まあぼの交差点

「い~お」の作者

■■■ 「い~お」で始まる作者の作品
■■■
楽天ブックストップページ ・日記へのリンクは,その作品に触れている日の記述へのリンクです。
・HPは,作家の「公式ページ」または「ファンのサイト」へのリンクです。
・一方的リンクです。不都合な場合はご連絡ください。
・リンク作成時点でのつながりは確認していますが,リンク切れを見つけた方はご連絡ください。

作者名をクリックすると,それぞれの作者の作品リストに移動します。

伊坂幸太郎   石持浅海   井上雅彦   うえお久光   宇江佐真理   大倉崇裕   太田忠司   大野靖子   大山誠一郎   小川洋子   荻原浩   乙一   乙川優三郎   恩田陸  

その他の作者の作品は→こちらからごらん下さい。

伊坂幸太郎

オーデュボンの祈り(2000)  ⇒ 06/09/22の日記
 コンビニ強盗に失敗して逃げている伊藤が目覚めたときにいた荻島は「外界とは隔絶」していた。カカシが話をするその島で伊藤の体験したことは……

ラッシュライフ(2002)  ⇒ 06/09/30の日記
 泥棒黒澤その他,たがいに交錯する次の5つの物語が最後に1つにまとまる。

陽気なギャングが地球を回す(2003)  ⇒ 06/10/08の日記
 銀行強盗をする4人組の話。嘘と騙しが重なって話がどんどん転回していく。

石持浅海

セリヌンティウスの舟  ⇒ 06/02/08の日記
 生死をともにしたダイバー仲間がともに過ごした早朝,1人が自殺。残された5人は,納骨式のあとに集まり,真相を探ろうとする。

扉は閉ざされたまま  ⇒ 06/05/07の日記
 大学卒業以来久しぶりに集まったサークルの仲よし仲間の合宿で,事故に見せかけた殺人が成功すか?

アイルランドの薔薇(2002)  ⇒ 06/05/17の日記
 アイルランドの小さな旅館で,北アイルランドの過激派政治団体の1人が殺される。アメリカからの大学生,日本人研究者,政治団体幹部などの宿泊客だけで犯人を見つけようとするが……

井上雅彦

綺霊  ⇒ 05/10/28の日記
 不思議な,ときにはグロテスクで,ときには怖い話が並んでいますが,どれもが「きれい」と思えるショートショートです。

うえお久光

悪魔のミカタ1~2(魔法カメラ,インヴィジブルエア)  ⇒ 05/11/19の日記
悪魔のミカタ3~4(パーフェクトワールド平日編・休日編)  ⇒ 05/12/22の日記
悪魔のミカタ5(グレイテストオリオン)  ⇒ 05/12/27の日記
悪魔のミカタ6~7(ストレイキャット ミーツガール,リターン)  ⇒ 06/01/04の日記
悪魔のミカタ8~9(It/ドッグデイズの過ごしかた,終わりかた)  ⇒ 06/02/03の日記
悪魔のミカタ10(It/スタンドバイ)  ⇒ 06/06/21の日記
悪魔のミカタ11(It/ザ・ワン)  ⇒ 06/06/27の日記

 登場人物や場所などはうえお久光メモ「悪魔のミカタ」シリーズにまとめてあります。

宇江佐真理

君を乗せる舟  ⇒05/05/23の日記
 「髪結い伊三次捕物余話」の5作目。不破友之進の長男龍之介も元服して龍之進となり,無足見習い同心として活躍を始めます。
 宇江佐真理メモの,「君を乗せる舟」も参考にどうぞ。

大倉崇裕
    HP  無法地帯
「はてなダイアリー」には,日記もあります。  →Muhoの日記

やさしい死神  ⇒05/09/23の日記
 シリーズ3作目。今回は短編集。落語界で起こるいろいろな騒動を,名編集長牧と新米編集者間宮緑のコンビが解決していきます。

太田忠司
    HP  太田忠司のホームページ ←作品の中の地図や家の見取図が大好きな自分に,「お宅拝見」はぴったり。

ミステリなふたり(2001)  ⇒ 06/11/16の日記
 短編集。「鉄女で氷の女でカミソリ女」といわれる愛知県警捜査一課のやり手刑事京堂景子と年下の夫新太郎によって事件が解決されていく。

