000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

レオンくんがご案内します〜誰でもどこでも思考力養成ができます〜

2013年06月02日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130601-00000002-pseven-ent

<女性セブン2013年6月13日号より引用>
今でしょ先生:東大合格者にマザコンなど3つの特徴と指摘:東大の受験生に圧倒的な信頼を寄せられる著者だが、子供の進学に悩む親が“今やる”べきことはいったいどのようなことなのだろうか。これまでの講師経験から東大合格者には、次の3つの特徴が挙げられるという。


●マザコン

●親から勉強しろと言われなかった

●完璧主義ではない


「母親が手をかけてきっちり育てているので、子供はそんな母親のことを大好きになるからマザコンになる。そして、親が子供のことをちゃんと見ているから、勉強しろなんて言わないのです。できる子というのは、自分に自信があるので、できないことをできないと率直に認めて、得意科目をさらに伸ばすことを考える。嫌いな科目を捨てて得意な科目で補えば、東大には受かります。けっして完璧じゃなく、できない自分も受け容れるわけです。逆にいうと、こういった条件を持った子に育てば、定員3000人の東大生になれる確率はぐんと高まりますね」

母親たちの中には「東大に入るような子は“地頭”がいい」と言う人もいるが、著者は

3〜5才までの育て方が大きな分かれ目だ

と指摘する。

この時期に子供ときちんとコミュニケーションを取っているかどうかで“できる子”になるかが決まる。

「いいかげんで怒気に満ちた言葉を使っていると、子供のコミュニケーション能力は上がりません。子供に聞かせる日本語のレベルを上げ、知的好奇心を高めるようなコミュニケーションを取ることが大切です。それをやらずに、子供が大きくなったとき、“うちの子は全然勉強しない”と言っても手遅れなのです」

----------------------
●お分かりですね。思考回路の材料となる、豊かな入力情報を自然に蓄積できるようにすべき時期「させない教育」の重要性への言及です。「マザコン
」は、いい意味での、「親子の信頼」です。コレがないと、家庭が安心できる落ち着いて考えることが出来る子供を育てるhomeにはならないのですから、非常に大事なのです。
----------------------

……………………………………………………………………………………………
※日本ブログ村に参加してみました。
このブログが参考になりましたら、お手数ですが、下記をクリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ

どんぐり倶楽部の公式サイト
ロゴ-s
※「頭の健康診断」年長〜小6向け(中学生も可)。
brain--s

中学英語 in 能古島 in 2013.07-08
子供達の作品募集(昔の作品もあったら送って下さい)*MUSEO del DONGURI にて公開予定

……………………………………………………………………………………………
「感味力と視考力の魅力と威力」
〜これらを知らずに子育てと教育は語れない〜
感味力を失えば人間にはなれない。
視考力を使わなければ最終進化形態には辿り着けない。
12歳の思考の臨界期までに、
人間的な判断力の拠り所となる感味力を損なわずに、
視考力を活用して無理なく無駄なく効果的に、
人生を楽しむための絶対学力となる豊かな思考力を養成する。
そのためには、健全な教育の理論と手法を会得しておかなければならない。
これが、先人の責務である。
どんぐり倶楽部は、この健全な教育の理論と手法を提供する。






最終更新日  2013年06月24日 23時15分58秒

PR

プロフィール


レオン117

カレンダー

コメント新着

アンカラママ@ Re:■子供達に学力的な能力差はない。(文責:どんぐり倶楽部)(09/30) どんぐり倶楽部を知ってから、5年余ですが…
うり坊@ ありがとうございました 毎日自分が目にする子ども達と先生の言葉…
障害児と通常発達児の双子の母@ Re:■子供達に学力的な能力差はない。(文責:どんぐり倶楽部)(09/30) ブログ、本当にありがとうございました!…
障害児と通常発達児の双子の母@ Re:■子供達に学力的な能力差はない。(文責:どんぐり倶楽部)(09/30) ブログ、本当にありがとうございました!…
アキヤマ@ Re:■子供達に学力的な能力差はない。(文責:どんぐり倶楽部)(09/30) ブログ、ありがとうございました。今年、…

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.