まあぼの交差点

大野靖子メモ

■■■ 大野靖子メモ      作品リストへ ■■■

松島市兵衛風流帖  05/04/02の日記その2その3その4その5
楽天ブックストップページ

明示されていない。山村座(正徳期に廃業)と菊屋宇兵衛(天明以降)の時代が合わないので,あまり気にしないことにしましょう。

登場人物
松島市兵衛  隠居した南町奉行所定町回り同心。

<市兵衛に育てられた孤児たち>
お艶(つや)  小網町の船宿「たつみ」の女将。30歳前か?
        最初に拾われ,12,3から市兵衛と子供たちの世話をする。
巳之吉(みのきち)  「たつみ」の船頭。子供たちの中では最年少。
松島市蔵  市兵衛の息子。南町奉行所定町回り同心。
友三郎  三ノ輪の錺職人。市蔵と兄弟同然に育つ。

<目明したち>
文七  市兵衛と同じ年頃で,目明しとしても同心市兵衛についていたが,今は市蔵の目明し。
平吉  もと深川の十手もちの老人。今も影響力をもつ。
弥吉  新黒門町の目明し。

<市兵衛のまわりの人>
河内屋重右衛門  市兵衛とともに若い頃遊んだ。市兵衛は彼に命を救われたと思っている。
弥之助  市兵衛と兄弟同然に育った錺職人。





Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.