レンテンローズ(2002)  ⇒ 05/10/18の日記
 屋上から飛び降りたはずの友人が生きていた。しかし,翌日になると……(レンテンローズ)。結婚式を目前にした姉が……(裁く十字架)の2話構成。アカンサスとプリムラが「かっこいい」ですよ。
 レギュラーの登場人物は,太田忠司メモの,「レンテンローズ」を参考にしてください。

笑う月(2002)  ⇒ 05/03/16の日記
 童謡「あのこはたあれ」になぞらえた,中学生の連続殺人事件。自分のおばへの疑いと学校の中での孤立に苦しむ久世伸弥の安らぎの場は,フラワーショップ「レンテンローズ」たが……。
 レギュラーの登場人物は,太田忠司メモの,「笑う月」を参考にしてください。

黄昏という名の劇場(2002)  ⇒ 07/04/22の日記
 黄昏の世界から追放された語り手である「私」が聞かされた様々な話を集めた連作短編集。

囁く百合(2003)  ⇒ 05/03/20の日記
 10年前,百合の花を目印とする幼児連続殺害事件の魔手から危うく逃れた早紀だが,そのまわりに再び百合の花と殺人事件が……。
 太田忠司メモの,「囁く百合」に「裏設定」の登場人物をまとめてあります。

月読(2005)  ⇒ 05/02/28の日記その2
 死者の思いを込めた「月導(つきしるべ)」が日常的に出現する世界。高校生と風変わりな刑事と月読(つくよみ)によって,殺人事件と20年前の行方不明事件と出生の謎とがきれいに収束していきます。
 読むときは,太田忠司メモの,「月読」を参考にどうぞ。登場人物をまとめてあります。ネタバレはさせていないつもりです。

レストア(2006)  ⇒ 06/07/24の日記
 副題は「オルゴール修復師雪永鋼の事件簿」。壊れたオルゴールをめぐっての連作短編集だが,雪永鋼が優秀な助手を獲得するまでの長編でもある。

甘栗と金貨とエルム(2006)  ⇒ 07/06/09の日記
 探偵をしていた父親の交通事故死で,事務所の整理をしていた主人公甘栗晃のもとに小学生の少女仁礼(にれ)淑子が現れ,父親に頼んでいた調査の継続を求める。藤森涼子もちょっと顔を出すが,高校生探偵の新シリーズ登場か?

落下する花(2007)  ⇒ 07/05/25の日記
 月読の朔夜一心が探偵をつとめる,月読シリーズ2作目の短編集。「そこにない手」には1作目にも出てきた河井刑事と後輩の大城刑事が登場する。

大野靖子

松島市兵衛風流帖  ⇒<05/04/02の日記その2その3その4その5
 定町回り同心の職を辞した松島市兵衛の足の向く先は船宿の「たつみ」。そこの女将であるお艶も船頭の巳之吉もかつて市兵衛が育てた孤児であった。
 大野靖子メモの,「松島市兵衛風流帖」も参考にどうぞ。

大山誠一郎

仮面幻双曲(2006)  ⇒ 07/09/08の日記
 終戦直後の混乱期を舞台としたミステリ。

小川洋子

博士の愛した数式  ⇒ 06/05/16の日記
 事故によって記憶の蓄積が1975年で終わり,実生活でも8時間以上の記憶が続かないが元大学の数学研究所教授とそこに通う家政婦・その息子の話。

荻原浩

オロロ畑でつかまえて(1998)  ⇒ 06/11/19の日記
 「日本一のド田舎」である牛穴村の青年会のメンバーと,倒産と隣り合わせの弱小広告プロダクション「ユニバーサル広告社」が,「予算536万円」で村おこしをしようとする。

なかよし小鳩組(1998)  ⇒ 06/11/26の日記
 弱小広告プロダクション「ユニバーサル広告社」が,相手が「ヤクザ」と知らずに「小鳩組」のCIを手がけることになる。

ハードボイルド・エッグ(1999)  ⇒ 07/06/04の日記
 フィリップ・マーロウに憧れる「探偵」最上俊平が奮闘し,秘書兼探偵助手の片桐綾が活躍する,おもしろくてちょっとホロッとさせられる話。

