2819656 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レオンくんがご案内します〜誰でもどこでも思考力養成ができます〜

全1164件 (1164件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2021年05月21日
XML
カテゴリ:考察
●どんぐり倶楽部の糸山です。2021年から、どんぐり倶楽部では、させない幼児教育の5年間を下記のように変更します。35年間考察してきた結果です。

【させない幼児教育の内容】
2000年〜2020年の学習相談の結果、学力低下は回復どころか、低下よりも酷い、崩壊に向かっていると思われる事象が頻発していることがわかった。家庭での保育と教育が放置状態にある(特に意識せずに現状に流されている状態の家庭環境である)と、本来ならGolden-Ageを使って、視考力を、自然に稼働できる状態になる(つまり、5才からどんぐり問題に取り組めば次のステージに自然に移行できる)のだが、現状では、マイナス要因が意外にも多すぎて、自然には稼働しない(マイナス要因が多過ぎる教育環境にある)と判断される。
つまり、これまでの「させない幼児教育」では、環境設定が甘かったということだ。だからと言って、何かをさせる事は不要であるが、次の点を意識して家庭で環境設定を意識的に行わなければ、視考力の稼働そのものが難しいとの結論に達した。

0-5才の5年間は、5-6才の1年間を視考力稼働期間であるGolden-Ageと捉えて、視考力稼働準備期間と考える。つまり、させない幼児教育の実態は、視考力稼働準備用の5年間と考えて接する。こうすることで、絵が苦手とか、描くのが面倒とかという、致命的なマイナス思考を排除できるようにする。

手を動かし、絵を描き、絵で会話をする(意思の疎通を楽しめるようにする)ことを、明確に意識して保育にあたる。すると、会話も描写的になり、生活もゆっくりになり、味わい深くなる。そこに活路を見出すのだ。

知的系統的早期教育をしている場合ではない。

【補足記事】
フラッシュカードは逆効果?
「保育ナビ」10月号のエッセイより
汐見稔幸先生のエッセイを抜粋する。
汐見先生は東京大学名誉教授を経て、現在、白梅学園大学学長で、専門は教育学、教育人間学、育児学。臨床育児・保育研究会等にも参加。国策決定に影響を与えるメインメンバーです。
「保育ナビ2014年10月号64~65ページ」
日本の幼稚園、保育所などで1980年代から使われ始めた教材として「フラッシュカード」が
ある。早期教育の教材としてよく使われているものだ。例えば、4、5歳の幼児に難しい漢字
を書いたカードを瞬間見せてすぐに次のカードに移っていくのだが、その瞬間に「バラ」と
か「サクラ」とか、読み方を当てていく。
実際にやっている場面を見ると、子どもたちがどんどん憶えて、パッパと答えていくので驚
く。2、3歳で行っている園もある。
早期教育は、このように上手にパッパと刺激を与えてやればよいのだということで、よく使
われているのがこのフラッシュカードだ。
ところで、こういう教育を受けた子どもたちが、その後、知的にとても優秀になっていった
ということを実はあまり聞いたことがない。以前、ある個別のドリル型学習を提案している
塾で幼児期に高校までの教材を終えてしまった子どもたちのその後を追った本が出たが、そ
の子たちの多くが様々な課題を抱えてしまっていたことが明らかになった。フラッシュカー
ドにはそうした弊害はないのだろうか。
そう思って調べてみると、同じ問題意識で調査を行っている人も世界にはいるということが
わかった。例えば、脳科学者の澤口俊之氏は自身のブログで、

「(1)フラッシュカードをしていて、その能力が高い幼児(6歳児)ほど、反応抑制・自己制御
力が低く、衝動性・多動性の程度が有意に高い(その相関はこの種の調査ではかなり強く、有
意水準も1%以下である)。(2)フラッシュカード能力が高い幼児(6歳児)は、ToM(心の理論)
をもたない傾向が有意にある。」

ということを発見した研究があると報告している。ToMというのは「心の理論」といわれて
いるもので、要するに他人がどう考えているかを察する心の働きのことである。この機能が
不十分だと、他人がいろいろなシチュエーションであれこれ思うことを的確に想像すること
がうまくできず、社会性が弱くなる。他にも批判的な研究結果が特にアメリカでいくつか出
ているが似た内容になっている。

どうしてフラッシュカードを早くから熱心にやると、反応抑制や自己制御力がうまく発達し
なくなるのだろう。


考えられるのは、脳のシナプス回路(神経細胞同士の目的に沿った結びつき)の問題だ。
最近の研究で、シナプス回路は、経験によってどんどん増えていくのではなく、逆に必要の
ない回路を刈り取って、ある目的にそった行為ができやすくなるようにしているらしいとい
うことがわかっている。シナプス回路は1歳半頃に数がピークになり、その後無駄なところが
うまく刈り取られて、合理的で流れやすい回路ができていくということがわかってきてい
る。フラッシュカードを幼い頃にどんどんやると、脳回路がそれに合わせて刈り取られてい
き、フラッシュカード的にパッパという反応はできるが、じっくりとあれこれ考えて選択し
ていくという思考の回路の形成が妨げられやすくなる、ということではないかと思われる。
じっくり考えるというのは、ああでもない、こうでもない、こっちを選択すると○○はでき
るが、逆に△△は困難になるかもしれない・・・・・というようなことを粘り強く考えるこ
とで、そのための回路が刈り取られて、粘り強い思考回路がうまく形成できなくなる。

心の理論が育ちにくいというのもそういうことと関係があるのかもしれない。ともかく考え
ておかねばならないことだと思う。【抜粋終わり】

https://blog.goo.ne.jp/izumikinder/e/f554e684321ed7a462e9b71745f9b946

どんぐり倶楽部では、1985年の設立当時から35年間も、注意喚起してきた事であり、原因解明や理論的説明とともに、実証記録の開示、更には修正方法の具体的な手法の提示、これらの全てをも公開してきた。もう、後がない。学力低下は、回復できない崩壊時代になっている。不安を煽っているのではない。自分のお子さんで確認してみればいい。原型思考回路が弱いのではなく、もはや、作られていない状態になっていたのだ。迂闊だったと言ってもいいだろう。今でも、子供達を見ていて、能力があるのはわかっている。だから、大丈夫だと思っていた節がある。しかし、能力は使えるように育て上げなければ消えてしまうのだ。それが、環境適応という人間の進化方法なのだから。

そろそろ、その限界を超えてきているという事だ。オゾン層の破壊が限界を超えると予測通りのことが起こることと同じ事なのだろう。

自力での理解力と思考力が育っているのかどうかは、頭の健康診断で分かる。
修正方法も書いてある。するかしないかは、家庭次第だが、子供達は、私達人類の未来そのものである。政治や宗教や人種に関係なく、人類の未来なのだから、健全に育ってほしい。


どんぐり倶楽部






最終更新日  2021年05月21日 06時16分52秒


2020年07月25日
カテゴリ:カテゴリ未分類
■確認■
最低でも9歳まで(できれば12歳まで)の
「高速計算練習」
「大量漢字暗記」
 は禁止してください。
 1日1題(文字)だけなら、問題はありませんし、
 「デンタくん」「image-fix法(イメージフィックス法)」を使うのであれば、理解力・思考力の養成にもなりますが、単純作業的方法では、一生の禍根を残します。
*少なくとも、家庭では、我が家のルールとして「禁止だから」にして下さい。
*計り知れない、マイナス効果が出てしまいます。100%出ます。
*3年間かけて、検証した(3年間、往復6時間をかけて継続した教室の)結果を、今も毎日実感させられています。
●9〜12歳にかけて脳内で行われる、一世一代の(最も大きな)、一生の土台となる思考回路網の、最終刈り込み時の判定(残すか残さないかの判定/回路網の刈込みをする対象なのかどうかの判定をする基準作成は、この時期の、日常的な思考が基準となって、「日常的によく使う→必要な回路→残しておくと」という手順で、一生使うことを許可された脳内に思考回路が蓄積される。
問題は、この時の、削除対象になる思考回路である。それまでどんなに、複雑で高度な思考をしていても、この判定時期に使われる日常的に重要と思わせてしまう日常思考の質が低い場合には、その低さや単純さには関係なく
「日常的に使っている」→「必要だから、毎日多量に使っている」
→だから、毎日やっている、最低な回路が重要で、やっていない複雑だが楽しい高度な回路は不要
●と、脳は判断して、刈り込み作業は進んでしまうのだ。これが一生を左右する「9歳の壁」の正体である。






