まあぼの交差点

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Comments

プロじゃないから恥ずかしくないもん@ 正統派美少女 正統派美少女正統派美少女正統派美少女正…
連絡お願いします@ 連絡お願いします 連絡お願いします連絡お願いします連絡お…
神待ち掲示板@ 神待ち掲示板 神待ち掲示板神待ち掲示板神待ち掲示板神…
ヒクