1118321 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

わんころりん☆にゃんころりん

2018年05月03日
XML
カテゴリ:動物愛護
「殺処分ゼロ」、定義明確に=譲渡困難な犬猫除外―環境省
時事通信 5/3(木) 7:09配信


【以下転載】

環境省は、自治体が掲げる犬猫の「殺処分ゼロ」の定義を明確化し、譲渡が難しいケースを除外する方針を固めた。

 引き取った人がかまれる事故や感染症の流行を防ぐのが狙い。
今年度に改定予定の動物愛護に関する指針に盛り込みたい考えだ。

 2012年に改正された動物愛護法では殺処分がなくなるよう、都道府県などが引き取った犬猫の譲渡に努める義務が明記された。
これを受け、都道府県や政令市など42自治体が「殺処分ゼロ」を目指して活動。
13年度に約12万8000匹だった殺処分数は16年度には約5万6000匹に減った。

 一方で、環境省が集計・発表している殺処分数には譲渡に適さない個体や保護中に死んだ個体もカウントされるため、完全にゼロにはできない課題も出てきた。
16年度の殺処分のうち、病気や攻撃性を持つことから「譲渡が適切でない」と見なされた犬猫は約1万6000匹に上った。
自治体によっては、「殺処分ゼロ」を急ぐあまり、動物愛護団体に次々に譲渡し、シェルターが過密状態に陥るケースもあるという。

 環境省としては、譲渡が難しい個体の殺処分はやむを得ないとの考え。
東京都など「殺処分ゼロ」を目指す自治体の一部は、既に対象を譲渡に適した犬猫に絞っており、同省も譲渡困難な犬猫を除いた集計を本格的に実施することにした。


【転載ここまで】

譲渡が難しい個体これはあくまで行政判断
そんな犬猫でも引き取り手によっては十分なケアが可能である
飼い主のもとから突然環境がガラリと変わるセンターに送り込まれれば 自己防衛の為に凶暴・・・否 恐怖の為に自分を守ろうと牙を剥く事もある筈
数日間 個体別に観察すれば 譲渡不適切ではなくなることもある
病気であっても治療が施せる範囲であれば 譲渡は可能にして欲しい
私のように看取りを視野に入れた個体しか引き取れない人間には ≪殺処分≫にするくらいなら譲渡して欲しいと思う

さてこういった命の為の活動は日本だけではない

【世界から】豪、ペットショップから子犬たちが消える
一般社団法人共同通信社 2018/5/1 16:005/1 16:02updated


【以下転載】

コアラやカンガルーをはじめ固有種の動物が多いことで知られるオーストラリアは、実はペット大国でもある。
何しろ、人口よりもペットの数が多く3軒に2軒の家庭がペットとともに暮らしているというのだから。
シドニーに次ぐ第2の都市メルボルンを州都とするビクトリア州では州法改正に伴い、今年7月1日以降はペットショップで犬や猫を販売することが原則として禁止されることになった。
例外は、シェルターなどの動物保護施設から引き取られた生後6カ月以上の保護犬や同8週以上の保護猫だ。

 この日を境に、州内のペットショップから月齢の若い子犬の姿が消えるわけだ。
知り合いから譲り受ける場合は別として、生後6カ月未満の子犬が欲しければ、ペットショップではなく動物保護施設を自ら訪れるか、ブリーダーに直接連絡をするかの2択、自分が最初の飼い主になりたければ、ブリーダーから購入するしかなくなる。

▽生体販売を巡る動き

 どのような環境で誰によって成育されたか分からない生きた動物をペットショップのショーケースに展示し商品として販売する、いわゆる「生体販売」に対する疑問や反発の声は、年々高まっている。
先進国を中心に、生体販売を条例等で禁止する自治体も少しずつ増えている。

 だが、国や州レベルで法規制するというのはまだまだ珍しい。
アメリカではカリフォルニア州が州として初めて犬や猫などの生体販売禁止を法制化。
2019年1月からの施行が決まっている。

 オーストラリアでも、州としての法制化はビクトリア州が初めて。
ただし、わたしの住むニューサウスウェールズ州でも、生体販売を行わないペットショップの方がはるかに多く、店頭で子犬や子猫を見かけることはあまりない。

▽法改正が目指すもの

 今回の法改正は、14年の州議会選挙で政権を奪還した現アンドリューズ州首相率いる労働党が野党時代に掲げた公約を数年がかりで実現したもの。
ペットショップに対する規制にスポットライトがあたりがちだが、ブリーダーに関しても保有できる母犬の数に上限が設けられるなどといった新たな規制の導入が予定されている。
目的は、劣悪な環境で繁殖を行う「パピーファーム」と呼ばれる利益最優先の悪質な子犬繁殖場の撲滅だ。