最終更新日  2020年07月25日 10時21分32秒
2020年05月02日
カテゴリ:カテゴリ未分類
日本全国の公立中学校で使われているであろう6種類の現行教科書全てを使って、全文語句順訳と日本人専用の納得英文法を講義している。受講者は、親子学習の6歳から上限はない。

同じ講義を受講しても、消化具合はバラバラである。そこを加味して、次の講義を作っている。果てしなく面倒だが、面白いことがゴロゴロ出てくる。

文字、言葉に対する姿勢が、その人の核心のようにも見える。

使用しているtext
Sunshine
Newcrown
New horizon
Total
Columbus21
One world

他にもあれば、5月中の申し出なら追いつけると思いますが、上記以外にはないと思います。私立のテキストは除外します。
今後は、Donglish-textだけを使います。

どんぐり倶楽部






最終更新日  2020年05月02日 09時47分33秒
2020年04月04日
カテゴリ:カテゴリ未分類

■Donglish募集要項:2020.04/20〜2021.02

●受講資格:06-120歳

●受講価格:66000円(分割希望は支払いプランを添えて)※家族単位ですので何人でも同じ。

●開始日時&支払期間:2020.04/20〜2021.02/末

郵送先:連絡先

〒811-1356 福岡県福岡市南区花畑2-21-33-105

どんぐり倶楽部・糸山

donguriclub@mac.com

092-566-7171

振込先:福岡銀行・東京支店

普通口座:368976

糸山泰造:イトヤマ タイゾウ

申込みは、必ずメールで行う

<donguriclub@mac.com>

件名:Donglish申し込み

■→受講料6万円+tax=66000円

*分割等も可能とする。支払いプランは自由に決めて2020.08末くらいまでに。

*最長で〜2021.02/末

*12歳以上は中学の教科書を使うので、その教科書を送る。ガイドブックでもいい。本文が書いてある、書籍を送ってもらう必要がるのです。著作権の関係です。実際には動画で見るだけですので、送るのは4・5月になってからでも結構ですが、教科書名は必要ですのでお知らせください。

☆中学生、高校生、学校の先生、やり直し組〜〜どの教科書でもいい場合は、手に入るものを送ってください。

小学生は、Pre-Donglishとして、日本語だけの学習方法を講義の最後にコメントします。親子学習としますので学年枠を外します。

<Pre-Don>

*基本的には、動画を見て、語句順訳を書き出す→和訳を自分で考える。

●語句順訳を和訳する。<小1一小3>

●和訳を語句順訳する。<小4--小6>

*上記をノートに書いて写真を撮ってどんぐり倶楽部に送る。

●質問ができるのは2020の今回のDonglish講座だけです。小さな納得いかない部分を聞いて完全に理解しましょう。

この2020の講義が今後のDonglish TEXTになります。

参加して、視聴権利を持っておくだけでも永久に何回でも視聴できますので、先行投資と考えても結構です。料金も同じですので、親子で見て、語句順訳と和訳を完成させて写真を送る。という作業になります。

*Pre-Donの受講をしていない方の希望も多いので、「4月の<Donglish-00>4/20予定」にて、Donglish講義を入れます。受講資格から除外しますので、そのまま申し込んでください。

Donglishは、中学生以上向きですので、保護者はパソコンの操作、メールの取り扱いくらいを手伝う程度の参加になります。大人がやり直し英語として受講する場合は、自分の好きな教科書を選んで使用してください。ただし、実際に中学校で使われている教科書に限定します。

Donglish受講希望者は、中学校で使う教科書の3年間分3冊を自分用に1セット、どんぐり倶楽部用に1セット、が必要です。どんぐり用は、受講開始前に、どんぐり倶楽部に送ってください。名前がわかれば、現物は5月でも(ガイドでもいい)結構です。◉面倒ですが、著作権の関係で、教科書の「購入+郵送」が受講前提になります。

<予定と内容>

4月〜7月+9月〜12月+2月=9ヶ月で教科書3冊の「全文語句順訳」と「納得英文法」をマスターする事になります。2月は、公立高校の入試問題を扱う予定ですので、中3の受講者は受験高校名(公立のみ)を明記しておいてください。

*受験問題は、ネットから落とせる場合は不要ですが、落とせない場合は過去問を送ってもらいます。

<受講形態>

1Youtubeでの動画学習を教科書=テキストとして使う。

2質問をメールする。

質問は録音メールを送付してもいい。

質問を書いて写真に撮って送ってもいい。

件名を「Donglish-Q&A」として<donguriclub@mac.com>に送る。

※質問できる事&志望校の過去問ができることが、Donglish講座の特権である。

3全員のQ&Aを全員が学習する。

質問はテキストに依存しますが、回答はテキストに依存しないからです。

気になる細かな点を質問できる様になる「気配り学習」を身につける。

「質問をする力」を養う事も目標課題の一つである。

どんぐり方式を知らない生徒は、コピー学習からの脱却が最優先課題となる。

4自学用の課題は、Dictation学習となる。

使用テキストの全てを「Dictation」できる様にする事で、自学の仕上げ確認をする。

◉Dictationの方法◉

1ボイスレコーダーに、自分で英文を「超スローテンポ」で読み上げて録音する。

テキスト1ページを1セット1回分とする。

2ボイスレコーダーを再生しながら、英文を書く。ピリオド、大文字なども正確に書く。

書けない文字、思い出せない文字は、その部分を空白にして、最後まで進める。

3空白部分と誤字部分だけのスペル確認と暗記を、イメージフィックス法で覚える。

◉辞書について◉

中1では、カタカナ発音と発音記号の両方が併記してあるものを使い、

中1の間に、発音記号の書き方もマスターする。

中2からは、英英辞典を使えるようにする。電子辞書ではなく書籍がオススメ。

持ち歩かなくていいように、学校用と家庭用に最低でも2冊。

郵送先:連絡先

〒811-1356 福岡県福岡市南区花畑2-21-33-105

どんぐり倶楽部・糸山

donguriclub@mac.com

092-566-7171

振込先:福岡銀行・東京支店

普通口座:368976

糸山泰造:イトヤマ タイゾウ

申込みは、必ずメールで行う

<donguriclub@mac.com>

件名:Donglish申し込み

*質問と相談は

件名:Donglish-Q&A

         Donglish-質問

件名:Donglish-相談

としてください。自動振り分けしますので「件名」が異なると届きません。







最終更新日  2020年04月04日 19時25分21秒
2019年11月28日
カテゴリ:カテゴリ未分類

Donglish2020…どんぐり倶楽部の公式Donglish講座 by T.Itoyama

◼️2020年に一度だけ生徒用のDonglish講義…9ヶ月をします。単なる英語学習ではありません。

今までに誰も知らなかった、納得できる英語の理解方法を基本にした日本人に特化した英語マスター方法を使った新しい英語攻略方法です。

◼️対象は、現役の中学生/やり直したい社会人/学校英語で消化不良を起こしている英語の先生達/母国語をきちんと身に付けていて英語をマスターしたいと考えている小学生。

◼️ 9ヶ月で3年間の教科書をマスターするコースです。

◼️準備在籍中学で使用する英語の教科書を2冊ずつ購入して(通常は教科書取扱店で購入)発行年によって変更があるので、2020年に使われる教科書を購入すること。3学年分をどんぐり倶楽部に郵送すること。これをしないと教科書を使用した講義ができません。
今回の対応教科書はsunshine,newhorizon,total,new crownとします。これ以外の教科書については、ご相談ください。

●公共Wifiを使えばいいので、メールができる安い端末を用意して下さい。
お持ちのスマホを共有してもOK.格安デスクトップパソコンを導入してもOK.
●ネット環境さえあればマシンは3000円程度で中古を手に入れられます。
相談に乗ります。お尋ねください。

郵送先811-1356 福岡県福岡市南区花畑2-21-33-105 どんぐり倶楽部*糸山

講義内容

1…教科書全文語句順訳

2…納得英文法Donglish grammarを教科書内でマスターする

3…効果的な英語学習方法の紹介…Dictationの方法

4…英語らしい英語を身につける簡単な方法に紹介…Shadowingの方法

12が講義内容です。34はアドバイスですので、するかしないかは本人次第です。

◼️期間…20204202012の9ヶ月
日本人に特化してありますので、これ以上に納得のいく英語学習はありません。講義録は、受講者ならば、いつでも聴けるようにYoutubeの限定スペースに保管しておきますので、永久に復讐ができます。ただし、視聴権限は本人だけです。現在アップしてあるDonglishももちろん十分使えますが、リアルタイムでの講義は今回が最後になります。今回は、板書専用の画像、先生専用の画像とに種類の動画を見ることができるように録画予定です。著作権の関係で教科書を写すことができませんので、教科書は必需品です。こちらに郵送することもお忘れなく。

