1527310 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

どんぐり こころの 天龍村どんぐり学園日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


どんぐり こころ

Freepage List

Archives

Calendar

Favorite Blog

パセリの森 ぼっちゃん農園さん
くりりんテクテク日記 さや風さん
【カラーガード大好… いるまよしやすさん
幸せの催眠法 長尾… KAZU8745さん

Recent Posts

Comments

マイコ3703@ キーワード検索でたどり着きました☆ 幾つか記事を読ませて頂いて、自然にコメ…
どんぐり こころ@ Re[1]:健康に長生き(11/01) 視聴率tbsさん アドバイスありがとうご…
視聴率tbs@ Re:健康に長生き(11/01) いつもブログ見させていただいております…
ウルフがおー@ Re:子どもの「キレる」こと(09/22) す、すみません。「どんぐりころころのブ…
kimiki0593@ 相互リンク 初めまして、人気サイトランキングです。 …

Category

Rakuten Ranking

Headline News

2008.03.12
XML
カテゴリ:軽度発達障害
事故などによって、頭の前方部分を強く打って、
 高次脳機能障害の診断を受けた方がいます。

その方々の症状は、前頭葉症状が出ています。

その一つに、
 すぐに他人を頼るようなそぶりをしたり、子供っぽくなったりします。
 我慢ができなくて、何でも制限ないような風に欲しがります。
  例えば好きなものをどれだけでも食べたり、飲んだりします。
 場違いの場面で怒ったり、笑ったりします。
 一つのものごとにこだわって、容易に変えられなくなります。いつまでも同じことを続ける。(固執性)
 自分では何もしようとはしないで、他人に言われないと物事ができない(意欲喪失)。
   これらは、高次脳機能障害では「社会的行動障害」とされています。

また、
 行き当たりばったりの行動をしたり、逆に指示がないと動けないようになります。
   目標を決め、計画し、実施するといった一連の作業が困難になります。
 「遂行機能障害」と言われます。

さらに、 
 気が散りやすかったり、ひとつのことに集中することが難しかったり、また、疲れやすく、長い時間作業につくことができないようになります。 これは「注意障害」といわれます。

このような高次脳機能障害は、前頭葉機能の障害です。

これらを見てみますと、軽度発達障害の子と似ていることが多いと思いませんか?

このような症状がでるのは、子どもの頃からの社会生活の中で、
 身体を動かし、体験することが少ないことによる前頭葉の鍛え方が少ないことによるものです。

これは、現在の社会生活の中では意識的に前頭葉を鍛えることをしなければ
 どうしても前頭葉の発達不十分な状態となってしまうのです。

お母さんの育て方が悪いという状況ではないのです。
 高度に発展した社会で共通に見られることなのです。

こんなところから、私は軽度発達障害は、
 脳に器質的な障害がある病気でなく、
 前頭葉の発達不十分な社会病(文明病)であると言うのです。

前頭葉を鍛えれば容易に回復するのです。

<こころ>


人気blogランキング
 人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。m(_ _)m


どんぐり学園の公式ホームページはこちらです。






Last updated  2008.03.12 08:37:38
コメント(2) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:軽度発達障害、高次脳機能障害と前頭葉機能(03/12)   グロワーズ さん
学習障害に限って言えば、ちょっと違うかもしれません・・・ (2008.03.12 13:49:03)

Re[1]:軽度発達障害、高次脳機能障害と前頭葉機能(03/12)   どんぐり こころ さん
グロワーズさん
そうですね。確かに、学習障害は少し違うように思います。
学習障害の診断が難しいかもわかりませんね。

>学習障害に限って言えば、ちょっと違うかもしれません・・・
-----
(2008.03.13 07:13:39)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.