誘拐ラプソディー(2001)  ⇒ 07/06/17の日記
 自殺しようとしてしきれないダメダメの秀吉の懐に,家出したお金持ちのぼっちゃん伝助が飛び込んできて,秀吉は「誘拐」事件をたくらむが……。

噂(2001)  ⇒ 06/08/03の日記
 足首を切断された女性の死体が見つかり,自分より年下の女性で警視庁本庁の警部補守永と組まされた目黒署の小暮巡査部長が,渋谷を発生源とした都市伝説との関係を追う。

コールドゲーム(2002)  ⇒ 07/04/13の日記
 中学2年生のときの同級生何人かが「トロ吉」に脅迫状を受けたあとで襲われ,山岸亮太と渡辺光也は「北中防衛隊」を作り,トロ吉を捜そうとする。

あの日にドライブ(2005)  ⇒ 07/04/15の日記
 タクシードライバーになった43歳の元銀行マン牧村伸郎が,家庭の現状を嘆き,これまでの人生の岐路で違った道を選んでいたら……と様々な夢想をしながら日々を送るが……。

押入れのちよ(2006)  ⇒ 07/05/10の日記
 ちょっと幻想小説的雰囲気がある短編集。

四度目の氷河期(2006)  ⇒ 07/05/22の日記
 思い込みの激しい少年ワタルは,小学校5年生のときから自分の父親がクロマニヨン人の「アイスマン」だと信じ,それを生きる支えにしていたが,サチとの出会いがその後の人生を大きく変えることになる。

乙一

夏と花火と私の死体(1996)  ⇒ 06/03/25の日記
 短編集。デビュー作。殺された少女が語る「夏と花火と私の死体」と人形をめぐる「優子」。

天帝妖狐(1998)  ⇒ 06/03/18の日記
 短編集。ネットの現状を思わせる「A MASKED BALL ア マスクド ボール」と運命を哀しく受け入れる「天帝妖狐」。

死にぞこないの青(2001)  ⇒ 07/06/15の日記
 いいたいことをうまく口に出せないため,担任の羽田先生からにらまれ,クラスをまとめるための道具,バランスを取るための生贄とされるマサオの話。

GOTH(2002)  ⇒ 06/09/15の日記
 ホラー。高校の同級生である「僕」と森野を中心とした,殺人や死体をめぐる話。

平面いぬ。(2003)  ⇒ 06/01/07の日記
 短編集。「石の目」「はじめ」「BLUE」「平面いぬ。」を収録。「はじめ」にでてくる少女の存在感,「平面いぬ。」の少女の明るさが印象に残った。

失はれる物語(2003)  ⇒ 07/03/15の日記
 「Calling You」や「失はれる物語」などを収録した短編集。

乙川優三郎

武家用心集(2003)  ⇒ 07/03/29の日記
 ちょっとしたことがきっかけで大きく生きる道が違ってしまう武士の姿を描いた短編集。

恩田陸

麦の海に沈む果実(2000)  ⇒ 07/04/16の日記
 理瀬が古い革のトランクを取り戻すまでの物語。

月の裏側(2000)  ⇒ 07/01/07の日記
 九州の水郷都市箭納倉(やなくら)を訪れた塚崎多聞の不思議な冒険と体験の話。

黒と茶の幻想(2001)  ⇒ 07/03/10の日記
 大学の元同級生の男女4人が,Y島に旅行に行く話。

黄昏の百合の骨(2004)  ⇒ 07/05/19の日記
 2年間のイギリス留学を学年の切れ目で打ち切り,10月に長崎の私立高校「紫苑」2年に編入した水野理瀬が,同じ年のクリスマスに再びイギリスに戻るまでの話。

禁じられた楽園(2004)  ⇒ 07/06/06の日記
 映画の美術担当として名をなしている烏山響一が,再入学した大学で同じ講義をとる平口捷,バーでアルバイトをしながら造形美術を目指す美大生の律子などと関わりながら意図するところは……。

ユージニア(2005)  ⇒ 06/04/20の日記その2
 20年以上前の大量毒殺事件の真相が,10年前に卒業論文として調べた女性の足跡をたどる現在の聞き手によって次第に明らかにされる。





Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.