◼️資格このコースには資格制限を設けません。日本人ならば(日本語が話せるならば)だれでも受講できます。
-----------------------------------------

■Donglish募集要項:2020.04/20〜2021.02

●受講資格:06-120歳

●受講価格:66000円(分割希望は支払いプランを添えて)※家族単位ですので何人でも同じ。

●開始日時&支払期間:2020.04/20〜2021.02/末

郵送先:連絡先

〒811-1356 福岡県福岡市南区花畑2-21-33-105

どんぐり倶楽部・糸山

donguriclub@mac.com

092-566-7171

郵送先:連絡先

〒811-1356 福岡県福岡市南区花畑2-21-33-105

どんぐり倶楽部・糸山

donguriclub@mac.com

092-566-7171

振込先:福岡銀行・東京支店

普通口座:368976

糸山泰造:イトヤマ タイゾウ

申込みは、必ずメールで行う

<donguriclub@mac.com>

件名:Donglish申し込み

■→受講料6万円+tax=66000円

*分割等も可能とする。支払いプランは自由に決めて2020.08末くらいまでに。

*12歳以上は中学の教科書を使うので、その教科書を送る。ガイドブックでもいい。本文が書いてある、書籍を送ってもらう必要がるのです。著作権の関係です。実際には動画で見るだけですので、送るのは4・5月になってからでも結構ですが、教科書名は必要ですのでお知らせください。

☆中学生、高校生、学校の先生、やり直し組〜〜どの教科書でもいい場合は、手に入るものを送ってください。

小学生は、Pre-Donglishとして、日本語だけの学習方法を講義の最後にコメントします。親子学習としますので学年枠を外します。

<Pre-Don>

*基本的には、動画を見て、語句順訳を書き出す→和訳を自分で考える。

●語句順訳を和訳する。<小1一小3>

●和訳を語句順訳する。<小4--小6>

*上記をノートに書いて写真を撮ってどんぐり倶楽部に送る。

●質問ができるのは2020の今回のDonglish講座だけです。小さな納得いかない部分を聞いて完全に理解しましょう。

この2020の講義が今後のDonglish TEXTになります。

参加して、視聴権利を持っておくだけでも永久に何回でも視聴できますので、先行投資と考えても結構です。料金も同じですので、親子で見て、語句順訳と和訳を完成させて写真を送る。という作業になります。

*Pre-Donの受講をしていない方の希望も多いので、「4月の<Donglish-00>4/20予定」にて、Donglish講義を入れます。受講資格から除外しますので、そのまま申し込んでください。

Donglishは、中学生以上向きですので、保護者はパソコンの操作、メールの取り扱いくらいを手伝う程度の参加になります。大人がやり直し英語として受講する場合は、自分の好きな教科書を選んで使用してください。ただし、実際に中学校で使われている教科書に限定します。

Donglish受講希望者は、中学校で使う教科書の3年間分3冊を自分用に1セット、どんぐり倶楽部用に1セット、が必要です。どんぐり用は、受講開始前に、どんぐり倶楽部に送ってください。名前がわかれば、現物は5月でも(ガイドでもいい)結構です。◉面倒ですが、著作権の関係で、教科書の「購入+郵送」が受講前提になります。

<予定と内容>

4月〜7月+9月〜12月+2月=9ヶ月で教科書3冊の「全文語句順訳」と「納得英文法」をマスターする事になります。2月は、公立高校の入試問題を扱う予定ですので、中3の受講者は受験高校名(公立のみ)を明記しておいてください。

*受験問題は、ネットから落とせる場合は不要ですが、落とせない場合は過去問を送ってもらいます。

<受講形態>

1Youtubeでの動画学習を教科書=テキストとして使う。

2質問をメールする。

質問は録音メールを送付してもいい。

質問を書いて写真に撮って送ってもいい。

件名を「Donglish-Q&A」として<donguriclub@mac.com>に送る。

※質問できる事&志望校の過去問ができることが、Donglish講座の特権である。

3全員のQ&Aを全員が学習する。

質問はテキストに依存しますが、回答はテキストに依存しないからです。

気になる細かな点を質問できる様になる「気配り学習」を身につける。

「質問をする力」を養う事も目標課題の一つである。

どんぐり方式を知らない生徒は、コピー学習からの脱却が最優先課題となる。

4自学用の課題は、Dictation学習となる。

使用テキストの全てを「Dictation」できる様にする事で、自学の仕上げ確認をする。

◉Dictationの方法◉

1ボイスレコーダーに、自分で英文を「超スローテンポ」で読み上げて録音する。

テキスト1ページを1セット1回分とする。

2ボイスレコーダーを再生しながら、英文を書く。ピリオド、大文字なども正確に書く。

書けない文字、思い出せない文字は、その部分を空白にして、最後まで進める。

3空白部分と誤字部分だけのスペル確認と暗記を、イメージフィックス法で覚える。

◉辞書について◉

中1では、カタカナ発音と発音記号の両方が併記してあるものを使い、

中1の間に、発音記号の書き方もマスターする。

中2からは、英英辞典を使えるようにする。電子辞書ではなく書籍がオススメ。

持ち歩かなくていいように、学校用と家庭用に最低でも2冊。

郵送先:連絡先

〒811-1356 福岡県福岡市南区花畑2-21-33-105

どんぐり倶楽部・糸山

donguriclub@mac.com

092-566-7171

振込先:福岡銀行・東京支店

普通口座:368976

糸山泰造:イトヤマ タイゾウ

申込みは、必ずメールで行う

<donguriclub@mac.com>

件名:Donglish申し込み

*質問と相談は

件名:Donglish-Q&A

         Donglish-質問

件名:Donglish-相談

としてください。自動振り分けしますので「件名」が異なると届きません。







最終更新日  2020年04月04日 19時26分27秒
2019年10月18日
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​<最低限のルール>
■クロッキー帳(大)の見開き2ページを使って解答する。
■鉛筆(2B以上)+色鉛筆6色以内を使う。
■絵図の輪郭は濃い色で描く。←<思考=絵図の操作>→輪郭で操作する。
■絵図は描くときではなく、描いたあとで見直す時の再入力時に思考する。
■読むのは1回だけだが、描き直しは何度でもやって、考える絵図に仕上げる。
■考える絵図に描き起こすまでが、思考の前段階。コレがなければ思考には移らない。
■絵図を動かして設問で問われている答えを導き出す。この時の動かす過程を数式で書いたものが算数語での回答になる。(立式)...立式は、絵図があればいつでも変換可能なので、小4くらいまでは、立式はなくてもOK.
■一人でできるようになるまでは、保護者も一緒の時空間の中で保護者は高学年の問題を解く。
*大きく丁寧な絵図を描いて、最後まで絵図だけで解きあげる。丁寧で下手な絵図が望ましい。
*この時の、大人の学習態度がそのままお手本になるのだから、
「ゆっくり、ジックリ、丁寧に」解答する。絵図だけで答えまで導く工夫を怠らないこと。

◉以上、ルールを守ること。進化の速さが全く違います。5年も<どんぐり問題>を解いているのに、クロッキー帳を使っていないなど、もったいない話です。これだけで、進化が何年も遅れます。
不要なルールは描いていません。全て必要なルールばかりを書いています。必ず守って実践すること。
どんなに優れた特効薬でも、容量用法がデタラメでは、絶対に効果は出ません。当たり前です。子供の作品を見て、なにがどう影響しているかの判定ができるのならば、アレンジしても結構ですが、できないのであれば、100%ルールを守ってすること。無理なルールは書いてありません。​

■どんぐり倶楽部・入門

https://www.kurasukoto.com/magazine/special-issue/3266/

■どんぐり書房:テキスト販売専門サイト

https://donguri-shobou.stores.jp

■公式販売サイト

https://nokolabo.jimdo.com







最終更新日  2019年11月05日 16時47分03秒
カテゴリ:カテゴリ未分類
【どんぐり倶楽部...文責:糸山泰造】

●恒例の「クリスマス講義」を開催します。...小学校英語に関心のある人は参加してください。
*無駄な丸暗記英語を強要して英語嫌いに育てたり、文法嫌いの英語ができると勘違いしている勘違い秀才君を育てるか、幼児英語の悪影響を一切受けずに、中学からグングン伸びて自力で学習できるようになる万能力を身につけた子供に育てるのか...その選択が可能になります。まずは、その方法だけでも知っておきましょう。使うか使わないかは、depend on you(Ayuじゃないよ)です。お任せです。

