1690034 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レオンくんがご案内します〜誰でもどこでも思考力養成ができます〜

2013年04月20日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
■NHKのEテレ「スーパープレゼンテーション」は非常に高い評価を受けている大人のテレビ番組です。
 アメリカTED(Technology Entertainment Design)で講演された世界の優れたSpeechを放送しています。毎週月曜夜11:00~11:25

●どんぐり倶楽部では、大人の英語講座(高校生以上参加可能)を、NokoLaboにて2日間(土日のWeekendLabo)で
 誰でもSuperPresentationが出来るようにするプログラムを、2014年から始めることにしました。現在、そのために、映像チェックをしていたのですが、そこで面白い映像を発見しました。コチラです。
sarah
「サラ=ジェイン・ブレイクモア:青年期の脳の不思議」
http://www.ted.com/talks/lang/ja/sarah_jayne_blakemore_the_mysterious_workings_of_the_adolescent_brain.html
■TEDで<2012年>の1月に撮影され、9月にネットで公開された映像です。
■この中で使われているデータが、私がずいぶん前にUPした(もちろん、ず〜っと前に消化していたデータです)データと全く同じ(そのもの)データでした。これです。
giedd
 いかに、どんぐり理論が先を行っているかということですね。
「どんぐり」では普通ですが...やはり、世界最先端をはしっているんですね。

<この講演で大事なところは下記です>
-----------------------
So MRI studies looking at the development of this region have shown that it really undergoes dramatic development during the period of adolescence. So if you look at gray matter volume, for example, gray matter volume across age from age four to 22 years increases during childhood, which is what you can see on this graph. It peaks in early adolescence. The arrows indicate peak gray matter volume in prefrontal cortex. You can see that that peak happens a couple of years later in boys relative to girls, and that's probably because boys go through puberty a couple of years later than girls on average, and then during adolescence, there's a significant decline in gray matter volume in prefrontal cortex. Now that might sound bad, but actually this is a really important developmental process, because gray matter contains cell bodies and connections between cells, the synapses, and this decline in gray matter volume during prefrontal cortex is thought to correspond to synaptic pruning, the elimination of unwanted synapses. This is a really important process. It's partly dependent on the environment that the animal or the human is in, and the synapses that are being used are strengthened, and synapses that aren't being used in that particular environment are pruned away. You can think of it a bit like pruning a rosebush. You prune away the weaker branches so that the remaining, important branches, can grow stronger, and this process, which effectively fine-tunes brain tissue according to the species-specific environment, is happening in prefrontal cortex and in other brain regions during the period of human adolescence.

MRIを利用して脳のこの部分の発達を追う 研究をすることで 前頭前皮質は青年期に 本当に劇的に発達することが明らかにされました 例えば 4歳から22歳の灰白質を見てみると その容積は子供の頃に増え始めます このグラフを見てください 前頭前皮質の容積は 青年期のはじめ ピークに達します 矢印は前頭前皮質中の灰白質容積の ピークを示しています このピークが訪れるのは 男の子の方が 女の子より2年ほど遅れています これは 男の子は女の子より2年ほど遅れて 思春期を迎えるからでしょう そして青年期の間に前頭前皮質の 灰白質の容積はぐんと小さくなります これは悪いことに聞こえるかもしれませんが 実は脳の発達にとって大変重要なことなのです 灰白質にはたくさんの細胞体や 細胞同士をつなぐシナプスがあり 灰白質の容積が小さくなると共に 余分なシナプスが除去されると 考えられています これは非常に大切な過程で ある程度 その生き物の生活環境にも影響されます 頻繁に使用されるシナプスはより強化され その環境で生活する上で 必要でないシナプスは除去されます バラの木のように やわな枝を除去することで 残りの 生存に重要な枝がより丈夫になる この過程が青年期の間に 効果的に その生き物特有の環境に最も適した 脳をつくりあげます 前頭前皮質を含めて 脳の様々な部分で調整が行われるのです。(上記は私が訳したものではありません)
-------------------------
●上記の中でも、最も大事な部分が「It peaks in early adolescence.→(意訳)思考を司る部分の最終ピークは12歳である」「this decline in gray matter volume during prefrontal cortex is thought to correspond to synaptic pruning, the elimination of unwanted synapses. 」
→(意訳)それ以降は、使うものは残るが、使わないものは刈り込まれる」
●つまり、12歳以前に、思考回路のセレクトをする最終決定がなされるということです。ご存知「思考の臨界期」ですね。

