まあぼの交差点

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Comments

プロじゃないから恥ずかしくないもん@ 正統派美少女 正統派美少女正統派美少女正統派美少女正…
連絡お願いします@ 連絡お願いします 連絡お願いします連絡お願いします連絡お…
神待ち掲示板@ 神待ち掲示板 神待ち掲示板神待ち掲示板神待ち掲示板神…
ヒクヒクしちゃう@ ヒクヒクしちゃう ヒクヒクしちゃうヒクヒクしちゃうヒクヒ…
疼いちゃう@ 疼いちゃう 疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃ…
いいでしょ?@ いいでしょ? いいでしょ?いいでしょ?いいでしょ?い…
予定は決まりましたか?@ 予定は決まりましたか? 予定は決まりましたか?予定は決まりまし…
できれば年上が@ できれば年上が できれば年上ができれば年上ができれば年…
集結だよ@ 集結だよ 集結だよ集結だよ集結だよ集結だよ htt…
おさわりの導入@ おさわりの導入 おさわりの導入おさわりの導入おさわりの…
2005/08/27
XML
エルフギフト(日記はこちら)を読み終えてから,この人の作品はもう少し追いかけてみようと思っていた。

ということで,今回はあえて「北欧神話っぽくないほう」を選んだのだが,

スーザン・プライスの「500年のトンネル」

上巻のかなりの部分まで読んだときに,「今回は失敗だったかな」と思った。

というのも,「エルフ・ギフト」で読んだときに感じた「スーザン・プライス」らしくないと思ったからだ。

ところが,……,とその前に簡単に紹介。話の枠組みは単純です。

21世紀の私企業FUPがタイムマシンを開発するが,予算などの制約で,行き先は16世紀のイングランドとスコットランドの境界地帯に限定。

21世紀から16世紀を搾取しようというたくらみだが,そこの住人というのが,イングランド,スコットランドどちらにも属さない好戦的氏族(歴史上もいたらしい)。
彼らにとって21世紀の人間は「エルフ」ということになっていて,「エルフ」たちはアスピリンを使って彼らを懐柔しようとする。

まあ,そこでごたごたがあったり,エルフと人間(16世紀)の恋があったりするわけだが,「らしくない」と思ったのは,妙におとなしかったからだ。

そして,途中で予想できてしまうように,16世紀の人間が大怪我をして,治療のため21世紀に連れて行かれるという展開になるのだが,そこからあとが,非常におもしろかった

風変わりな人間は出てくるは,人はポロポロ死ぬは……
「殺人」が多い作品が好きというわけではないのだが,この人の場合,サラッと殺す書き方がうまいのかなあ。

原題は「The Sterkarm Handshake(スターカーム族の握手)」なのだが,これがくせもの。
握手は手に武器を持っていないことを示す儀礼でもあるが,その氏族はすべて左利きで,右手で握手しながら左手に刀を隠し持つことができる。

16世紀のスターカームと契約を結んできた,FUPの重役がそのときの握手の意味を聞かされて憤るあたりから話が始まるのが,作品全体を象徴しているといえるだろう。

出版社からの紹介に「タイムトラベル・ファンタジー」とあるが,タイムマシンが実現している以外は,ファストフードと自動車の排気ガスがあふれるごくあたりまえの現在の21世紀である。
SFの先入観は捨てて,ふつうのファンタジーとして読んだほうが楽しめる。

スーザン・プライスの他作品についての日記は,フリーページ 読了本(海外) (スーザン・プライス)からごらんください。

楽天ブックス






Last updated  2007/01/20 12:41:51 AM


PR

Category

Favorite Blog

〈植村冒険館〉に行… りぶらりさん

『鴎外の婢』松本清張 ばあチャルさん

有為転変 静流2495さん
風雅 風雅1100さん
フォッカーといえば・… ベローソフさん
とりあえず知っとけ! Aokageさん
harumiffyのMiffy… harumiffyさん
日々のあぶく? kiyuさん
未定の予定~ラビ的… みっつ君さん
ちゃっちゃんの大冒険 ちゃっちゃん♪さん

Recent Posts


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.