*いつもどおりに(as usual)食事をしながら参加可能です。
*目指すは「一杯飲みながら、リラックス状態で〜」です。
●今年は2019.12/27(金:Fri.)の90分<6:00-7:30p.m.>
*Q&Aに7:45-8:45を使う予定です。英語(Donglish)の質問もOKです。
*参加を希望される方は、残っていてください。

【特別講座】
■基本的には保護者対象←家庭で教科書を使って保護者が教えるための準備学習です

●会員→無料(4年生以上は本人のみの参加も可能)
●非会員は→2000円
●一般参加は→5000円(小6以上でしたら参加可能です)

*今回の使用教科書はSUNSHINEです。(こちらで用意します)
*視聴覚室で行います。
2019.12/27→6:00〜7:30p.m.(90分)+α

◉ちなみに、Donglish制作メンバーには講義ビデオを視聴できるようにします。...大幅に遅れていてすみません。立ち消えになっているわけではありませんので、首を長くして記憶の隅っこに残しておいてください。

□EwE(English without English)...Pre_Don(Pre_Donglish)
=英語を一切使わない英語学習=小学生に中学英語の80%を中学で一気に役立つような形で準備させる方法です。英語は一切使いませんので、幼児英語・早期英語学習の悪影響は一切ありません。

□プレドンは中学英語であるDonglish(ドングリッシュ)の2大構成要素である

●<納得英文法=新釈英文法21=Donglish Grammar>
+
●<語句順訳=Phrase_Order_Translation>
=
●Donglish(TEXTは中学校で使う3冊の教科書)
の<語句順訳>の中の日本語使用部分のみを抽出して、
小学生用にアレンジしたものです。
小1〜小6まで、すべき内容は異なり、学年ごとに学習能力の推移に合わせてがく手できるように設定してあります。
*日本語だけの学習ですので、お遊び感覚で、実務的なことと理論的なことと英文法の理解につながる仕組みを体でマスターできるようになっています。
*中学で英単語を耳にした瞬間に、英語の80%を正確にマスターし、応用もできる自分に気付くように仕組んであります。







最終更新日  2019年10月18日 09時07分29秒
2019年08月13日
カテゴリ:カテゴリ未分類

​どんぐり倶楽部の小学校英語:だれでも中学で英語が得意になる!​



小学校で英語を教えるのは大反対です。


ですが、国策として入ってしまいましたので、対策を取ります。


どんぐり倶楽部は中学部の英語としてDONGLISHを持っています。



DONGLISH=<教科書の全文語句順訳>と<完全納得英文法>という構成で、


既に動画を公開してあります。


教科書は、SUNSHINE/NEW HORAIZON/NEW CROWN/TOTAL

DONGLISH2020...現在進行中(2020.04/20-2021.02/20)では上記に加えてCOLUMBUS21/OneWorldの6種類


で全て学習可能です。全国の公立中学の教科書を網羅しています。

更に、今回、小学部用に、このDONGLISHの語句順訳を小学生用にアレンジして


Pre_DonglishをEwE(English without English)として公開しています。

EwEとは、文字通り英単語を一文字を使わないで、小学生時代に中学英語の80%を完全に


マスターする方法です。なおかつ、英語を一切使いませんので、私が懸念する幼児英語の


悪影響や副作用も一切関係なくなります。

さらには、中学で英語を始めた途端に、誰もが英語大得意になってしまう仕組みを内包していますので、英語嫌いなどという現象も起こりえません。また、どんなに英語の先生が教え方が下手であっても、英語を理解することができる素地を作ってしまいますので、目に見える形で英語が上達します。

文字だけでは、そんな都合のいい学習方法があるとは思えないでしょうから、講義の動画を公開します。

興味のある方は、個別にご連絡ください。

もちろん、学校でも使用料など不要で使えます。

*忙しい人は最後の3分動画だけでもどうぞ。


<150分>


<12分>


<3分:上記の抜粋>







最終更新日  2020年05月05日 11時33分07秒
2019年08月10日
カテゴリ:カテゴリ未分類

糸山 泰造77

【どんぐり倶楽部...文責:糸山泰造】

*最近、EwE(English without English)=Pre_Don(Pre_Donglish)の関係で、よく「小学校時代の英語学習」に関して聞かれる。特に、なぜ、英語を使わせないのか。「言葉なのだから慣れが一番でしょ」という感覚での問い合わせだ。

実は...「言葉・だ・か・ら」重要なのだ。原形回路にセットされてしまうと、国民性に影響を与えることが明白だからである。

今ある、辛うじて残っている、日本という風土が作り出した日本語(特に発音)も含む日本人の国民性を非常に大事に思っているからである。今の国民性が、確実に失われると分かっていること、そして、それは、完璧に簡単に回避できる方法を知っている(作り上げている)からである。

根本的に反対している。言葉だから「ヤバイ」んですよ。現時点から言うと、「日本人ではなくなってしまう」からです。EwE(English without English)=Pre_Don(Pre_Donglish)なら、その心配は一切ありません。

糸山 泰造77

【どんぐり倶楽部...文責:糸山泰造】

面白い(勉強になる)ブログを目にした。

 もう少し「現実とどんぐり」を調べてほしいと思ったので、勝手に記事にしますね。不都合があれば教えてください。削除します。

https://bokumusu.tokyo/archives/283

<引用>

...なぜ12歳までなのかというと、12歳が『思考の臨界期』だから。

『思考の臨界期』ってのはざっくり言うと、脳の中で新しい思考回路網を作れなくなるタイミング。早い子は7歳くらい、遅い子は12歳くらいで新しい思考回路網を作れなくなり、しかもあまり使ってこなかった思考回路は無くなっていくとのこと。なのでこの時期までに反復練習ばっかりやってると、自分の頭で考える思考回路が無くなっちゃいますよーという主張です。

この『思考の臨界期』てのはアメリカの国立衛生研究所の研究で明らかになっている!と記載されているんですけど、ググってみても出てくるのは糸山メソッド関係の情報ばっかり。「シナプスの数とか繋がりについての研究結果を拡大解釈でこじつけてるんじゃないの?」という気がしないでもないです。

子供の思考パターンに本当にそんな性質差が有意に現れるのか、12歳以降のリカバーは不可能なのか、実証実験をしているわけでも無さそうですし。そもそもですね、現実的に考えて日々の生活のうち反復練習にかける時間なんてたかが知れているじゃないですか。反復練習以外の体験の方が圧倒的に多いですよ。そこでも色々と考えながら生きているわけですから、「反復練習してると自分の頭で考えられなくなる」というのはかなり無理筋な意見じゃないかなと感じますね。

起きてる間は反復練習しかしていません、というのならわかりますが。

『思考の臨界期』については懐疑的だワン。<引用終わり>

---------------------------

さて、ざっくり見てみます。

>>『思考の臨界期』ってのはざっくり言うと、脳の中で新しい思考回路網を作れなくなるタイミング。

思考の刈り込みで50%以上の思考回路が削除される時期。この時期の思考回路は二度と作られない。他の種類のものは可能。ざっくり言えないことをざっくり言うのは難しいものです。

>>この時期までに反復練習ばっかりやってると、自分の頭で考える思考回路が無くなっちゃいますよーという主張

ざっくりしすぎて、結果的に間違っています。削除期間に、思考回路の削除対象を選択します。その時の選択基準に「よく使っている回路が重要と考えられて、そちらを残して他方を削除する」という基準(Use it or lose it)があるので、この期間中に、単純作業的なことをしていると、そちらが残されて複雑回路の本当は重要な方が削除対象になる。これを回避するには、両方するのではなくて、単純思考回路が削除判定基準にならないように「使用しないこと」が重要だということ。

>>ググってみても出てくるのは糸山メソッド関係の情報ばっかり。

synaptic pruning」だけで検索しても盛りだくさんに出てきます。

熊本大学学術リポジトリKumamoto University Repository System

小児心因性難聴患者のVoxel-Based Morphometryによる脳形態解析<木下, 澄仁>

https://core.ac.uk/download/pdf/57733672.pdf

Youtubeで見ることができる、刈り込みの動画>2018.03/26公開

https://youtu.be/iniEdcoLXr8

ミクログリア(赤)は軽度の糸状仮足(緑)を「かじる」、発達中のニューロンの樹状突起上に主に見られる膜状突起。2018326日に公開されたWeinhardらのビデオ、Nature Communications、「シナプス前部膠細胞増多症および脊椎頭部糸状仮足誘導によるミクログリアリモデリングシナプス」

<英語>

https://en.wikipedia.org/wiki/Synaptic_pruning

https://bsd.neuroinf.jp/wiki/シナプス刈り込み

https://www.healthline.com/health/synaptic-pruning

https://www.dana.org/News/Nibbling_on_Neurons/

https://science.sciencemag.org/content/…/6048/1456.full.html

<検索にage12を加算>

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3722610/

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3621648/

<オススメ:日本語>

https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.1…/SEIKAGAKU.2016.880621/…/

