2012年08月27日

■予防教育(文責:どんぐり倶楽部)

カテゴリ:カテゴリ未分類
●予防教育:preventive education とは、
【考えられない病】の発生・経過とそれに影響をおよぼす原因を研究し、疾病の予防を行うことや、
病気になりにくい心身の健康増進を図るための教育のことである。

「頭の健康診断」は予防教育の一つで早期発見にもなる。

予防教育は、治療教育とは異なり、感染・発症前に行うものなので、最も健全であるが、病気にならなければ病気の怖さは実感できないのも事実で、考えられない子供にしてしまってからの治療教育が主流になりがちであるのも事実である。

本来は、子供の健全な成長を願うのであれば、誰もが予防教育を実施すべきである。

治療教育では、対処療法でしのいでしまうことが多く見られ、根治できない場合が多い。
*学力不足→考えられなくてもいいから出来るようにしてしまう

治療をはじめる時の病気のステージにも依るが、いずれにしても、早期発見早期治療に越したことはない。

最も発見が遅れるのは隠れ感染である。

つまり、分かっていないのにできてしまうというパターン学習で解法を暗記して成績を維持している場合である。これが、実は最も厄介なケースで、発症した時には最終ステージになっている場合が多く、外科的治療では完治を目指すことができない場合もあり、延命治療をする程度の対応しかできない。

●この記事だけでは「何言ってんのかワケワカラナイ」だと思います。
 気になる方は、過去ログを読んで下さい。



■どんぐり入門書にはコチラが最適です。Amazon「子育てと教育の大原則」

※日本ブログ村に参加してみました。
 このブログが参考になりましたら、お手数ですが、下記のバナーをクリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ


●健全な子育てと教育に関する正しい理論を正しく理解しましょう。
子育てや教育に正しい理論なんてあるのか、と言う人も多いでしょう。
ですが、あるんです。
その理論を知っていれば、健全な子育てと教育を誰でも簡単に実践することができるのですから、知っていて損はないでしょう。
もちろん、目の前の子供一人一人に合わせて手法はアレンジすべきですが、その手法が的を得た効果的な手法になるには、人間の進化を見据えて築き上げられた正しい理論を知っておく必要があるのです。
これを知る事で、ゆるぎのない自信をもって、いつでもどこでも、健全な子育てと教育は、可能になります。
12才までに、無理なく、無駄なく、効果的に、最高の思考力を養成し、
学業でも、スポーツでも、ビジネスでも、芸術でも、どの分野に進んでも
持てる力を、大いに発揮できるように、育ててあげて下さい。
家庭で、学校で、学習教室で、様々な場所で使っていただけます。
「Total-Balance-Education」は、誰にでもできます。
<我慢>と<理解>は必要ですが、<お金>は限りなく不要です。



【どんぐり倶楽部の公式サイト】
どんぐり倶楽部へ

【どんぐり倶楽部内での語句検索の方法】
http://reonreon.com/serch_result.html


*私事ですが、現在「ノルスパンテープ」を常用しています。どんぐり理論の習得はお早めに!






TWITTER

最終更新日  2012年08月27日 11時24分55秒