 動物愛護団体は、今回の州法改正によって創設される新たな登録制度「ペット・エクスチェンジ・レジスター」を高く評価する。
これまでもブリーダー業は所在地の役所に届け出る必要があり、州内に79ある自治体がそれぞれ管理してきた。
今後構築される州全体の包括的なシステムでは、「誰が繁殖し、どこから来たのか」が分かる「ソース番号」を登録者に発行することにより、トレーサビリティー(生産流通履歴)を確保する狙いがある。

 新制度の登録対象者には、「バックヤードブリーダー」も含まれる。
これは、自宅の裏庭などで生まれた犬や猫を販売する個人のことだ。
19年7月からは、犬や猫の譲渡広告にはたとえ無料であっても、ソース番号と個体を識別するマイクロチップ番号を明記しなくてはいけなくなる。

▽ペットの入手経路

 動物用医薬品の業界団体「Animal Medicines Australia」が実施した16年の調査によると、ペットショップで動物を買う人はもはや少数派だ。
犬の入手経路は、「ブリーダー」がトップで36%(前回調査比6ポイント増)、
続いて「友人・隣人」が17%(同3ポイント減)、
「シェルター」が16%(同1ポイント増)、
「ペットショップ」が14%(同2ポイント減)となっている。
猫の入手経路は「シェルター」が最も多い25%(同3ポイント増)で、「ペットショップ」は10%(増減なし)に過ぎない。

 ペットショップの中には、法律を先取りする形で動物保護団体と連携しているところもある。
例えば、全国におよそ170店舗を展開する「ペットバーン」は、商業目的で繁殖された犬や猫、ウサギなどの販売を一切行わない代わりに、捨てられたり、迷子になったりして保護された動物の譲渡センターを115店舗に常設。ペットバーン経由で引き取られた保護動物は、これまでに3万匹を超えるという。
より身近な場所でより多くの人の目に触れることは、新しい飼い主が見つかるチャンスの広がりにつながっている。

▽命を引き受けること

 実はわが家にも半年前に生後10週の子犬がやってきた。
やんちゃ盛りでエネルギッシュな愛犬との暮らしは喜びに満ちているが、人間社会のルールを一つ一つ教えながら、健康でハッピーな犬に育てることは、つくづく大変なことだと実感している。
小さな命と向き合う日々には、「かわいい」だけではすまない現実がある。
ペットを飼うことは、その命を丸ごと引き受けることにほかならない。

 一般的にブリーダーや動物保護施設から動物を譲り受ける手続きには、時間も手間もかかる。「ほしい」「はい、どうぞ」とならないのは、自分たちの手を離れていく動物の幸せを、心ある関係者が切に願っているからだ。
種類による特性や個々の気質に加え、性格や健康状態などが、譲渡先の家族構成や住環境、生活スタイルなどに合うかどうか確認し、ライフステージが変わった後も最期まで飼い続ける覚悟が必要なことを未来の飼い主に理解してもらうのは、譲り渡す側の使命。
保護動物の譲渡窓口の役割を担うことになるペットショップも、その大切な任務を真摯(しんし)に務めていきますように…。

【転載ここまで】

今日は憲法記念日
改憲する事になぜそれほどこだわるのか・・・
自衛隊のこれからが按じられる
非戦闘地域限定とはいえ ゲリラはいつどこに現れるかわからない
日報は隠され 公表されるのは真っ黒に塗られた物ばかり・・・
派遣される人間 その家族・・・どれほど心配事を抱えれば済む事やら・・・






最終更新日  2018年05月03日 22時14分56秒
コメント(0) | コメントを書く
[動物愛護] カテゴリの最新記事

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

プロフィール


ファルコン・トロン

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

 通りすがりの猫(管理人)@ Re:2日目の愛(まな)(07/02) まなちゃん元預かり さま コメントありが…
 まなちゃん元預かり@ Re:2日目の愛(まな)(07/02) 早速のブログUPありがとうございます。 ま…
 さぶまる@ Re:ねこ ネコ 猫・・・・(10/07) この団体の猫の飼育が動物虐待にあたると…
 追 記 大型犬7匹一時逃走 飼い犬2匹かみ殺す 阿波市 @ Re:土佐犬など大型犬7匹が逃走@徳島県阿波市(03/04) 大型犬7匹一時逃走 飼い犬2匹かみ殺す …
 通りすがりの猫@ Re:獣医療を考える(01/30) maasa さま リンゴちゃん 痛みの緩和が…

フリーページ


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.