2793920 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レオンくんがご案内します〜誰でもどこでも思考力養成ができます〜

2010年06月25日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
※今日は早朝からサッカー観戦をしていましたので、早い時間のUPになりました。SAMURAI-JAPAN...World-Cup決勝T進出!(3点目のアシストGoodでした)
...............................
●2019.08.23■未来地域2019年TCTテスト
 前にも紹介したが、未来地域の6.7.8年(日本の小6、中1、中2にあたる)の学年末に実施される全国統一のTCTテスト(実力テスト)は、小学生の親の恐怖の的になっている。
 最初の年のテストの成績も、高校入試の持ち点になるからだ。配点は国語である未来地域語と数学が高い。最近では小学生から塾に行く子供も増えた。近所の未来地域人ママは、「学校は基礎しか教えない。学校の授業だけではTCT得点できない」という。
 しかし、UFOママは信じられなかった。私学入試ならともかく、教育省がやる実力テストが、どうしてそんなに難しいのか。教科書の内容から大きく逸脱しているとは思えない。7月、今年度の問題が発表されたので、初めて見てみた。6年用をプリントして、数学を実際やってみる。全部で16問で、計算問題はない。答えは4択である。全員得点するように設定されていると思われる簡単問題が4問。残る12問を、あてずっぽうに答えたとしても、確率から言って3問程度当たるはず。最低7問はとれるしくみと言える。全体的に、難問は見当たらない。比を使って解く問題と、割合の問題が少し複雑なだけ。一次方程式は基礎。落ち着いてやれば解けそうなものが多い。
 「ちょっと、Kおいで。今日はどんぐりやらんでいいから、これやってごらん」
 わからない用語の意味は説明したし、問題に出る数字は桁が大きいから計算に時間がかかる。時間制限なしなので、同じ次元では比較できないが、結果は16問中11問正解だった。そのうちの1問は、できなかったが適当に丸をつけて当たったものなので、理解して正解したのは10問である。4年後にはほぼ全問正答できるだろうと見通しがつく。絵図を使えば、簡単に解ける問題ばかりなのである。
 皆が恐れるTCTの数学とは、実はこんなに簡単な問題(少し思考力を持っている子にとっては)だったのだ。ネットでの教師のコメントを見ると、「知識でなく思考を問う問題が増えてきて、我々もこれに対応しなければならない」と、問題の形式が変わって来たのが伺える。政府もPISAを意識しているのかもしれない。
 しかし、愕然とするデータがある。今年度のTCTは数学の難易度が増したとされ、未来地域平均正答数はたったの16問中2.3問。14.88%である。最初見たとき、何かの間違いではないかと思った。太字で書かれている項目が、科目別の平均得点率で、未来地域語は38.05%であり、数学だけが極端に低い。テストを製作した教育省の認識が現場と大きくずれているということだ。教育省はカンカンである。平均以下の学校の校長、教師は理由分析レポート提出を迫られていると言う。なお、TCTは有料であり、高校進学の意志がなければ受けなくてもよいのである。生徒らが、4つの選択肢を見ずに、自分で計算した結果、答えを選択肢から選べば、もっと正答率は高くなるかもしれない。ところが、1番目か、2番目の選択肢の答えを問題に当てはめてみると、数字も合うし、正解のような気がする。こうして、ことごとく誤答していく。低学年から、味気ない4択ペーパーばかりさせられてきたツケ。教育システムが機能していない地域。経済格差と教育格差。いろいろ考えられる。それにしても、あまりの低さに、目も当てられない。マスコミも、今年度の6年生、7年生の数学崩壊を指摘していた。教育省が慌てて原因究明に乗り出すくらいだから、教育省にも原因が分からないほどなのだ。

※日本ブログ村に参加してみました。
 このブログが参考になりましたら、お手数ですが、下記のバナーをクリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

【どんぐり倶楽部の公式サイト】は下記よりどうぞ
どんぐり倶楽部へ
【頭の健康診断】は下記より:年長~小6(中学生は小5-6を使用可)
*今の学習形式がお子さんに合っているかどうかも診断できます<診断表アリ>*
頭<br />
の健康診断へ
※案内「どんぐり倶楽部の教育講演会 in 2012」...最初で最後の「どんぐり倶楽部」主催の講演会です。
※案内「大阪講演の記録(YouTube)」






最終更新日  2010年06月25日 19時18分53秒


PR

X

プロフィール


レオン117

カレンダー

コメント新着

アンカラママ@ Re:■子供達に学力的な能力差はない。(文責:どんぐり倶楽部)(09/30) どんぐり倶楽部を知ってから、5年余ですが…
うり坊@ ありがとうございました 毎日自分が目にする子ども達と先生の言葉…
障害児と通常発達児の双子の母@ Re:■子供達に学力的な能力差はない。(文責:どんぐり倶楽部)(09/30) ブログ、本当にありがとうございました!…
障害児と通常発達児の双子の母@ Re:■子供達に学力的な能力差はない。(文責:どんぐり倶楽部)(09/30) ブログ、本当にありがとうございました!…
アキヤマ@ Re:■子供達に学力的な能力差はない。(文責:どんぐり倶楽部)(09/30) ブログ、ありがとうございました。今年、…

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.