<少し古い:部位によって成熟度が異なる>

https://www.jst.go.jp/pr/announce/20090311/index.html

<個人ブログ>

https://mathkid.exblog.jp/17332957/

https://blog.goo.ne.jp/y…/e/c67b6c246e61f864682ef652f3de9911

https://yumemana.com/labs/brain-imaging_of_asd-adhd/

https://www.riken.jp/pr/press/2010/20100127/

https://www.ibmjapankenpo.jp/i-support/stress/…/k03_2_1.html

https://www.nips.ac.jp/…/media/publication/140201_report.pdf

>>12歳以降のリカバーは不可能なのか

と書かれていますが、気持ちはわかります。ですが事実です。もっとキチンと調べてほしいと思います。

様々な刈り込み(pruning)情報はsynaptic pruning で見つけられます。DNA (遺伝的に組み込まれている進化形態)な進化ですので、人類は全て同じです。作られる回路の質 (配置される場所も異なると考えられますが、そこまでは不明)が異なるのです。成長期に育つものは一生モノばかりですから。

*植物で双葉が出るのは最初の一回だけ。と同じ重要な意味を持っています。植物では、その後の葉は、本葉になります。どちらも葉ですが、役割が異なりますし、双葉がなければ、その後の成長はあり得ません。

「リカバーは不可能?」

「代わりのものならできますが、同じものはできません」から、正確に書くと「一生で一度だけ」です。双葉は二度と出てこない。成長期は一生に一度だけ。で、その時に作られる思考回路網は一生のベースになるもので特別仕立てなのです。乳脳から永久脳に変質する脳の仕組みの変換点でできるものです。...などなど。

>>「シナプスの数とか繋がりについての研究結果を拡大解釈でこじつけてるんじゃないの?」という気がしないでもない

最も確実な方法であり、思考の場の思考回路そのものの数や成長段階が映像で分かるのですから、これ以上の証明方法はありません。このことに気づいている人がいます。門脇氏です。門脇氏がやりたいと明言していることを、「どんぐり理論」では既に証明の一部として使っており、実際に、その成果を理論に応用し、実際の学習にも使い証明しています。

それが、「どんぐり理論」です。1985年頃から考え始め、実証実験も含めて2000年には完成させた理論です。発表は、文書では2002年発行の「絶対学力:文藝春秋社刊」になります。Web上ではもっと早い時期に公開しています。

<門脇氏の筑波学院大の論文>

https://www.tsukuba-g.ac.jp/libr…/kiyou/2006/02.KADOWAKI.pdf

筑波学院大学紀要第1p.15-27[門脇厚司]2006

社会力の構成要素と学力との 関連性に関する試論〜東海村「テレビ視聴と生活態度に 関する調査」の結果分析をもとに〜

<引用:結び部分>

...脳科学研究のこれまでの研究成果を総合すれば、高度な社会的知能がそのまま高い知的知能でもあることを説明する理論を構築するのはさほど難しいことではない。しかし、学力一辺倒に堕しているわが国の今日の教育状況を一変させるには、ただ理屈(理論)を言うだけでなく、脳の高い社会的 知能が高度な知的機能を発揮していることを、

例えば、(磁気共鳴画像撮影法fMRI)を用いた実験を行うことによって脳の働きの動かぬ証拠写真を撮り、それを突きつけることで教育関係者に有無を言わせず納得させる必要がある、ということである。【ピッタリ、どんぐり理論で実証済み】

筆者は、現在、産業技術総合研究所の「脳科学と教育」 研究プロジェクトチーム(代表:仁木和久氏) の共同研究者の一員でもある。こうした立場 を活かして上記のような実験研究を実行し画期的な成果をあげ、わが国の教育状況を一新することに貢献したいと考えていることを開陳し本論の結びとしたい。

「はい!はい!...もう既に証明済みで稼働中!」

>>現実的に考えて日々の生活のうち反復練習にかける時間なんてたかが知れている

学校にいる時間は全て反復ですね。...8時間...たかが知れてる...???です。それどころか、「考える時間」など一切ない生活が現状の生活です。

>>そこでも色々と考えながら生きている

なら、みんなが秀才 (考えられる頭)になっているはずですね。現実は、全く反対です。つまり、「単純作業的思考」しか日常にはないということです。

>>起きてる間は反復練習しかしていません、というのならわかりますが。

はい、その通りです。その程度の生活しかしていないから、今の日本全国に広がっている学力低下が蔓延しているのです。

>>というのならわかります

本来は、ここで、自分の生活や、子供達の生活を見直して「考えない日常」にどっぷり使っているのだな。と判断すべきところなのですが、「考える」レベルが、反射的かそうでないかくらいの所で止まっているので、同じ現実を目にしても「見ているものが違って見える」のかもしれませんね。残念です。

糸山 泰造76

【どんぐり倶楽部...文責:糸山泰造】

正しい感覚...子育てで、これがないと致命傷を負わせる。

「子育てと教育の大原則」...版権が戻ったら公開したいのですが、今の所、Amazonで中古を購入してください。

https://www.amazon.co.jp/子育てと教育の大原則-糸山-泰造/dp/4767804639

ある日、 長男の 算数のテストの見直しをしていた 時のことです。

『りんごが3個、 みかんが2 合わせていくつですか?』

という問題でした。

長男は りんごの3個からみかんの2個を引いて、 答えは1と書いていました。

すぐに なぜ間違えたのかわかりました

問題集では『 足すといくつですか?』 と聞かれていたのに『 合わせていくつですか?』と 違う表現で聞かれ、 分からなかったのです。

その時 、何かが根本的に間違っていると思いました。

胸の奥がゾワゾワしました。

今の勉強方法で 問題ない。 問題ないはず。

でも、 何か大事なものが 私には見えていないような気がしました。

人生で分からないことがあった時、 私はやはり本屋さんへ向かうのです。

学習についての本を いくつか読んでいきました。

その中に糸山泰造先生の『 子育てと教育の大原則』という本がありました。

この本を読んだ時、 生まれて初めて 雷が落ちるという経験をしました。

https://ameblo.jp/yrs0610/entry-12445137999.html

糸山 泰造76

memo...重要...

2019年のどんぐり鴨鍋meetingで話題とした、社会化が、21世紀の教育界では最優先課題になるが、どんぐり倶楽部では、既に検討を終えており、検証も済んで解決策も道筋も示してある。

___________

「社会力」の育成こそ急務

https://www.shinko-keirin.co.jp/keirink…/csken/pdf/58_01.pdf

「子どもの体験と遊び」

https://www.niye.go.jp/kikaku_houko…/…/project/269/269_2.pdf

「社会力をなくした子どもたち」

https://www.jcca.or.jp/kaishi/244/244_toku8.pdf

門脇厚司氏(筑波学院大学学長)の言葉

〜なぜ,今こそ「社会力」なのか〜【*は糸山注】

もっと重要と考えている理由は他にある。その中の主たるものは2つである。

まず1つ目は,

社会力を育てることが学力向上にストレートにつながる

【*これは真逆の現象である。学力低下→社会力の低下:具体的には原形思考回路の欠落=社会力の欠落】

からである。

日本の子どもたちの学力が低下したのは,文部科学省が「ゆとり教育」を推し進めたからだといった説がまことしやかに流布され,「そうだ」と思い込んでいる親たちや教師が少なくないが,学力低下の原因がそんなところにあったわけではない。

【*もちろんである。原因は外遊びを筆頭にした自然から得られていた原形思考回路の未成熟→原形思考回路の欠落】

最近は,不規則な生活や睡眠不足,変則的な食事や偏食など日常生活の乱れが学力低下の原因ということで,「早寝,早起き,朝ご飯」運動が展開されている。このほうが,「ゆとり教育」批判より的を射てはいるが,学力を低下させた本当の理由は340年も前から進んでいた社会力の衰弱にあることに気づかなければならない。

どういうことか。いずれ詳しく説明した一書をなすつもりであるが,社会力の衰弱,すなわち,多様な他者とよき関係を構築する能力の低下が脳の機能の低下をもたらし,低下した脳が学習意欲の低下を含む達成意欲の低下をもたらし,学習意欲の低下が学力の低下をもたらした,ということである。

【*これでは分からない。上述の通りである。】

人間は社会的動物であることを運命づけられた生物であるが,その社会的動物として備えているべき資質能力,すなわち私の言う社会力の低下ないし衰弱が遂に脳の機能にまで影響を及ぼすに至り,向上心や知的好奇心を衰えさせ,学習意欲の低下となって現れ,そうした結果として学力の低下となって表面化したということである。

