まあぼの交差点

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Comments

プロじゃないから恥ずかしくないもん@ 正統派美少女 正統派美少女正統派美少女正統派美少女正…
連絡お願いします@ 連絡お願いします 連絡お願いします連絡お願いします連絡お…
神待ち掲示板@ 神待ち掲示板 神待ち掲示板神待ち掲示板神待ち掲示板神…
ヒクヒクしちゃう@ ヒクヒクしちゃう ヒクヒクしちゃうヒクヒクしちゃうヒクヒ…
疼いちゃう@ 疼いちゃう 疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃ…
いいでしょ?@ いいでしょ? いいでしょ?いいでしょ?いいでしょ?い…
予定は決まりましたか?@ 予定は決まりましたか? 予定は決まりましたか?予定は決まりまし…
できれば年上が@ できれば年上が できれば年上ができれば年上ができれば年…
集結だよ@ 集結だよ 集結だよ集結だよ集結だよ集結だよ htt…
おさわりの導入@ おさわりの導入 おさわりの導入おさわりの導入おさわりの…
2007/02/14
XML

アガサ・クリスティーの「茶色の服を着た男」(The Man in the Brown Suit,1924,向後英一訳)

を読んだ。

原始人についての権威として著名だが貧乏な考古学者の娘アンが,父の死をきっかけにロンドンに出てからの冒険物語。

たまたま目撃した事故と,その直後に起きた殺人事件の謎を解くために,自分の全財産である87ポンドをはたいて南アフリカ行きの一等船室に乗り込んでしまう行動力が小気味よい。

あやしげな人物がたくさん登場して,謎の黒幕「大佐」の正体が最後までなかなかわからない中,社交界の花形であるスーザン・ブレイアとアンのやりとりとスーザンからの最後の贈り物が,結末の意外さ(犯人の意外さではない!)とともになかなか楽しい。

今回の敵役も魅力たっぷりで物語の締めくくりを盛り上げてくれた。

アガサ・クリスティーの他作品についての日記は,フリーページ 読了本(海外) (アガサ・クリスティー)からごらんください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 → ミステリ・サスペンス・推理小説全般
           (↑関連トラバの集積場所)
こちらもクリックをよろしく!! → 人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

楽天ブックス






Last updated  2007/02/14 09:05:01 PM
[読んだ本(ミステリ・海外)] カテゴリの最新記事


PR

Category

Favorite Blog

とても貴重な平日だ… New! りぶらりさん

『鴎外の婢』松本清張 ばあチャルさん

有為転変 静流2495さん
風雅 風雅1100さん
フォッカーといえば・… ベローソフさん
とりあえず知っとけ! Aokageさん
harumiffyのMiffy… harumiffyさん
日々のあぶく? kiyuさん
未定の予定~ラビ的… みっつ君さん
ちゃっちゃんの大冒険 ちゃっちゃん♪さん

Recent Posts


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.