まあぼの交差点

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Comments

プロじゃないから恥ずかしくないもん@ 正統派美少女 正統派美少女正統派美少女正統派美少女正…
連絡お願いします@ 連絡お願いします 連絡お願いします連絡お願いします連絡お…
神待ち掲示板@ 神待ち掲示板 神待ち掲示板神待ち掲示板神待ち掲示板神…
ヒクヒクしちゃう@ ヒクヒクしちゃう ヒクヒクしちゃうヒクヒクしちゃうヒクヒ…
疼いちゃう@ 疼いちゃう 疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃ…
いいでしょ?@ いいでしょ? いいでしょ?いいでしょ?いいでしょ?い…
予定は決まりましたか?@ 予定は決まりましたか? 予定は決まりましたか?予定は決まりまし…
できれば年上が@ できれば年上が できれば年上ができれば年上ができれば年…
集結だよ@ 集結だよ 集結だよ集結だよ集結だよ集結だよ htt…
おさわりの導入@ おさわりの導入 おさわりの導入おさわりの導入おさわりの…
2007/01/27
XML
久しぶりにクリスティーを読んでみようと思い立ち,

アガサ・クリスティーの「謎のエヴァンス」(Why Didn't They Ask Evans?,1934,長沼弘毅訳)

を読んだ。

現在は「謎のエヴァンス」ではなく,「なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?」というタイトルの本が流通している。

ポワロもマープルも出てこないものがよい(シリーズものだと読み始めると止まらなくなる怖れがあるため,笑)と思って手にしたのがこの本なのだが,米澤穂信の「愚者のエンドロール」(日記は→こちらから)を読んだことにも影響されている(笑)

ゴルフをしている途中で瀕死の男を見つけ,彼の最後の言葉「なぜエヴァンスに頼まなかった?」を聞いた牧師の息子ボビイと彼の幼馴染みで伯爵令嬢であるフランキーが,ボビイの毒殺未遂をきっかけに事件の真相を知るべく探偵を始めるという話。

クリスティーはいつ読んでも「語りがうまいなぁ」と感じさせる作家なのだが,今回も,フランキーが伯爵令嬢らしからぬ行動で終始ボビーを引きずりまわしていくところに,最後まで微笑まされた。

敵役も魅力たっぷりで,ハラハラさせられる場面もあり,タイトルの謎も最後には明かされて,楽しい1冊だった。

クリスティーの「シリーズ外」をもう少し読んでいこうと思う。

アガサ・クリスティーの他作品についての日記は,フリーページ 読了本(海外) (アガサ・クリスティー)からごらんください。

Your Click Cheers Me Lot━━━━
にほんブログ村 本ブログへ       人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━

楽天ブックス






Last updated  2007/01/27 12:38:04 AM
[読んだ本(ミステリ・海外)] カテゴリの最新記事


PR

Category

Favorite Blog

「団地の時代」原武… りぶらりさん

『鴎外の婢』松本清張 ばあチャルさん

有為転変 静流2495さん
風雅 風雅1100さん
フォッカーといえば・… ベローソフさん
とりあえず知っとけ! Aokageさん
harumiffyのMiffy… harumiffyさん
日々のあぶく? kiyuさん
未定の予定~ラビ的… みっつ君さん
ちゃっちゃんの大冒険 ちゃっちゃん♪さん

Recent Posts


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.