【上述の通りである。】

このような結論だけ言われてもなかなか納得してもらえないことだとは思うが,社会力と脳機能と学力の関連性については,近年進展著しい脳科学の研究成果や脳の構造や機能を調べるために開発された機器を使った実験によって確認し証明することはさほど難しいことではなく,社会学が構築してきた諸理論によっても説得的に説明できることである。 そうした作業をいずれなすつもりでいることは先に述べたところであるが,今は,結論だけ頭に入れておいていただくしかない。

【*どんぐり倶楽部では脳の部分別成熟と思考回路養成についても証明済みである。シナプスプルーニングとfMRIによる説明。】

私が「社会力の育成こそ急務である」という2つ目の理由は,社会力を培い育てることが,能力格差および階層格差に伴う社会的に厄介な諸問題を解決するための決め手になると考えているからである。

【*証明も検証も終わっており、理論も実践記録も公開済みである。「どんぐり理論」「言葉のトリガー理論」など】

これまた,最近になって,階層格差や学力格差が広がり固定化していると喧伝されているが,階層格差や学力格差の広がりと固定化が進んだのも最近のことではない。すでに30年以上も前に進んでおり確認されていたことである。私の著書でも何度か紹介してきたことであるが,朝日新聞の佐田智子記者が1983年に出版した『新・身分社会』(太郎次郎社)の中で,ずばり「いまや日本の教育制度は,社会的不平等を是正するどころか,さらに拡大再生産する方向に向かって猛然と突っ走っている。...貧乏人の子は,教育を受けることでさらに貧乏になり,金持ちの子はさらに金持ちになる。その構図が,すでにできあがっている」と言い切っている。念を押すが,佐田氏がこう言い切っていたのは23年前のことであり,そのような事態が進んでいたのは30年も前の1970年代後半のことである。 このような事態が進んでいるとして,教育学者や教育者は,このような重大な事態にどう対応するか。どのような教育を実行に移すことによって,このような厄介な事態を乗り越えていくか。この問題に答えることが,以来,研究者としての私の研究課題の中核を占めることになった。そして,出した1つの答えが「社会力をしっかりと育てること」であった。

【*もっと具体的に理論と具体策を出さなければ修正できない。】

この後で、門脇氏が進めていることは、遊びの強化(プレイリーダーの養成など)である。

 以上の門脇氏の論考は非常に大事なことである。また、1980年代までなら多少の差はあれ環境の中に含まれていたが、現代日本では、この重要な自然の中から獲得するしかない原形思考回路作りの具体策が外遊びのお膳立てである。

 従って、外遊びの強化=原形思考回路養成は、学校教育(整理学習をする場所)を活用できるようにする最善策にもなる。しかしながら、現状はさらなる改善策を要求している。

 それは、<携帯ゲーム>と<お粗末3点セットの宿題>に代表される徹底した強力な「考えない習慣」の浸透が、原形思考回路の作成の邪魔をし、安易な受験勉強の1形態である最悪の学習方式=コピー学習を「思考力養成ができる」と勘違いしていることが原因となっている。

キーワードは

「毎日の外遊び」...毎日2時間の外遊びで原形思考回路の作成可能。(1970年台には可能だった:外遊びの減少とともに学力低下)

「携帯ゲームの回避」...主体的に関わるので、テレビとは比べ物にならない( 思考回路作成の)悪影響を与える。

「宿題の内容吟味(考えない宿題はしない)...思考力作成と一緒にしていても、回路削除期間の判定基準になってしまうので危険。

シナプスプルーニング (エネルギーの効率化のために12歳を最終段階として思考回路網の剪定=思考回路の削除)が行われる。

「思考回路養成問題 (物語性のある複雑な算数の文章問題が最適)」を取り入れて、目に見える形 (絵図を描いて絵図で考える方法)で思考回路養成をし、12歳までに絶対学力を育て終え、自学自習を可能にする。

目に見える形の学習=視考力を活用した思考回路養成は、12歳までに高度な思考回路養成を可能にする唯一の方法である。なぜならば、「言葉」を自在に操ることができない(読解力が低いことも意味する)児童が、高度な思考回路を養成するには、言葉に頼らない思考方法を採用する以外にはない。また、言葉によらない思考とは、実は人間本来の思考方法である絵図で考えることなので、誰もが持っている得意技なので、誰もが直ぐに実践できる。更に良いことには、絵図で考えると、教える必要が一切なくなる。というのも、考える材料となる、絵図を目にしていると、それだけで目が自動的に様々な動きを操作してくれるのである。そして、この絵図の操作が実は「思考」そのものなのである。従って、子供達は、複雑な文章問題を絵図化することだけに力を注ぎ、後は、その絵を見て、答えを探し出すことに専念するだけで思考力養成が可能になるのだ。これらの理論、実践の記録、成果は全て既に公開されてあり、誰でも参照することができる状態にある。テキストとなる算数の文章問題も、各学年100題ずつが年長さんから小6まで全700題が用意されている。これだけで、十分に高度な思考力養成が可能である。具体的には、週に2問の問題を完全ノーヒントでコンスタントに解けるようになって3年位で、難関中学の入試問題を完全ノーヒントで自力で解くくらいの学力が育つ。

大きなポイントは、12歳までの思考回路養成期間中は、単純作業的な学習(考えない学習習慣を育てる)を極力しないことである。この考えない習慣は、考える習慣の養成を妨害するからである。具体的には、単純回路と複雑回路がシナプスプルーニング期間に天秤にかけられると、脳は日常的によく使う方を重要だと判断して、日常的に使っている回路を残して他の回路を削除してしまうからである。脳内細胞のレベルで書くならば、5本の回路選択肢がある場合4本を削り取り、1本だけを残すのが剪定期間なのだ。その時期が712歳なのだ。つまり、小学校時代には、極力単純作業的学習をしないで複雑な文章問題を絵図で解くことが思考力養成のポイントなのだ。

1.■第二次ベビーブームによる受験戦争を原因とする学習方法の悪質化

考える学習が一切なくなり全てがコピー学習になった。+遊びの変質

2.■外遊びの消滅による「原形思考回路」の欠落

3.■学校の整理学習を理解できない(会話が成り立たない場合もある)原形思考回路の欠落が原因

4.■学校での整理学習を含めた基礎学力の消滅

5.■従来型の自然な教育環境に依存していた学習方法では思考力養成は不可能になった。また、21世紀の日本の需要の質を考えると、高度なオリジナルの思考回路を持った子供達の育成が必須である。

6.■上記を可能にする唯一の方法が下記である。

a.0〜5歳:感味力の保育を再優先課題とする幼児教育

=させない幼児教育(不自然なことはさせない)日常の言葉を感じ味わう

+毎日の外遊び

b.5〜6歳:Golden_Age:言葉から視覚イメージの再現・操作に移行できる<視考力>を育てる。ここで、意識的に言葉と絵図のリンクを作ることができると、この後の思考力養成は一気に楽になります。そのために<どんぐり問題>は年長さんから(5歳から)できるように0MXが用意されているのです。700題の中でも最もよく考えられている100題です。

思考回路は言葉ではなく視覚イメージで作られている「言葉のトリガー理論」

ココが抜けていると「高度な思考力養成」が圧倒的に難しくなる。できるが、進化速度が遅くなる。さらに、この時期を、感情教育だけの片輪走行で過ごすと非常にバランスの悪い子供になる。感情過多 (敏感すぎて生き辛い)と柔らかく表現されてしまうので、悪いことではないかのように勘違いする保護者が多いが、明らかに弱点である。キッチリ「視考力」とまでは行かないまでも、感情過多になることを防ぎ、バランスの良いストレスは必要となる。また、小学校でのストレス性カルチャーショックにも十分に準備しておく。予習ではなく準備学習をしておく。ココの一年は大人の十年分の価値がある。文字を教えないなどという軽い迂回路を作る程度では非常にもったいない時期である。

c.6〜9歳:思考回路作成問題「どんぐり問題」を利用して、視考力を活用した思考回路養成を徹底した具象思考で行う。絵図だけで考える=どんな難問でも自力で完全ノーヒントで解ける。どんぐり倶楽部では、実践例の写真が何万点も公開してある。家庭学習で可能だが、教室での体験も可能。WebSiteでも公開してある。(本来の目的が小学校の先生のサポートHPである)

