1690850 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レオンくんがご案内します〜誰でもどこでも思考力養成ができます〜

2012年07月26日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
●デモを作ってみました。みて~~~~~~!!おもしろいです!
「良質の算数文章問題」をiPadを使って解いてみました。
demo
<0MX98>→http://youtu.be/9vqTs8UmVqM
*この動画を見れば、幼児・児童期に立式で解くことの不利益と、逆に絵図で解くことの効果がわかります。
 この絵図をかけると、式は無限に出てきます。それは、学年に応じて、あるいは子供の進化具合でどうにでもなることです。(幼児・児童期に式という算数語を使うことの無意味さは、文字・言葉という国語を大量に入力することの無意味さと同じです。言葉は生活に根ざしたものに限定して、思考回路はオリジナルの絵図を使って作るんです)

例えば、

(18-3*3)÷3=2

(3+3+3)+(3+3+3)=18
9*2=18→2

3*2+3*2+3*2=18→2

18÷(3+3+3)=2

絵図を見ているだけで、無限の式が出てくる。「式の変形」なんて言って、式だけを書き換える練習をする人がいますが、それは、このような問題が全てできた後の話です。順番(教育の優先順位)を間違うとせっかくの苦労が水の泡です。

*制限なしのYouTube動画にしてありますので、ご自由にお使い下さい。

<再録>
●プ ラトンの「哲学学校:アカデメイア」とイソクラテスの「弁論学校」は当時ライバル校だった。
 プラトンは幾何学(目で見て考える視考力中心のイメージ操作の 鍛錬)を重視し、イソクラテスは文学(暗記中心の言葉の鍛錬)を重視した。←今の、殆どの塾や学校で実施されている学習方法(パターン学習)
 逸材は圧倒的にプラトンの学校から輩出された。当然のことである。
 思考力とは「視考力」を使ったイメージ操作であり、言葉とはイメージを導くための記号に過ぎないからだ。

 アカデメイアの門には「幾何学の何たるかを知らない者は入学を認めない」という意味の言葉が掲げられていた。
と ころがこれは幾何学(数学)そのものを指していたわけではなく「人間は言葉を使うが、言葉そのもので考えているのではなく、イメージ(特に視覚イメージ) で考えていることを知っていることが入学の条件である」と言っているのである。
 計算が速かったり、言葉を数多く覚えることが思考力を育てるのではなく、イ メージ操作(イメージの移動・変形・連想・比較)の練習が思考力を育てることをプラトンは知っていたのでしょう。

●「音で覚える、絵で理解する、その絵を使って考える

※日本ブログ村に参加してみました。
 このブログが参考になりましたら、お手数ですが、下記のバナーをクリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

【どんぐり倶楽部の公式サイト】は下記よりどうぞ
どんぐり倶楽部へ

【どんぐり倶楽部内での語句検索の方法】
http://reonreon.com/serch_result.html






最終更新日  2012年07月26日 15時41分25秒

PR

楽天プロフィール


レオン117さん

いつでも、どこでも、I will be with you.

フォローする

カレンダー

コメント新着

アンカラママ@ Re:■子供達に学力的な能力差はない。(文責:どんぐり倶楽部)(09/30) どんぐり倶楽部を知ってから、5年余ですが…
うり坊@ ありがとうございました 毎日自分が目にする子ども達と先生の言葉…
障害児と通常発達児の双子の母@ Re:■子供達に学力的な能力差はない。(文責:どんぐり倶楽部)(09/30) ブログ、本当にありがとうございました!…
障害児と通常発達児の双子の母@ Re:■子供達に学力的な能力差はない。(文責:どんぐり倶楽部)(09/30) ブログ、本当にありがとうございました!…
アキヤマ@ Re:■子供達に学力的な能力差はない。(文責:どんぐり倶楽部)(09/30) ブログ、ありがとうございました。今年、…

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.