1464190 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

どんぐり こころの 天龍村どんぐり学園日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


どんぐり こころ

Freepage List

Archives

Calendar

Favorite Blog

パセリの森 ぼっちゃん農園さん
くりりんテクテク日記 さや風さん
【カラーガード大好… いるまよしやすさん
幸せの催眠法 長尾… KAZU8745さん

Recent Posts

Comments

マイコ3703@ キーワード検索でたどり着きました☆ 幾つか記事を読ませて頂いて、自然にコメ…
どんぐり こころ@ Re[1]:健康に長生き(11/01) 視聴率tbsさん アドバイスありがとうご…
視聴率tbs@ Re:健康に長生き(11/01) いつもブログ見させていただいております…
ウルフがおー@ Re:子どもの「キレる」こと(09/22) す、すみません。「どんぐりころころのブ…
kimiki0593@ 相互リンク 初めまして、人気サイトランキングです。 …

Category

Rakuten Ranking

Headline News

全167件 (167件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >

日頃感じた事

2009.09.03
XML
カテゴリ:日頃感じた事
最近、頼山陽の「述懐」という漢詩を読みました。
次の詩です。
  十有三春秋
 逝ゆく者は已に水の如し
 天地始終無く
 人生生死有り
 安いずくんぞ古人に類して
 千載せんざい青史せいしに列するを得ん
【通 釈】
十三歳となって、これまでを振りかえってみると、月日は川の流れのように過ぎ去ってもう二
度とかえっては来ない。天地は永遠であり、始めも終わりも無い。しかし、人間には必ず生が
あり、死がある。それならば、なんとかして歴史上の偉人のように、自分も歴史の上に名を
連ねたいものだ。


この漢詩を12、3歳で作っているのです。
頼山陽に限らず、昔の人は早い人は4、5歳から四書(論語、大学、中庸、孟子)を勉強しています。
まず、「読み書きそろばん」を学び、四書をを読み、幅広い書物を読んでいます。

そうして、自己の人間性を鍛え、知識を増し、己の考えを磨き、個を確立します。

現在の日本は、多くの子ども達は、
 良い高校、良い大学に入る為に受験勉強に精を出しています。

受験勉強に精を出していますが、先の小学6年生の全国学力テストの問題で、次のような問題が解けない子が多く(約半数)います。
  「9時40分に集合して、10時20分に目的地に(図書館?)着きたい。バス停から目的地まで20分かかります。何時のバスに乗ればよいですか。」
 (時刻表が書いてあって、該当するバスの時刻は9時45分、55分(?))

このような問題が解けないというのには、
  1)試験ということで頭が混乱してしまう。
  2)問題を良く読まない
  3)本当に何が何だかわからない
 の可能性があります。
  おそらく大人が説明すれば、全員が「なあんだ、そういうことか」とわかるでしょう。

何れにしても試験でできないのです。

昔の人たちの勉強と
  今の世の中の勉強のどこが違うのでしょうか。

<こころ>


人気blogランキング
 人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。m(_ _)m


どんぐり学園の公式ホームページはこちらです。






Last updated  2009.09.03 07:51:05
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.31
カテゴリ:日頃感じた事
先日、久しぶりにかき氷を食べました。

 小豆の入った金時、
 茶の香りの宇治、
 イチゴやミルクもあります。

子どもの頃は、金時は一番高くて、食べたくても食べられませんでした。
 当時、食べるのはイチゴが多かったように思います。

先日は、子どもの頃食べられなかった金時を食べました。

何十年ぶりかの想いを成就した感じです。

<こころ>


人気blogランキング
 人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。m(_ _)m


どんぐり学園の公式ホームページはこちらです。






Last updated  2009.08.31 06:41:51
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.29
カテゴリ:日頃感じた事
ことばの暴力が意外と多いです。
 
暴力には、物理的な暴力と
     言葉の暴力があります。

物理的な暴力は暴力としてすぐにわかります。

しかし、言葉の暴力は気がつかないこと、
   仕方がないと考える場合があります。

 言葉の暴力は、心の奥底に深く刺さります。

学校の中で起きる子ども同士のケンカ・いさかいの多くは、ことばの暴力が原因です。

 相手のことを悪く言う。
  例えば、太っている子に、「デブ、ブタ」
  女の子に、「ブス」
  背の低い子に、「チビ」
  その他、相手の行動、発言に対して、返す言葉が過激となるのです。

 言っている本人にとっては何気ない言葉が、
  相手の子どもには深く傷つくことがあるのです。

通常の会話の中で、相手のことを話題にします。
 「誰々が、こういってた、変だよね」、
 「誰々が、こんなことをした、あれ変だよね。」
 「誰々の話し方(笑い方)、あれおかしいよね。」
 と言う風に相手のことを話題にします。

