まあぼの交差点

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Comments

プロじゃないから恥ずかしくないもん@ 正統派美少女 正統派美少女正統派美少女正統派美少女正…
連絡お願いします@ 連絡お願いします 連絡お願いします連絡お願いします連絡お…
神待ち掲示板@ 神待ち掲示板 神待ち掲示板神待ち掲示板神待ち掲示板神…
ヒクヒクしちゃう@ ヒクヒクしちゃう ヒクヒクしちゃうヒクヒクしちゃうヒクヒ…
疼いちゃう@ 疼いちゃう 疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃ…
いいでしょ?@ いいでしょ? いいでしょ?いいでしょ?いいでしょ?い…
予定は決まりましたか?@ 予定は決まりましたか? 予定は決まりましたか?予定は決まりまし…
できれば年上が@ できれば年上が できれば年上ができれば年上ができれば年…
集結だよ@ 集結だよ 集結だよ集結だよ集結だよ集結だよ htt…
おさわりの導入@ おさわりの導入 おさわりの導入おさわりの導入おさわりの…
2006/08/07
XML

古川日出男の「13」(1998)

を読んだ。
以下,ネタバレの可能性があります。

この本は,乱暴なまとめ方をすると「復讐の話,序章」ということもできる(ただし,「復讐」というのは筆者が思うだけで,本文の中にこの言葉は使われていない)。

親友であり,兄弟であるウライネを失った橋本響一の,あるいは地球上で場所を失いつつある自然の,あるいは神の,端的にいえば始原の混沌(カオス)の,人類に対する復讐である。

その復讐は,この本を読み終わった時点で「始まったばかり」であるが,何年,何十年かかろうと,響一が生きている間に達成されることを天使によって保証されている。

おっと,先走って(ってわざとだけど,笑)厚い本の最後の部分に話を飛ばしてしまった。

ところで,「復讐」の道具については,本の最初の1文に書かれている。
1968年に東京の北多摩に生まれた橋本響一は,26歳の時に神を映像に収めることに成功した。

280ページ近くある第一部では,響一がどのような経緯で「神の色」を見るにいたったかについて書かれ,彼がそれを映像化する必要に迫られる原因となった事件で終わる。

第二部は,神を映像に収めた響一が映画の世界に入り,「神を体験させる」映像を作り始めるまでの話である。

そして,「13」という数字がついた認識票(ドッグ・タグ)が,コンゴ盆地の紛争に身を投じたアメリカ人の傭兵 → ローミ(黒いマリア) → 響一
へと渡り,神の国を出現させる象徴としての天使ガブリエルを登場させることになる。

とまあ,抽象的に書いてしまいましたが,本の中身は決して抽象的でも,難しくもありません。いろいろな人物や動物が登場し,舞台も,日本,アフリカ,南アメリカ,合衆国といろいろ移り,ハラハラドキドキの場面も,美しい場面もあり,厚くても,ある意味で「あっという間」に読めてしまい,あちこちに飛んでいたように思える話が,この著者一流の手法できれいに収束していきます。

あ~あ,おもしろかった!!

古川日出男の他作品についての日記は,フリーページ 読了本(日本) (古川日出男)からごらんください。

Your Click Cheers Me Lot━━━━
にほんブログ村 本ブログへ       人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━

楽天ブックス
13

13     古川日出男


記事関連のオススメ日記
19番の独り言(田中まさん)  読書とジャンプ(むらきかずはさん)
黒夜行さん  rocketbooksさん






Last updated  2006/08/07 12:25:22 AM
[読んだ本(ミステリ・日本)] カテゴリの最新記事


PR

Category

Favorite Blog

通勤電車は混んでいた りぶらりさん

『カラスの親指』道… ばあチャルさん

有為転変 静流2495さん
風雅 風雅1100さん
フォッカーといえば・… ベローソフさん
とりあえず知っとけ! Aokageさん
harumiffyのMiffy… harumiffyさん
日々のあぶく? kiyuさん
未定の予定~ラビ的… みっつ君さん
ちゃっちゃんの大冒険 ちゃっちゃん♪さん

Recent Posts


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.