1750549 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レオンくんがご案内します〜誰でもどこでも思考力養成ができます〜

2016年03月10日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

http://ankm.blog96.fc2.com/blog-entry-420.html
タブレット
(アンカラママのブログより転載)

◎タブレットの行き着く先はコレです。

大量宿題との戦い方を心得ているアンカラのどんぐり出身中高生。
問題集の答え丸写しも、いかにも本人が解いたように、テクニックを駆使?している。
親たちも、「宿題は全部やるな!調節しろ。どうせ先生はちらっとしか見ないんだから」と檄をとばしている。
アンカラママもたまに手伝うことがあるが、英語の反復宿題なんて、20ページ目あたりから文が意味を成さない、記号の羅列になってくる。
しかし、学習全般にタブレットを採用している私学に進んだ子は悲惨だ。
宿題がタブレットを通して出るので、先生がチェック、採点しなくても、自動的に、

・宿題のウェブページに何時間ログインしていたか
・何点正解、何点不正解か

など、即座にデータが学校に送られるシステムになっている。
これでは、紙の問題集のように、宿題をやっつけることができない。答えもひとつひとつ入れなければならない。

「タブレットは最悪。2時間も見てたら目が痛くなるし」これは、普通の学校に通う子の言葉。

タブレット校に通う子は、タブレット中毒になる。
親御さんが迎えに行くと、子供たちがあちらこちらで座り込んで、タブレットを無言で触っている。
家に帰ると、即座にタブレットを触りだす。フィルターはかかっているが、ネットにつながるので、ゲームをすることが可能なのである。

この学校は、アンカラママが勤めている学校と同じ区域内にあるのだが、毎年うちの学校に転校してくる子がいる。親御さんと話すと、たいてい、タブレットがいやで、と言っている。そして、先生方の間では、「あの学校から来たのなら、トルコ語がまともに書けない」が共通理解になっている。

アンカラママがどんぐりを教えている小5の子のタブレット。学校で、机から落としたらしく、液晶画面が、放射状に割れ、シュールである。机から落としたのは、クラスの子らしいのだが、相手の子は認めていない。修理代に2万円ほどかかるらしく、親はそのまま使わせている。自分の子が壊したわけでないのに、なぜ修理代を払わなければならないのか。学校ともめている。それにしても、良くその画面を子供に触らせられるなあ、と呆れる。

この子は、アンカラママが3年かけて育てていて、もうすぐ5MXが終わる。

特待生で、その私学に行っているのだが、アンカラママが親ならタダでも行かせなかっただろう。親御さんは、家に帰ると、タブレットをとりあげて、宿題以外は触らせないようにしている。自分の子にだけ、紙の宿題を出してくれ、と学校に交渉に行ったが、認められなかったらしい。
2015-03-16

 

■ポチットな! 

にほんブログ村 教育ブログへ 

   All copyrights reserved by DONGURI-CLUB      







最終更新日  2016年03月10日 12時53分24秒

PR

楽天プロフィール


レオン117さん

いつでも、どこでも、I will be with you.

フォローする

カレンダー

コメント新着

アンカラママ@ Re:■子供達に学力的な能力差はない。(文責:どんぐり倶楽部)(09/30) どんぐり倶楽部を知ってから、5年余ですが…
うり坊@ ありがとうございました 毎日自分が目にする子ども達と先生の言葉…
障害児と通常発達児の双子の母@ Re:■子供達に学力的な能力差はない。(文責:どんぐり倶楽部)(09/30) ブログ、本当にありがとうございました!…
障害児と通常発達児の双子の母@ Re:■子供達に学力的な能力差はない。(文責:どんぐり倶楽部)(09/30) ブログ、本当にありがとうございました!…
アキヤマ@ Re:■子供達に学力的な能力差はない。(文責:どんぐり倶楽部)(09/30) ブログ、ありがとうございました。今年、…

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.