そのことばが、言われた子が反論しだすと、子どものケンカとなることが多いのです。

 大人しい子で、反論できなくて、黙っている場合にはケンカにはなりませんが、
  言われた子は、学校へ行くのが嫌になります。

通常の話題の中で相手のことを話題にすると、
 ことばの暴力になることが多く、イジメとなることが多いのです。

相手のことを話題にするのはやめましょう。

相手のことを考える、思いやることは大切ですが、悪く言うのはよくありません。

<こころ>


人気blogランキング
 人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。m(_ _)m


どんぐり学園の公式ホームページはこちらです。







Last updated  2009.08.29 07:28:13
コメント(2) | コメントを書く
2009.08.28
カテゴリ:日頃感じた事
衆議院議員選挙が最終盤です。

ところで、先日名古屋の街を歩いていましたら、
 候補者のポスターに赤いマジック(?)のようなもので落書きが書かれていました。

選挙ポスターなどに落書きしたり、破ったり、
 候補者等に暴行したり、演説の妨害、集会の便を妨げる、
 ツバや水をかけたり、罵声を浴びせたり、すると
  公職選挙法違反になるのです。

大人の人でもこのことがわかっていない人がいます。

 今回の選挙でも多くの人が逮捕されています。

選挙ポスターに落書きなどをするとどうなるでしょうか。
 選挙の自由妨害になります(公職選挙法第225条2項)。

 自由選挙妨害は罪が重いです。

「落書き」だけで、4年以下の懲役もしくは禁錮又は100万円以下の罰金となるのです。

<こころ>


人気blogランキング
 人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。m(_ _)m


どんぐり学園の公式ホームページはこちらです。






Last updated  2009.08.28 07:08:02
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.18
カテゴリ:日頃感じた事
先日、豊橋市内の食堂で、
 子どもの対応で見事だな、と思える出来事を目にしました。

私の隣の席で、男の子3人と女の子(長女?)とおばあちゃんと、両親の家族が食事をしていました。 
 その時、5、6歳の女の子が、急に癇癪を起こして泣き叫び始め、テーブルにあったコーヒーなどに入れる細長い砂糖をテーブルにばらまきました。

それを見たお母さんは、その女の子を抱きかかえて外に出て行きました。
 しばらくして(5分程度?)女の子とお母さんが戻ってきました。
 女の子は、泣き止んでいました。

お母さんが女の子をそとへ連れ出している間に
 お父さんは黙々と砂糖の袋を片付けていました。

見事だな、と思いました。

<こころ>


人気blogランキング
 人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。m(_ _)m


どんぐり学園の公式ホームページはこちらです。






Last updated  2009.08.18 15:40:41
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.17
カテゴリ:日頃感じた事
どんぐり学園の校庭に松の木が一本あります。

その松の木の枝が伸びていましたので、枝を切りました.

畑や校舎周りを整備するスタッフと二人でやりました。
  
 バッサ、バッサと切り落とし、すっきりしました。

「木六、竹八、塀十郎」と言う言葉があります。

 木、竹、塀の手入れや切ったりするのは、
  それぞれ、6月、8月、10月がよい、というものです。

  この言葉は、旧暦ですので、
   八月の庭木の手入れは、時期としてはマズマズでしょうか。

<こころ>


人気blogランキング
 人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。m(_ _)m


どんぐり学園の公式ホームページはこちらです。






Last updated  2009.08.17 05:47:47
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.13
カテゴリ:日頃感じた事
三国志において赤壁の戦いは非常に有名です。

昨日、DVDで「レッドクリフPart1」を観ました。

劉備軍は、劉備を慕って来る民を見捨てず、民とともに退却しました。
 「千人の援軍がいる」と言われた孔明は、民を守っている兵士の一部をさいて
  前線に送ろうと考えたのですが、
  劉備は、「民を放っていくのか。それはできない。」と断りました。
 その戦いの場には、劉備の奥さんと幼いわが子もいたのです。

 劉備夫人は、そこで近くの井戸に自ら身を投げました。

孫権と同盟を組み、孫権を立ち上がらせることが必要であることになりました。

劉備が孫権と同盟を結ぶための使者として諸葛孔明自らが呉の国に赴きました。
 そうして、魏の曹操率いる80万の大軍に恐れをなしている孫権の老臣たちとの論戦に勝ち、
 さらに周瑜とともに孫権を立ち上がらせました。

 民を思い、逆賊に立ち向かう正義の戦いをすることで同盟が成立しました。

第一部は、赤壁の戦いの「前哨戦」ですが、
 諸葛孔明と周瑜との琴の連弾、八卦の陣など、見応えががありました。

<こころ>


人気blogランキング
 人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。m(_ _)m


どんぐり学園の公式ホームページはこちらです。






Last updated  2009.08.13 07:50:10
コメント(1) | コメントを書く
2009.08.12
カテゴリ:日頃感じた事
論語の学而篇に、次の言葉があります。
 これは、どんぐり学園で生徒たちと勉強しています。

 子貢曰く、貧(ひん)にして諂(へつら)うことなく、富みて驕(おご)ることなくんば如何 と。子曰く、可なり、未だ貧にして楽しみ、富みて礼を好むにしかざるなりと。
 訳:子貢がいった、「貧乏であってもへつらわず、金持ちであってもいばらないというのは、
   いかがでしょうか。」先生は答えられた、「よろしい。だが、貧乏であっても道義を楽し
   み、金持ちであっても礼儀を好むというのには及ばない。」

