1543820 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

どんぐり こころの 天龍村どんぐり学園日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


どんぐり こころ

Freepage List

Archives

Calendar

Favorite Blog

パセリの森 ぼっちゃん農園さん
くりりんテクテク日記 さや風さん
【カラーガード大好… いるまよしやすさん
幸せの催眠法 長尾… KAZU8745さん

Recent Posts

Comments

マイコ3703@ キーワード検索でたどり着きました☆ 幾つか記事を読ませて頂いて、自然にコメ…
どんぐり こころ@ Re[1]:健康に長生き(11/01) 視聴率tbsさん アドバイスありがとうご…
視聴率tbs@ Re:健康に長生き(11/01) いつもブログ見させていただいております…
ウルフがおー@ Re:子どもの「キレる」こと(09/22) す、すみません。「どんぐりころころのブ…
kimiki0593@ 相互リンク 初めまして、人気サイトランキングです。 …

Category

Rakuten Ranking

Headline News

2019.09.19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
子貢《しこう》が曰《いわ》く、如《も》し能《よ》く博《ひろ》く民《たみ》に施《ほどこ》して能《よく》く衆《しゅう》を済《すく》わば、如何《いかん》。仁《じん》と謂《い》うべきか。
  何《なん》ぞ仁《じん》を事《こと》とせん。必《かなら》ずや聖《せい》か。堯《ぎょう》も其《そ》れ猶《な》お諸《こ》れを病《や》めり。夫《そ》れ、仁者《じんしゃ》は己《おの》れ
  立《た》たんと欲《ほっ》して人《ひと》を立て、己《おの》れ達《たっ》せんと欲《ほっ》して人《ひと》を達《たっ》す。能《よ》く近《ちか》く取《と》りて譬《たと》う。
  仁《じん》の方《みち》と謂《い》うべきのみ。(雍也第六)

 <訳>子貢《しこう》が[仁のことをおたずねして]もし人民にひろく施《ほどこ》しができて多くの人が救《すく》えるというのなら、いかがでしょう。仁といえましょうか。」といった。
 先生はいわれた、「どうして仁《じん》どころのことだろう。強《し》いて言えば聖《せい》だね。堯《ぎょう》や舜《しゅん》でさえ*、なおそれを悩《なや》みとされた。
 そもそも仁《じん》の人は、自分が立ちたいと思えば人を立たせてやり、自分が行き着きたいと思えば、人を行き着かせてやって、[他人のことでも自分の]身近にひきくらべることができる。[そう
いうのが]仁のてだてだといえるだろう。」
      *堯や舜でさえ:堯・舜は古代の理想的な聖天使。


<こころ>

人気blogランキング
 クリックお願いします。m(_ _)m 人気ブログランキングに参加しています。

どんぐり学園の公式ホームページはこちらです。






Last updated  2019.09.21 15:36:51
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.