2019年10月18日

■薬は容量用法を守って服用する【どんぐり倶楽部...文責:糸山泰造】

カテゴリ:カテゴリ未分類
​​<最低限のルール>
■クロッキー帳(大)の見開き2ページを使って解答する。
■鉛筆(2B以上)+色鉛筆6色以内を使う。
■絵図の輪郭は濃い色で描く。←<思考=絵図の操作>→輪郭で操作する。
■絵図は描くときではなく、描いたあとで見直す時の再入力時に思考する。
■読むのは1回だけだが、描き直しは何度でもやって、考える絵図に仕上げる。
■考える絵図に描き起こすまでが、思考の前段階。コレがなければ思考には移らない。
■絵図を動かして設問で問われている答えを導き出す。この時の動かす過程を数式で書いたものが算数語での回答になる。(立式)...立式は、絵図があればいつでも変換可能なので、小4くらいまでは、立式はなくてもOK.
■一人でできるようになるまでは、保護者も一緒の時空間の中で保護者は高学年の問題を解く。
*大きく丁寧な絵図を描いて、最後まで絵図だけで解きあげる。丁寧で下手な絵図が望ましい。
*この時の、大人の学習態度がそのままお手本になるのだから、
「ゆっくり、ジックリ、丁寧に」解答する。絵図だけで答えまで導く工夫を怠らないこと。

◉以上、ルールを守ること。進化の速さが全く違います。5年も<どんぐり問題>を解いているのに、クロッキー帳を使っていないなど、もったいない話です。これだけで、進化が何年も遅れます。
不要なルールは描いていません。全て必要なルールばかりを書いています。必ず守って実践すること。
どんなに優れた特効薬でも、容量用法がデタラメでは、絶対に効果は出ません。当たり前です。子供の作品を見て、なにがどう影響しているかの判定ができるのならば、アレンジしても結構ですが、できないのであれば、100%ルールを守ってすること。無理なルールは書いてありません。​

■どんぐり倶楽部・入門

https://www.kurasukoto.com/magazine/special-issue/3266/

■どんぐり書房:テキスト販売専門サイト

https://donguri-shobou.stores.jp

■公式販売サイト

https://nokolabo.jimdo.com






TWITTER

最終更新日  2019年11月05日 16時47分03秒