→従って、「それ(最長で12歳)までに思考回路は通リ終えておく必要があるし、そう進化するようにできている(例外はない)」ということ。

こちらは、2006年の10月にUPした記事に使っていますね。
http://reonreon.com/brain-logic.html

こちらは、2006年の1月に書いていますね。
http://reonreon.com/data-2006-01.html

「アオムシ君物語」こちらも関係しています。
いい記事ですので御覧ください。
http://reonreon.com/aomusi.html

<追記:比較図1+2>
g-1
g-2
<NHKのページより>
■スティーブ・ジョブズのようなスピーチがしたい!海外のクライアントにビシッとプレゼンしたい!
 自分のアイデアをたくさんの人に伝えたい!そんなあなたに贈る、新・語学教養番組。
 世界が注目するアメリカのプレゼンイベント「TEDカンファレンス」。
 会場には文化・芸術・科学・ITなどの最先端を行く「いま世界を変えようとしている人たち」が次々と登場し、エネルギーと驚きに満ちた渾身のプレゼンを披露する。番組ではそのアイデアを英語で学んでいく。
 番組ナビゲーターは2011年にMITメディアラボ所長に就任した伊藤穰一氏。科学技術からアートまで幅広い知見と人脈を持つ彼ならではの、洞察に満ちた解説をお届けする。また、サブナビゲーターを俳優の吹石一恵氏が務め、スピーカーのライフストーリーや、アイデアをより深く知るためのキーフレーズを紹介する。
■TEDは、価値のあるアイデアを世に広めることを目的とするアメリカの非営利団体。1984年の設立当初は、「技術」「エンターテインメント」「デザイン」の3つの分野からスピーカーを集めて会議を行っていた。その後、あらゆる分野における最先端の人々が集まる場へと発展。TEDトークと呼ばれるプレゼンテーションの動画を世界に無料配信して注目を集めている。スピーカーのリストには著名人がずらりと並び、wikipediaの創設者ジミー・ウェールズ、amazonの経営者ジェフ・ベゾス、U2のボノ、精神科医のオリバー・サックスなどの名前が含まれている。現在は、1年に1回カリフォルニア州のロングビーチで行われる大会を中心に、世界各地に活動を広げている。
……………………………………………………………………………………………
※日本ブログ村に参加してみました。
このブログが参考になりましたら、お手数ですが、下記をクリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ

どんぐり倶楽部の公式サイト
ロゴ-s
※「頭の健康診断」年長〜小6向け(中学生も可)。
brain--s

中学英語 in 能古島 in 2013.07-08(詳しい日程は後日)
子供達の作品募集(昔の作品もあったら送って下さい)*MUSEO del DONGURI にて公開予定
……………………………………………………………………………………………
「感味力と視考力の魅力と威力」
〜これらを知らずに子育てと教育は語れない〜
感味力を失えば人間にはなれない。
視考力を使わなければ最終進化形態には辿り着けない。
12歳の思考の臨界期までに、
人間的な判断力の拠り所となる感味力を損なわずに、
視考力を活用して無理なく無駄なく効果的に、
人生を楽しむための絶対学力となる豊かな思考力を養成する。
そのためには、健全な教育の理論と手法を会得しておかなければならない。
これが、先人の責務である。
どんぐり倶楽部は、この健全な教育の理論と手法を提供する。







最終更新日  2013年04月21日 12時24分47秒

PR

楽天プロフィール


レオン117さん

いつでも、どこでも、I will be with you.

フォローする

カレンダー

コメント新着

アンカラママ@ Re:■子供達に学力的な能力差はない。(文責:どんぐり倶楽部)(09/30) どんぐり倶楽部を知ってから、5年余ですが…
うり坊@ ありがとうございました 毎日自分が目にする子ども達と先生の言葉…
障害児と通常発達児の双子の母@ Re:■子供達に学力的な能力差はない。(文責:どんぐり倶楽部)(09/30) ブログ、本当にありがとうございました!…
障害児と通常発達児の双子の母@ Re:■子供達に学力的な能力差はない。(文責:どんぐり倶楽部)(09/30) ブログ、本当にありがとうございました!…
アキヤマ@ Re:■子供達に学力的な能力差はない。(文責:どんぐり倶楽部)(09/30) ブログ、ありがとうございました。今年、…

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.