まあぼの交差点

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Comments

プロじゃないから恥ずかしくないもん@ 正統派美少女 正統派美少女正統派美少女正統派美少女正…
連絡お願いします@ 連絡お願いします 連絡お願いします連絡お願いします連絡お…
神待ち掲示板@ 神待ち掲示板 神待ち掲示板神待ち掲示板神待ち掲示板神…
ヒクヒクしちゃう@ ヒクヒクしちゃう ヒクヒクしちゃうヒクヒクしちゃうヒクヒ…
疼いちゃう@ 疼いちゃう 疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃ…
いいでしょ?@ いいでしょ? いいでしょ?いいでしょ?いいでしょ?い…
予定は決まりましたか?@ 予定は決まりましたか? 予定は決まりましたか?予定は決まりまし…
できれば年上が@ できれば年上が できれば年上ができれば年上ができれば年…
集結だよ@ 集結だよ 集結だよ集結だよ集結だよ集結だよ htt…
おさわりの導入@ おさわりの導入 おさわりの導入おさわりの導入おさわりの…
2007/02/03
XML

アガサ・クリスティーの「シタフォードの謎」(The Sittaford Mystery,1931,鮎川信夫訳)

を読んだ。

雪に埋もれた山荘から始まるのだが,孤立していないところが新鮮で(って,書かれた年代からするとおかしいが,笑)おもしろかった。

事件の翌々日にはふもとの村と行き来できるようになるし,というよりも,当日,霊媒占いで被害者トレヴェリアン大佐の殺人を告げられて心配した友人バーナビイ少佐が,吹雪の中を山荘から村まで降りているのである。

容疑者として逮捕された青年ジムのフィアンセであるエミリーが新聞記者のチャールズとともに事件の真相に迫っていくのだが,彼女の活躍を楽しく読んでいくことができる。

ミス・マープルを彷彿とさせるミス・パースハウスもなかなか魅力的だった。

アガサ・クリスティーの他作品についての日記は,フリーページ 読了本(海外) (アガサ・クリスティー)からごらんください。

Your Click Cheers Me Lot━━━━
にほんブログ村 本ブログへ       人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━

楽天ブックス






Last updated  2007/02/03 12:28:50 AM
[読んだ本(ミステリ・海外)] カテゴリの最新記事


PR

Category

Favorite Blog

『ペスト』アルベー… New! ばあチャルさん

〈植村冒険館〉に行… りぶらりさん

有為転変 静流2495さん
風雅 風雅1100さん
フォッカーといえば・… ベローソフさん
とりあえず知っとけ! Aokageさん
harumiffyのMiffy… harumiffyさん
日々のあぶく? kiyuさん
未定の予定~ラビ的… みっつ君さん
ちゃっちゃんの大冒険 ちゃっちゃん♪さん

Recent Posts


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.