まあぼの交差点

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Comments

プロじゃないから恥ずかしくないもん@ 正統派美少女 正統派美少女正統派美少女正統派美少女正…
連絡お願いします@ 連絡お願いします 連絡お願いします連絡お願いします連絡お…
神待ち掲示板@ 神待ち掲示板 神待ち掲示板神待ち掲示板神待ち掲示板神…
ヒクヒクしちゃう@ ヒクヒクしちゃう ヒクヒクしちゃうヒクヒクしちゃうヒクヒ…
疼いちゃう@ 疼いちゃう 疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃ…
いいでしょ?@ いいでしょ? いいでしょ?いいでしょ?いいでしょ?い…
予定は決まりましたか?@ 予定は決まりましたか? 予定は決まりましたか?予定は決まりまし…
できれば年上が@ できれば年上が できれば年上ができれば年上ができれば年…
集結だよ@ 集結だよ 集結だよ集結だよ集結だよ集結だよ htt…
おさわりの導入@ おさわりの導入 おさわりの導入おさわりの導入おさわりの…
2007/04/28
XML

東野圭吾の「むかし僕が死んだ家」(1994)

を読んだ。

高校の同窓会の一週間後にかかってきた電話をきっかけに,「私」は元恋人倉橋沙也加の「自分探し」を手伝うことになる。

小学校入学以前の記憶が全くない沙也加が「私」と向かったのは,1年前に死んだ父が残した地図と鍵に示された山奥の異国調の白い小さな家。

残されていた小学生の日記,古い雑誌,手紙などから,沙也加の父が運転手をしていたらしいその家と家族の秘密が,そして最後には沙也加の過去が明らかになっていく。

沙也加の過去は,ほぼ途中で考えたとおりだったのだが,「家」そのものの秘密というか意味がおもしろかった。

タイトルと内容が一見結びつかないのだが,考えてみるとこの作品は家を失った2人の話である。

「僕が死んだ」というのが養子であることを知らされ,息子という芝居をするようになったことであり,「家」は私が結局行かなかったプロローグの「古い家」なのだろう。


東野圭吾の他作品についての日記は,フリーページ 読了本(日本) (東野圭吾)からごらんください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 → ミステリ・サスペンス・推理小説全般
           (↑関連トラバの集積場所)
こちらもクリックをよろしく! → 人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

楽天ブックス


記事関連のオススメ日記
~ LAZY LIFE ~(ヒゲもっこふさん)  うさぎ1455☆さん
未来の予定~ラビ的(みっつ君)  cascade0920さん
がちゃのダンジョン  映画&本(gacha-danjhonさん)






Last updated  2007/04/28 12:54:32 AM
[読んだ本(ミステリ・日本)] カテゴリの最新記事


PR

Category

Favorite Blog

『ハンナ』を観た New! りぶらりさん

『カラスの親指』道… ばあチャルさん

有為転変 静流2495さん
風雅 風雅1100さん
フォッカーといえば・… ベローソフさん
とりあえず知っとけ! Aokageさん
harumiffyのMiffy… harumiffyさん
日々のあぶく? kiyuさん
未定の予定~ラビ的… みっつ君さん
ちゃっちゃんの大冒険 ちゃっちゃん♪さん

Recent Posts


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.