d.9〜12歳:仕上げの時期:思考の忍耐力と人間的な判断力を育て上げる。

仕上げの重要な時期なので、コピー学習をせざるを得ない(過去問分析に基づく解法の理解と類題の学習をさせることになる)中学受験は非常に危険な学習となる。

唯一の回避策は、コピー学習をしても、その回路を換骨奪胎して消化できる本当のオリジナルの思考回路網を力強く作り上げておくことである。

e.以上のことは、<どんぐり問題>を週に二問だけ完全消化するだけで達成できる。

f.「どんぐり理論」による学習は、軌道に乗れば、3年程度でオリジナルの思考回路が作り上げられることが分かっている。問題は年長さん(5)から小6まで各100問、全部で700問からなる、算数の文章問題である。

www.shinko-keirin.co.jp

糸山 泰造75定期掲載記事糸山 泰造201875

12歳までに「絶対学力」を育てる学習法:糸山泰造著・草思社

計算のように、純粋な思考の一部であることについては、無意識にできることに意味はありませんし、成長過程の脳にはむしろ悪影響が大きい。単純思考は複雑思考を抑制する作用がある。とくに小学校低学年というのは、一生に一度しかない、貴重な脳内進化の時期。計算にかんしては、幼児・児童期にはスピードよりも、心地よい一定のテンポで数少ない良質の計算練習をするのが、健康で賢い脳の育て方なのです。あらゆる学習において大事で効果的なこととは、「表層に記憶しつづけること」ではなく、「(自然に簡単に)深層に記憶したものを、いかにして思い出す(ひっぱり出す)か」なのです。成熟した脳・永久脳にとっては娯楽でありうるものでも、未熟な脳・乳脳には強力な洗脳材料となってしまうのです。判断力が育っていない子どもに悪い例を見せると、悪い例の「悪い」がなくなって、ひとつの「例」として保存されてしまいます。少なくとも小3〜4までは、テレビのニュースは見せないと決めたほうがいいでしょう。もっとも注意すべきは、「考えない学習はさせない」ということなのです。くれぐれも「時間があるから子どもに何かをさせよう」とは思わないでください。知識の集積は思考回路の作成が終わってからでないと、効果がないどころか、誤った自信を生むこともあるので要注意です。

音読・暗誦などよりも、小3までの「読み聞かせ」のほうが格段に重要であることは言うまでもありません。視覚イメージの再現を意識的にさせることが、絶対基礎学力の養成になるのです。

*「子育てと教育の大原則」が高価すぎますので、コチラをお勧めしますね。

*「思考の臨界期」は、e-BOOKなら無料(期間限定ですが)ですよ。

糸山 泰造72

【どんぐり倶楽部...文責:糸山泰造】

Pre_DON...Staff...ひとつきズレます。のんびり待っててね。明治時代(M18年発行第一リードル独案内)のテキストが手に入ったので、その資料も送る予定です。

糸山 泰造625

【どんぐり倶楽部...文責:糸山泰造】...再掲載(原本不明)

音に敏感な時期

何のための時期?

言語(母語)の獲得のため
=
母語以外の余計なことをさせると、
 母語獲得のために一時的に敏感になっている
 脳機能の目的そのものをすり替えてしまうので、異常な成長を促進することになる。
<明白な勘違い>
ピアノ、リトミック、外国語、その他人工的な不自然なものの習得(できる)を目指した活動全般。
自分の子供は、普通の子供の2倍も3倍も能力に余裕があるので、余計なことをさせても大丈夫であり、本人も喜んでやっているから、悪影響はない。とでも、思っているのであれば、調べてもらった方がいい。どれくらいの余裕 があるのかを。どんぐり倶楽部の「頭の健康診断」で十分です。
その場でわかります。
確認:ピアノの音階や外国語の音声を聞き分けるために敏感期が作られているわけではない。限られたエネルギーを、緻密にやりくりして、母語マスターにのみ特化させることで、幼くても言葉をマスターできるように遺伝的に、成熟順番に沿ったエネルギー配分コントロールを仕組まれているのに、その遺伝的な自然な成長手順を妨害してまで、すべ きことはなにもない。していることは、全てが「すべきでないこと」である。

関連Index:「2才児神話・3才児神話」と呼ばれる「暗記能力の期間限定的優越性」は、理論思考の原初的な基盤 である、原形思考回路のモデルを書き出さずに、頭の中だけで(天才たちがすることと全く同じことを)するための、 獲得支援機能の一時的な進化である。

関連Index3歳以前の記憶が定かでない原因は「3歳時前後に起こる、第一次シナプスプルーニング」にある。自己確立を可能にする(しなければならなくなる)原因は「12歳前後に起こる、第二次シナプスプルーニング」にある。 多少のストレスや刺激(他人の考え)が入ってきても、オリジナルの思考回路網が頑丈に強化されているので、大丈夫なのだ。しかし、逆に、大丈夫なように強化しておかなければならないのが、12歳前後の仕上げの時期ということである。

関連Index:<危険な宿題=お粗末3点セット>を<お見事3点セット>に変える方法 

1.漢字→image-fix(イメージフィックス法

2.計算→これだけ算数

3.教科書音読→どんぐり問題・思考力養成 

ex)計算練習と言える計算式は下記のような混合計算のみで、1週間に1問が最適。

関連Index:「デンタくん」...宿題の悪影響回避

2013-12-20(

 今日、冬休みの宿題が渡されました。ふゆのワーク(国語10ページ、算数10ページ) ふゆプリント(全て計算問題50*5)視写(1)読書(5) 作文2日分だいたい想像していた範囲内でした。ほとんどがマシーンの冬休みのレクリエーションです。まさかこの年になっても宿題をするとは思わなかったよ。あと5年か。頑張らなくては。

 ところで今日娘が学校から持って帰ってきた、算数の100問テストです。右上に<705>と書かれてあるのは、75秒のことらしい。先生がタイムを測っていて、全問できたときの時間を書 かないといけないそうです。全部頭の中のデンタくんでやったよ、って言ってましたが、こんなにたくさんあって本当にデンタ君をきちんと使えてたのか心配。ただ、タイムを測られている割には自分のペースでできたようです。ちなみにクラスで一番速かった子は223秒だったそう。娘以外のクラスの子供たちは、速いのがすごいと思っているようです。しかし、100問もあるのによく1問も間違えなかったなあ。マシーンなんか、20問の計算の宿題ですら1問間違えることがあるのにね。

計算プリント...酷いものですね。繊細な思考回路は、これだけでもズタズタにされてしまう。繊細なものは鈍感で単純なものには簡単に負けてしまう。同居させてはいけない理由である。「デンタくん」は、この悲劇を回避することができる唯一のワクチンです。使ってください。

>全部頭の中のデンタくんでやったよ

この学年だとどんな感じで見えるんでしょう。

 何月生まれでしょう。小1でも十分安定しているのですねぇ。自分が小学校の時には、まだ、「デンタくん」も「三角視算表」も発明されていないので、実感がないのですが、年齢に反して、短時間のものなら鮮明なのかもしれませんねぇ。2号も使えるんですねぇ。3号とかやらないでね。

2013/12/21() 17:45 | BEONくんへ

こんにちは。コメントありがとうございます。娘は平成192月生まれ、早生まれです。家では、 

計算は紙に書いたデンタ君をクリアファイルで挟み、ホワイトボード用マーカーで色を塗る

それを頭の中のデンタ君で同じイメージをする、という方法でやっています。

デンタ君1 2号と進みました。 

例えば7+8なら、頭の中のデンタ君2号で左10本指の7本と、右10本指の8本に色を塗っているそうです。

 これで 上側にある両手(5本右5)10本と、下側にある左2本、右3本で5本とわかり15 11-6なら、2号の 10本指の10本と、右10本指の1本に色を塗り、上側にある左手5本と右手1本を消して、下側左手5本が残って「5」とやっているようです。

1号も2号も最初は頭の中のデンタ君のイメージがなかなか浮かばず、答えを出すのに ものすご〜く時間がかかっていました。ですが、根気よく毎日2題ずつ丁寧にやっていたら、ある日突然イメージがすんなり浮かぶようになったと言っていました。確かにその頃から計算が少し速くなりました。娘の自己申告なので、本当にそのように頭の中で浮かんでいるのか、はっきり確認はできないのですが。今まで宿題の計算カードは一切やらせませんでした。どんぐり倶楽部に出会えて本当によかったです! ありがとうございます。

