1458322 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

どんぐり こころの 天龍村どんぐり学園日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


どんぐり こころ

Freepage List

Archives

Calendar

Favorite Blog

パセリの森 ぼっちゃん農園さん
くりりんテクテク日記 さや風さん
【カラーガード大好… いるまよしやすさん
幸せの催眠法 長尾… KAZU8745さん

Recent Posts

Comments

マイコ3703@ キーワード検索でたどり着きました☆ 幾つか記事を読ませて頂いて、自然にコメ…
どんぐり こころ@ Re[1]:健康に長生き(11/01) 視聴率tbsさん アドバイスありがとうご…
視聴率tbs@ Re:健康に長生き(11/01) いつもブログ見させていただいております…
ウルフがおー@ Re:子どもの「キレる」こと(09/22) す、すみません。「どんぐりころころのブ…
kimiki0593@ 相互リンク 初めまして、人気サイトランキングです。 …

Category

Rakuten Ranking

Headline News

全83件 (83件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

中学生の生活

2009.08.09
XML
カテゴリ:中学生の生活
先日(八月初旬)、大阪の中学3年の男の子から電話がありました。

 その子は、小さな(10cm程)ニシキゴイを飼っていますので、
  コイのエサやりのお願いと生存の確認をしてきたのです。

電話を最初に受けた人から、校長先生に代わりました。

 校長先生、「○○君、元気にしている?」
 生徒、「元気だよ。」
 校長先生、「いつも何しているの?」
 生徒、「妹を送っていって、家の仕事(手伝い)をしている。」
 校長先生、「どんなことをしているの?」
 生徒、「今、洗濯物をたたむのが終わった。」
 校長先生、「えっ、君がたたんでいるの?」
 生徒、「そうだよ。」
 校長先生、「えらいねえ」
 生徒、「うん」

こんな会話がありました。

<こころ>


人気blogランキング
 人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。m(_ _)m


どんぐり学園の公式ホームページはこちらです。
  






Last updated  2009.08.09 07:44:35
コメント(0) | コメントを書く
2009.07.20
カテゴリ:中学生の生活
昨日(7/19)、
 田原市の道の駅「田原めっくんはうす」でどんぐり学園のPRをしてきました。

生徒3名と学園長が行ってきました。
 パンフレットの配布と学園で取れたジャガイモとタマネギもついでに販売しました。

タマネギとジャガイモは、1kg100円で買っていただきました。
 タマネギは、二つで1kgとなるものもありました。
 11時頃から始めましたが、
  値段が安かったせいか、またたく間に完売となりました。

早く終わったので、昼ご飯を食べてから
 ヤシの実が流れ着いたことで有名な伊良湖岬まで行ってきました。

<こころ>


人気blogランキング
 人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。m(_ _)m


どんぐり学園の公式ホームページはこちらです。

 






Last updated  2009.07.20 07:56:26
コメント(0) | コメントを書く
2009.06.24
カテゴリ:中学生の生活
子どもは、いろんなことを「大人[親)と一緒」を考えます。

 それは、幼児期から大人[親)の行動を見て真似て覚えてきたからなのです。

 良い事も、悪いことも真似ます。

大人[親)は、子どもに「大人と子どもは違う」ことを教えることが必要です。

子どもは、自分が悪いことをしたことを棚に上げます。
 自分のしたことを棚に上げて、
  大人から叱られたことだけを取り上げて、
   「○○からこんなことをされた。」と言います。

 子どもの「言いつけ」を鵜呑みにすると、子どもはそこで学習します。

その次は、もっとうまい具合にそのような言い方をして、
 自分の思うようにしていきます。

 子どもは、自分の良くない行動を棚に上げて、
  自分の身を守るために、「論理のすり替え」を行うのです。

そのことを承知の上で、子どもを受け入れて(気持ちをわかって)、子どもに対応することが必要です。

<こころ>


人気blogランキング
 人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。m(_ _)m


どんぐり学園の公式ホームページはこちらです。






Last updated  2009.06.24 06:01:04
コメント(0) | コメントを書く
2009.06.20
カテゴリ:中学生の生活
子どもが良い高校、良い大学に入学し、
 良い会社に就職することを望むのは親として当然の事です。

では、どうしたら子どもは自ら勉強するようになるでしょうか。

それは、幼い頃から自分で考え自分で行動できるようにすることです。

 幼い頃から大人がいろんな口出しをして、大人がやってしまいますと、
  子どもは何でも大人(親)がしてくれると考え、自分では何もしなくなります。

 高校受験も、大学受験も、親がなんとかしてくれると考えます。

自分で何でもしてきた子は、
 自分で行きたい高校、大学を決め、そこに入る為の計画をたて、
  それに向かって進みます。

それが、自ら行動することなのです。

自分で計画をたて、実行し、反省する。
 前頭葉を鍛える作業です。
 何かを自分で成し遂げた経験のある子は、
  「やればできる」の自信を持ちます。
 自分身の回りの事さえもしないで、親がしてしまいますと、自分ですることができなくなり、
  何事にも自信の持てない子になってしまいます。

初めての事はこどもはできませんが、
 いろんなことを子どもにやらせ、大人は後ろから見ていることが大切です。

些細な事から、子どもが自分で成し遂げますと、
 その積み重ねから、子どもは自信を持ち、
 勉強も自らするようになるのです。

<こころ>


人気blogランキング
 人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。m(_ _)m


どんぐり学園の公式ホームページはこちらです。










Last updated  2009.06.20 08:41:20
コメント(0) | コメントを書く
2009.06.15
カテゴリ:中学生の生活
昨日の日曜日は、天龍村坂部地区で「ゆかりコンサート」がありました。

