あちこちから上がる声
泣いている人

とあるご夫婦は、奥様が目を真っ赤にして泣いていました
ご主人が「恥ずかしいなぁ~離れていよう(笑)」と言って、奥様をからかっていました。でも、「本当に強かったなぁ。それに可愛かったな!」って言ったのに、もらい泣きしそうになりました。

なんかJCの時もそうだったのですが、ブエナを褒めてもらうと、私まで嬉しくなるんですよね

羨ましいご夫婦でした

そして、泣いていたのは人だけではなかったのですね

ブエナも涙を流していました

馬は、賢く気性も激しいので、レースに負けたことはちゃんとわかっていて、悔しくて涙を流して泣くことがあるそうです

だから、ブエナの涙も悔し涙だったと思うのです

あの日、悔し涙を流したブエナの、再来年生まれてくるであろうキンカメとの子は、母の無念を晴らす走りを見せてくれるに違いない!そう思います

ブエナは、きっと子供達に、あの日の事を教えるんじゃないかな

レースに負けることの悔しさと惨めさを

そして、人に愛され、望まれ走ることが悪いことばかりではないことも、きっと伝えてくれるんじゃないかな

GP当日、雪が降る寒さの中、それでも6万人もの人がレース後まで残り、ブエナとの別れを惜しんだ

一生懸命、精一杯走れば、結果が勝利ばかりでなくとも、こんなにも愛されるんだということを、ブエナ自身ちゃんと分かってるんじゃないかと思います

ブエナの子が、ブエナのその父であるスペシャルウィークのように賢いのと同じように、母に似てひたむきな子でありますように・・・・・・・そう願わずにはいられない

ターフから遂にブエナが見えなくなった時に、一人夕闇に取り残されたようでした


早くブエナの子が、また日の当たるターフへ私を連れていってくれる日がきますように!


ダスカの子が無事にデビューしないかぎり、多分競馬は当面休業ですね


ただ、私のもう一頭のヒーロー、ロジユニヴァースに会いに中山にいかないといけないという試練が待っているんですけどね、、、
ヒッキーがちゃんと出走してくれれば、ですが(笑)



さてさて
この日のヒーローのことも少し

オルフェの授賞式は雪が激しく降っていて、何やら来年が不安になりました
私から見ると、不幸な三冠馬

皐月賞は震災の影響で東京開催でしたが、お客さんも来なかった
ダービーは豪雨に見回れ、これまたお客さんが来なかった
菊花賞でようやく日の目を見、そして三歳にして4冠達成の偉業
しかし、その授賞式は、突然の雪(というか、デカイみぞれ)
お客さんが逃げ惑う中で行われていて、なんか可愛そうな子だなぁと思ったり(私屋根の下にいたので、ぼーっと眺めてました)

これだけ酷い目にあったので、来年は普通だといいですね

今年はタイミングだけは合ったので、生でオルフェのレースを三回観たのですが、来年はもう二度とお目にかかることはないでしょうね(凱旋門行くから)

でも、一度もゴールするところをちゃんと観てないのが心残りか
皐月賞もダービーも、他の馬観てた
GPも勿論ブエナばかり観てたから、正直何が勝ったかなんて観てませんでした

日本最強馬として、来年は更なる飛躍を期待します
多分凱旋門いけるんじゃいかな
今回のドスロー我慢できたのはデカイと思う
後は怪我なく、本番を迎えてください



以上、今年の最後の競馬レポートでした


画像はないです☆


--------------------
sent from WILLCOM 03







Last updated  2011.12.28 03:16:04



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.