まあぼの交差点

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Comments

プロじゃないから恥ずかしくないもん@ 正統派美少女 正統派美少女正統派美少女正統派美少女正…
連絡お願いします@ 連絡お願いします 連絡お願いします連絡お願いします連絡お…
神待ち掲示板@ 神待ち掲示板 神待ち掲示板神待ち掲示板神待ち掲示板神…
ヒクヒクしちゃう@ ヒクヒクしちゃう ヒクヒクしちゃうヒクヒクしちゃうヒクヒ…
疼いちゃう@ 疼いちゃう 疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃ…
いいでしょ?@ いいでしょ? いいでしょ?いいでしょ?いいでしょ?い…
予定は決まりましたか?@ 予定は決まりましたか? 予定は決まりましたか?予定は決まりまし…
できれば年上が@ できれば年上が できれば年上ができれば年上ができれば年…
集結だよ@ 集結だよ 集結だよ集結だよ集結だよ集結だよ htt…
おさわりの導入@ おさわりの導入 おさわりの導入おさわりの導入おさわりの…
2007/01/14
XML

レックス・スタウトの「手袋の中の手」(The Hand in the Glove,1937)

を読んだ。

この作品にはネロ・ウルフは登場せず,女性探偵の元祖ともいえる(のかな? 正確な比較はしていません)ドル(シオドリンダ)・ボナーが登場する。

ドルの共同経営者シルヴィア・ラフレーは,後見人のP・L・ストーズから,共同経営をやめるように勧告され,ドルの探偵事務所はピンチに陥る。

そんなとき,ドルの事務所にやってきたP・L・ストーズの目的は意外にも彼女に自分の妻から金を引き出している宗教家ジョージ・レオ・ランスの正体を暴いてほしいというものだった。

ストーズ邸を訪れたドルは,そこでP・L・ストーズの死体を発見することになり……

ウルフのシリーズの常連であるニューヨーク市警のクレイマー警部が登場し,ドルーは彼を相手に事件を解決していくことになる。

ちょっとごちゃごちゃした感じもあったが,ロマンスあり,犯人の意外性あり,証拠隠しの策謀ありで,なかなか読み応えがあり楽しかった。

レックス・スタウトの他作品についての日記は,フリーページ 読了本(海外) (レックス・スタウト)からごらんください。


Your Click Cheers Me Lot━━━━
にほんブログ村 本ブログへ       人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━


楽天ブックス






Last updated  2007/01/14 12:30:03 AM
[読んだ本(ミステリ・海外)] カテゴリの最新記事

PR

Category

Favorite Blog

『ハウルの動く城1… ばあチャルさん

『移動都市/モータル… りぶらりさん

有為転変 静流2495さん
風雅 風雅1100さん
フォッカーといえば・… ベローソフさん
とりあえず知っとけ! Aokageさん
harumiffyのMiffy… harumiffyさん
日々のあぶく? kiyuさん
未定の予定~ラビ的… みっつ君さん
ちゃっちゃんの大冒険 ちゃっちゃん♪さん

Recent Posts


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.