まあぼの交差点

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Comments

プロじゃないから恥ずかしくないもん@ 正統派美少女 正統派美少女正統派美少女正統派美少女正…
連絡お願いします@ 連絡お願いします 連絡お願いします連絡お願いします連絡お…
神待ち掲示板@ 神待ち掲示板 神待ち掲示板神待ち掲示板神待ち掲示板神…
ヒクヒクしちゃう@ ヒクヒクしちゃう ヒクヒクしちゃうヒクヒクしちゃうヒクヒ…
疼いちゃう@ 疼いちゃう 疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃ…
いいでしょ?@ いいでしょ? いいでしょ?いいでしょ?いいでしょ?い…
予定は決まりましたか?@ 予定は決まりましたか? 予定は決まりましたか?予定は決まりまし…
できれば年上が@ できれば年上が できれば年上ができれば年上ができれば年…
集結だよ@ 集結だよ 集結だよ集結だよ集結だよ集結だよ htt…
おさわりの導入@ おさわりの導入 おさわりの導入おさわりの導入おさわりの…
2006/12/09
XML
ネロ・ウルフが登場する長編33作品中5作目にあたる,

レックス・スタウトの「料理長が多すぎる」(Too Many Cooks,1938)

を読んだ。
ネロ・ウルフのシリーズの中でもっとも有名でかつもっとも読まれている作品だろう。

1937年4月上旬。シリーズで初めて,ウルフが鉄道での旅行をする(「若造」のころはオーストリア政府の密命でスペイン→アルジェと動き回っていたこともあるらしい)。

行き先はウェスト・ヴァージニア州のカノーワ・スパー(チャールストンの近く)。
5年に1度開かれる「15人の巨匠」の会に主賓として呼ばれ,料理を堪能し,会の締めくくりとして「高級料理に対するアメリカの貢献」という主旨でスピーチをするためである。

この事件でウルフは報酬(何人かからの違う形の提示で,最高5万ドル)を受け取らない。
これでウルフを「無欲な人間」などと思ってはいけない(笑)
いちおう,「客だから」とか「自分が狙われたから」ということで,事件を「無料」で解決してしまうのだが,実はもっともほしいサン・レモの「コリドーナ」の料理長からソーシス・ミニュイ(ソーセージ)のレシピを,周到な根回しの上で手に入れているのである。

今回も,ウルフの「聞き上手」が存分に発揮された。相手は料理長の1人の妻である中国人と,滞在したホテルの給仕,コックなどを含めた黒人たち。

ウルフ自身が「移民」であることもあり,黒人たちから事実を聞きだす場面は(実はウルフの説得が空振りもするのだが)説得力があった。
年代と国柄を考えると,口を閉ざす彼らの気持ちはストレートに伝わってくるし,「ひょっとして今でも?」などと思わせるところもあった。

なお,主賓であるウルフは「カノーワ・スパー」の料理長から招待されるのだが,アーチーも同じ資格で料理のテーブルにつけるように招待してくれたのが,ウルフの友人でニューヨークのレストラン「ラスターマン」のオーナーシェフのマルコ・ヴュクシック。
彼はウルフがファーストネームで呼ぶ「身内」以外の2人のうち1人ということだが,その後の作品にも名前がよく登場する。


登場人物などをフリーページのレックス・スタウトメモ(ネロ・ウルフシリーズ)に簡単にまとめてありますので,ごらんください。
レックス・スタウトの他作品についての日記は,フリーページ 読了本(海外) (レックス・スタウト)からごらんください。



Your Click Cheers Me Lot━━━━
にほんブログ村 本ブログへ       人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━


楽天ブックス






Last updated  2006/12/09 12:51:49 AM
[読んだ本(ミステリ・海外)] カテゴリの最新記事


PR

Category

Favorite Blog

高島平団地に行った New! りぶらりさん

『鴎外の婢』松本清張 ばあチャルさん

有為転変 静流2495さん
風雅 風雅1100さん
フォッカーといえば・… ベローソフさん
とりあえず知っとけ! Aokageさん
harumiffyのMiffy… harumiffyさん
日々のあぶく? kiyuさん
未定の予定~ラビ的… みっつ君さん
ちゃっちゃんの大冒険 ちゃっちゃん♪さん

Recent Posts


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.