まあぼの交差点

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Comments

プロじゃないから恥ずかしくないもん@ 正統派美少女 正統派美少女正統派美少女正統派美少女正…
連絡お願いします@ 連絡お願いします 連絡お願いします連絡お願いします連絡お…
神待ち掲示板@ 神待ち掲示板 神待ち掲示板神待ち掲示板神待ち掲示板神…
ヒクヒクしちゃう@ ヒクヒクしちゃう ヒクヒクしちゃうヒクヒクしちゃうヒクヒ…
疼いちゃう@ 疼いちゃう 疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃ…
いいでしょ?@ いいでしょ? いいでしょ?いいでしょ?いいでしょ?い…
予定は決まりましたか?@ 予定は決まりましたか? 予定は決まりましたか?予定は決まりまし…
できれば年上が@ できれば年上が できれば年上ができれば年上ができれば年…
集結だよ@ 集結だよ 集結だよ集結だよ集結だよ集結だよ htt…
おさわりの導入@ おさわりの導入 おさわりの導入おさわりの導入おさわりの…
2007/02/22
XML

アガサ・クリスティーの「忘られぬ死」(Sparkling Cyanide(米版Remembered Death),1934,村上啓夫訳)

を読んだ。

料理店「ルクセンブルグ」での誕生日のパーティーの席で,美人で大金持ちのローズマリーが,青酸カリ入りのシャンパンを飲んで死んだ。

自殺として処理された半年後,夫のジョージのもとにローズマリーは殺されたという匿名の手紙が届き,彼の苦悩が始まる。

同じ頃,ローズマリーの遺産を受け継いだ妹のアイリス(財産は彼女たちの叔父からの遺産だったので,夫ではなく妹に渡った)は,姉の秘密の手紙を見つける。

ジョージはローズマリーの事件の1年後に再び同じメンバーを集めてパーティーを開くのだが……

なぜジョージが死ぬことになったかについてはかなり早い段階でわかったのだが,それゆえに彼が犯人だと思ってしまい,真犯人にはたどり着かなかった(笑)

読み応えのある1作といえるだろう。

アガサ・クリスティーの他作品についての日記は,フリーページ 読了本(海外) (アガサ・クリスティー)からごらんください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 → ミステリ・サスペンス・推理小説全般
           (↑関連トラバの集積場所)
こちらもクリックをよろしく!! → 人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

楽天ブックス






Last updated  2007/02/22 09:17:02 PM
[読んだ本(ミステリ・海外)] カテゴリの最新記事


PR

Category

Favorite Blog

高島平団地に行った りぶらりさん

『鴎外の婢』松本清張 ばあチャルさん

有為転変 静流2495さん
風雅 風雅1100さん
フォッカーといえば・… ベローソフさん
とりあえず知っとけ! Aokageさん
harumiffyのMiffy… harumiffyさん
日々のあぶく? kiyuさん
未定の予定~ラビ的… みっつ君さん
ちゃっちゃんの大冒険 ちゃっちゃん♪さん

Recent Posts


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.