 この後に、「切磋琢磨」の言葉が続いています。

 子貢の言葉は、どこが不十分でしょうか。
 「貧乏でへつらわない、富んでおごらない」ことは、大切な心構えなのです。

 孔子は、「貧乏に処する最高の道は、結局貧富を超越するところにある、と言います。
  へつらうまいとか、驕るまいとか心にかけて苦心するのは、貧富を気にし過ぎるから。
  貧富を気にし過ぎると、自然と他人と自分を比べてみたくなる。
  そうして、比べた結果が「へつらいの心や驕りのこころ」を生み出す。そして、
  それを征服する(乗り越える)ために苦心しなければならない。
  と、子貢を諭しています。

このように諭されて、子貢は、
 詩経の「切磋琢磨」の詩を思い出して自らをさらに高めることを考えたのです。
  「切磋琢磨」の中にある、
  工匠の芸術心、仕事を楽しむ心に思いいたったのです。
   つまり、労苦の中に、労苦することそのことに、
     生命の躍動と歓びを見いだす心です。

 そこが、求道者としては顔回(顔淵)に及ばずとも、子貢のすごいところです。

<こころ>


人気blogランキング
 人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。m(_ _)m


どんぐり学園の公式ホームページはこちらです。






Last updated  2009.08.12 06:27:57
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.10
カテゴリ:日頃感じた事
昨日のテレビ(NHKスペシャル;海軍400時間の証言)で、
 旧海軍軍令部に所属していた将校などの「反省会」記録の放映がありました。

その中で、太平洋戦争に突き進んだ経緯などが話されました。
 国を思っての戦争ではなくて、海軍を思っての戦争であったのです。
 その「いい加減さ」に驚かされました。

海軍軍令部は、「作戦参謀本部」なのです。
 しかし、まともな作戦を立てていなかったのです。

太平洋戦争の転機となったミッドウェイ海戦に対しても、
 作戦をどこで企画したのか不明で、
  本来あらゆる作戦を綿密に練り上げる機関である軍令部が作戦本部、中枢部の役割を果たしていないのです。
  「無責任体制」と言える状況だったのです。

こんな状況で、「あの戦争」が始まり、多くの人が命を落としたのかと思うと、強い憤りすら感じます。

  「この戦は、玉砕戦だから前線へ戻れ!」と追い返されて死んで行った人たち、
  「特攻」で爆弾を抱えて自らの命を失った兵士、
  最前線で、竹槍で戦わざるをえなかった兵士、の無念さを

 どう考えたらよいのでしょうか。

このような「無責任体制」は、旧海軍軍令部だけではありません。
 現在の霞ヶ関の官僚制度も似た感じがしています。

明治、大正、昭和を通して、
 日本は、国を考えるのでなく、その部署(省庁)を第一に考えるように思えます。

悲しいことです。

<こころ>


人気blogランキング
 人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。m(_ _)m


どんぐり学園の公式ホームページはこちらです。






Last updated  2009.08.10 17:07:03
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.08
カテゴリ:日頃感じた事
昨夜、途中からでしたがNHKBS2の、HV特集:証言記録マニラ市街戦、を観ました。

死者は約12万人で、
    市民    10万人
    日本軍兵士  1万5千人(12、000人?)
    米軍兵士     1千人 です。
死者の大半(8割以上)が市民です。

 市民は、病院や頑丈な建物に戦火を避けて避難しました。

 マニラの中心部にあり植民地時代にスペインが建設した牢獄かつ要塞で有名なサンチャゴ要塞は、城塞都市イントラムロスの主要部分です。
そこを、日本軍が守備していました。

イントロムロスの最後の段階(砲撃を始める直前)では、
 兵士は数十人、市民がほとんどでした。

市内にある、病院、国会議事堂、市役所などに対して、市民がいるのを承知で、
 米軍は艦砲射撃、戦車砲、迫撃砲などで、爆弾の雨を降らせたのです。

米軍が組織した現地ゲリラ部隊の行動は、日本軍兵士の状況を一変させ、
 現地人を見ると殺すようになって行きました。

きれいなマニラの街が、一か月間の市街戦で焦土と化したのです。

戦争は、多くの場合市民に被害が大きく出ます。

「生きたい!、死にたくない!」との思いで安全なところに戻って来ると、
 「この戦は、玉砕戦である。戻れ!」と
  言われて前線へ追いやられて死んでいった兵士が沢山いるそうです。

戦争は、前線兵士、市民(年寄り、女・子ども)が悲惨な状態となるのです。

どこかで次の言葉を聞いた記憶があります。

 「そんなに戦争をしたいならば、軍隊の上層部が前線で戦いなさい。」

<こころ>


人気blogランキング
 人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。m(_ _)m


どんぐり学園の公式ホームページはこちらです。







Last updated  2009.08.08 07:34:32
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全167件 (167件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.