まあぼの交差点

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Comments

プロじゃないから恥ずかしくないもん@ 正統派美少女 正統派美少女正統派美少女正統派美少女正…
連絡お願いします@ 連絡お願いします 連絡お願いします連絡お願いします連絡お…
神待ち掲示板@ 神待ち掲示板 神待ち掲示板神待ち掲示板神待ち掲示板神…
ヒクヒクしちゃう@ ヒクヒクしちゃう ヒクヒクしちゃうヒクヒクしちゃうヒクヒ…
疼いちゃう@ 疼いちゃう 疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃ…
いいでしょ?@ いいでしょ? いいでしょ?いいでしょ?いいでしょ?い…
予定は決まりましたか?@ 予定は決まりましたか? 予定は決まりましたか?予定は決まりまし…
できれば年上が@ できれば年上が できれば年上ができれば年上ができれば年…
集結だよ@ 集結だよ 集結だよ集結だよ集結だよ集結だよ htt…
おさわりの導入@ おさわりの導入 おさわりの導入おさわりの導入おさわりの…
2006/02/02
XML
不思議な雰囲気をもった本というのが,

はやみねかおるの「ぼくと未来屋の夏」

の印象。ミステリ仕立てではあるのだけれど,謎解きそのものにはあまりこだわらなくてよいという感じだった。

髪櫛町の駅前商店街で「未来屋」と名のる猫柳青年と出会った作家志望の小学6年生風太。

その風太の夏休みの生活と冒険が話の中心となり,過去に起こった神隠しの謎なども解いていくのだが,なんといっても「未来屋」猫柳と風太のやりとりが楽しい。

いろいろなところを旅している途中だという未来屋だが,夏休みが終わると風太の家から消えてしまう。そして,な,なんと風太の担任の大原先生のマンションに転がり込み,結婚することに。

そんなことでいいのか! という気もするが,いいのでしょう。
肩が凝らずに読める1冊。
表紙裏に町の地図が載せてあるのもよかった(ただし,風太の家の場所がわからなかった!)。

次の日記も読ませていただきました。
日々のあぶく(kiyu25さん)  りぶらりだいあり(りぶらりさん)


日本のミステリ作品についての日記は,フリーページ 読了本(日本) (ミステリ)からごらんください。

楽天ブックス






Last updated  2007/01/20 01:26:06 AM
[読んだ本(ミステリ・日本)] カテゴリの最新記事


PR

Category

Favorite Blog

『散歩する侵略者』… New! りぶらりさん

『カラスの親指』道… ばあチャルさん

有為転変 静流2495さん
風雅 風雅1100さん
フォッカーといえば・… ベローソフさん
とりあえず知っとけ! Aokageさん
harumiffyのMiffy… harumiffyさん
日々のあぶく? kiyuさん
未定の予定~ラビ的… みっつ君さん
ちゃっちゃんの大冒険 ちゃっちゃん♪さん

Recent Posts


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.