2013/12/22() 01:53

>今まで宿題の計算カードは一切やらせませんでした。

理想的です。

100問テスト→100 

◉日本全国で、「デンタくん」をするだけでも、教育革命が起こるんですけどねぇ。

◉「ある日突然」→小脳に思考回路がコピーされて使えるようになったからです。

ネクストステージ理論にあるように、進化するときにはステージごとガクンと上がる(進化する)のです。







最終更新日  2019年08月10日 12時41分10秒
カテゴリ:カテゴリ未分類

糸山 泰造716 10:32

【どんぐり倶楽部...文責:糸山泰造】

どんぐり倶楽部のテキストは秀逸なものばかりです。

例えば小6までに必要な計算関連の学習に必要十分なテキスト「これだけ算数・計算編」ですが、「簡単に説明を〜」と言われても、私には、それだけのエネルギーがありませんので<検索>して見つけてください。必ず、UPしてあります。

で、お気に召したら購入してください。スマホしかないのに

ファイルだけを購入するのは、危険です。まず、容量の問題でDL(ダウンロード)できない可能性もあります。DL(ダウンロード)ファイルは、便利ですがPC用です。

高機能なスマホで、圧縮ファイルzipを解凍してPDFファイルをコンビニでプリントすることができる人ならばスマホだけでもOKですが、PCのない方は、印刷物があるものに関しては印刷されたものを注文してください。印刷代がかかりますので値段が違います。注文変更される場合は差額と送料をいただきます。または、印刷不可のものもありますのでメールにてご確認ください。

「これだけ算数・計算編」のページごとの目次がありましたので掲載しておきます。数字の読み方(5歳〜)から、複合計算(小6)まであります。

「これだけ算数・計算編」

糸山 泰造715 13:32

【どんぐり倶楽部...文責:糸山泰造】

期間限定定期掲載

「どんぐり問題」を全てルールに従って丁寧に解いて卒業した子供の大切な作品の一部を公開します。386ページありますので、全容がわかるでしょう。

最後のEX問題(難関中学入試問題)は、他の子供達の作品も含んでいます。どんぐり式がどういう学習方法で、どういう力を育てるのかが分かる資料となるでしょう。

https://www.dropbox.com/s/cqd9z9pi2buf7nz/DONGURI_OTEHON.pdf?dl=0&fbclid=IwAR1W9ct0-Au0-udttKQxTmamdXaEnbW48zdYf_rL94L8eU97zeei0fSaotA

糸山 泰造715 11:17

https://donguru.info/vygotsky-how-to-teach-letters/

上記の「どんぐり教室 in ルクセンブルグ」記事の紹介+α

M.モンテッソーリへのヴィゴツキーの警告

「文字指導はいつから始めるべきか」について論究した論文の中で、ヴィゴツキーは、イタリアの有名な幼児教育の実践家、M.モンテッソーリの行っている文字指導について言及しています。

モンテッソーリは、彼女の幼稚園の子どもたちに4歳から文字を描くことを教えました。

その方法は、

「いろいろな細い線を描く練習をいっぱいやりながら〜」ということは、

「文字を書く前に線を描く準備をしながら、それを文字書きへと一挙にもっていく」

 というやり方でした。

実際こういう練習をしたあと、4歳児で1

か月半で文字を書くことが出来た子どもも出てきました。

モンテッソーリは、読む前に描くことを教えることによって、まず文字を書けるようになり、同時に読めるようにもなるという独特の指導方法を開発したわけです。

ところが、ヴィゴツキーは、モンテッソーリが4,5歳の子どもにも文字の読み書きを教えることが可能だという事を示した点では評価できても、その指導の内容には大いに問題があると批判しました。

 ヴィゴツキーはその例として、モンテッソーリの幼稚園の子どもたちの作文を紹介しています。

「私たちは、タラニー牧師さんとモンテッソーリ園長さんに復活祭のお祝いを言います。」

「校長先生、先生、それからモンテッソーリ博士のしあわせをいのります。」

これらは明らかに教師によって示唆されたきまり文句のような文章です。子どもの心から自然と湧いてきた表現とはとても思えません。

ヴィゴツキーは、その点を問題にして、

「私は、就学前における読み書き教育の可能性を否定はしない。私は、読み書きがすでにできるようになった子供が学校へ入学するのが望ましいことだとさえ考えている。しかし、その時は、読み書きが子どもに何かで必要となるように授業を構成しなければならない。もしそれが、目上の人に対するおきまりの挨拶や手あたり次第のそれも明らかに教師によって示唆されたことばを書くためだけに用いられるようであれば、読み書きの仕事が純粋に機械的な手段となってしまい、子どもをすぐにあきさせ、子供の積極性がそこで発揮されず、元気をとりもどした子供人格が成長することもないだろうということは、明らかである。」と述べています。

 そして、「子どもに書き言葉への欲求が熟し、書き言葉が子どもにとって必要となる以前に、子供に書き方のテクニックが与えられるという意味では、6歳あるいは8歳ですら文字を教えることは時期尚早である。綴り字は、子供にとって生活上どうしても必要な課題の中に含まれなければならない、その時に初めて我々は、綴り字が手や指の習慣としてではなく、実際に新しい複雑なコトバとして子どもの中で発達していく事を確信することが出来る。」と記している。

(ヴィゴツキー『子供の知的発達と教授』明治図書)

 ヴィゴツキーは、子供のなかに文字を切実に必要とするような気持ちが育っていないのに、読み書きのテクニックだけが教えられても、それによって子どもの人間性が新しく開発されていくようなことには全くならず、かえって逆に、書くことをつまらないことに感じさせたり、そこで想像性を発揮してその子らしい表現を生むことから疎外させてしまったりしてしまう。だから、一番大事なことは、子供に文字(書き言葉)を使いこなす欲求を育てる事であり、それが育っていない場合は何歳であっても文字指導を始めてはダメだと言っているのです。

 文字指導の開始期は年齢で決まるのではなく、その子に文字を使って何かを読んでみたい、書いてみたいという意欲がある程度育っているかどうかで決まる、というのがヴィゴツキーの提言であり、モンテッソーリはそこを無視しているという訳です。これは、文字指導の在り方を考える時の極めて分かり易い視点であり教訓であるということが出来るのではないでしょうか。

4歳で文字を書けること」は意味がないどころか、マイナス学習の弊害を生む。書けるから、書くとマイナスになる状態でも書きたくなる。書けないと自己評価を落とす。気にする必要は一切ないことなのに、書けないことによる周囲の評価を勝手に気にする。マイナス妄想する。自身になるという人がいる。ところが、その自信は、どんぐり倶楽部では有名な、持たせてはいけない「ガラスの自信」である。完璧主義と同様に、マイナスの項目の筆頭に挙げられるものである。

絵図が描けるのだから、文字も書けるのは当たり前である。しかしながら、細かい指先のコントロールを要求される作業はストレスが多くなりマイナスである。さらには、文字がかけるようになったことへの評価・判断に対する「本人の反応」は、奥深いマイナスの根源を作り出す。モンテは、これらのことを考慮しない。「できる」が喜びに繋がり自信に繋がり好循環を生むと信じている。あれだけの観察眼がありながらも、こんな基本的な危険に気づかないのは自分の子供の乳幼児期を過ごしていないからだと推測する。

「言葉を自在に操れる=自分の言葉を自信とともに身につけて、更に表現したいことが頭の中に溢れている時」にだけ「書くこと」はプラス学習になる。

本来ならば、文字指導は、手先指先のコントロールが自在にできるようになる小2-3(7-8)あたりが最適な時期。何も困ることがないのだから、文字指導の開始時期を小2に統一すれば、マイナス学習の温床となっている就学準備学習なんていう危険なGolden Ageの過ごし方はしないようになるだろう。

https://donguru.info/vygotsky-how-to-teach-letters/?fbclid=IwAR3dM7AicfuEN2ZmDAkT4ahzzn_wP-elvxMGu_05xyrp_srBmWogOCelH_8

糸山 泰造715 10:59

マンションの庭にあるオジギソウの動画を披露します。葉だけではなく、枝の根元からお辞儀するんですね。

糸山 泰造さんは福岡市にいます。715 10:58

【どんぐり倶楽部...文責:糸山泰造】

*自宅マンションの庭には、様々な花と野菜がある。

*私としては、白いちじくが狙い所だが、現在は、まだ大きな葉っぱしか見当たらない。毎年楽しませてくれるので、これからが楽しみです。

今日は、花の中では、異色の「オジギソウ」が花を咲かせていたので披露します。枝と葉は触ると、例によって、お辞儀をしてくれますが、しげしげと花を鑑賞したことはありませんでした。小さな紫の花火のような仕様です。

糸山 泰造713 22:56

【どんぐり倶楽部...文責:糸山泰造】

◉添削した作品をお見せしますね。

糸山 泰造79

夏に掲載...進化の夏〜〜〜ですよ。







最終更新日  2019年08月10日 12時40分33秒

全1164件 (1164件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.