 旧天龍村立福島小学校、坂部分校が夢工房左閑辺(さかんべ)屋と衣替えされ、
  そこでで行われました。

どんぐり学園の生徒全員がスタッフに引率されてコンサートを聞きに行きました。
 合唱劇「カネト」
 ハーモニカ
 琵琶、
 クラリネットの演奏などがありました。

 合唱劇「カネト」は、
  飯田線の難工事部分を測量し、工事を監督したアイヌ人のカネト氏のことを合唱劇にしたものです。
 どんぐり学園の子どもたちは、その後の交流会にも参加して楽しんできました。

<こころ>


人気blogランキング
 人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。m(_ _)m


どんぐり学園の公式ホームページはこちらです。










Last updated  2009.06.15 07:35:18
コメント(0) | コメントを書く
2009.05.17
カテゴリ:中学生の生活
今日は朝から雨です。

雨の休日の日は、子どもたちは自分の部屋で過ごしたり、
  談話室で過ごすのが多くなります。

談話室では、これまでは漫画を読んだり、カードゲームをしたりして過ごします。

 しかし、最近はオセロや将棋をする子が多くなりました。

一人、将棋の好きな子がいて、
 その子が「将棋をしよう」と誘っています。
 将棋をする子は珍しいです。

その子は、生徒の中では強くて相手がいないので、
 スタッフにも声をかけて、スタッフと将棋をしています。

先日、校長先生と将棋をしていました。

<こころ>


人気blogランキング
 人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。m(_ _)m


どんぐり学園の公式ホームページはこちらです。

 







Last updated  2009.05.17 08:38:19
コメント(0) | コメントを書く
2009.05.12
カテゴリ:中学生の生活
今日は地域の方のご好意で茶摘みの日です。
 昨年も、一昨年もその方の茶畑で手摘みの茶摘みをしています。

お茶は、「一針三葉」の葉を摘みます。
 一針は、お茶の葉は最初針のようにまっすぐに巻いた状態ででてきます。その先端の葉のこと。
 三葉は、次の若芽3枚のこと。
  つまり、「一針三葉」は新芽の四枚が柔らかくて良い葉となります。

このような葉を使いますと、良いお茶ができるのです。

今日は、天候が心配ですが、なんとかもってくれることでしょう。

<こころ>


人気blogランキング
 人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。m(_ _)m


どんぐり学園の公式ホームページはこちらです。








Last updated  2009.05.12 05:43:44
コメント(0) | コメントを書く
2009.04.24
カテゴリ:中学生の生活
今日は時間が取れず、今ブログの書き込みです。
 遅くなってしまいました。

ビオトープ池の好きな子2、3人は、今日もビオトープ池で遊んでいます。
 池には、いろんな生物がいます。

 メダカ(緋メダカ、と黒メダカが沢山います。
 タニシ、イモリ、は沢山います。
  タニシは、ジャンボタニシではないですが、非常に大きいです。
 ミズカマキリもいました。

ところで、今年、初めてツバメを見ました。
 今年もツバメが帰ってきました。

寒い向方の地にもやってきました。

2羽見かけました。

今年はいくつ巣を作るかな?

<こころ>


人気blogランキング
 人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。m(_ _)m


どんぐり学園の公式ホームページはこちらです。







Last updated  2009.04.24 20:28:17
コメント(0) | コメントを書く
2009.04.20
カテゴリ:中学生の生活
先日の土曜日(18日)は、天龍村村営おきよめ温泉地域で「おきよめ温泉祭り」がありました。

午後から、どんぐり学園の生徒も6名参加しました。
 その日は、4名はバス電車で飯田へ買い物へ行きました。

午後2時頃から餅つきが始まりました。

温泉に来た人も大勢餅つきにきていました。

子ども達は餅を食べて楽しんでいました。

<こころ>


人気blogランキング
 人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。m(_ _)m


どんぐり学園の公式ホームページはこちらです。






Last updated  2009.04.20 08:44:48
コメント(0) | コメントを書く
2009.02.23
カテゴリ:中学生の生活
子どもの教育は、「子どもに考えさせること」だと言われます。

 人間がもの事を考える力は、新生児から始まっていることが、
  最近の大脳生理学の進歩によって明らかになってきています。

人の脳は、誕生から6歳頃までに人としての生活の基礎として必要な脳の基本的なネットワークが作られます。
「ものを考える」ことを抜きにして人間を考えることはできないのです。
 その中でも、前頭葉の発達は人間成長にとって必須のことです。

前頭葉の発達は、書物に書かれていることを暗記して
 答案用紙に書くだけでは十分に発達しません。

 いろんな体験で、失敗すること、うまく行かないことなどを
  いろいろ考えて出来るようになること、その過程が大切なのです。

稲を刈る、包丁でキャベツのみじん切りをすること、などは、書かれていることを暗記してしまえば、どのようにするかということは簡単に理解で来ます。しかし、
 実際に稲を刈ること、みじん切りをすることは、簡単にはできません。

特に、みじん切りは慣れないと中々うまくいきません。
 
これは、訓練を積み重ねることでできるようになるのです。

暗記するだけでは前頭葉は十分に発達せず、
体験学習などの、この訓練が前頭葉を鍛えるのです。

<こころ>


人気blogランキング
 人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。m(_ _)m


どんぐり学園の公式ホームページはこちらです。







Last updated  2009.02.23 16:14:52
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全83件 (83件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.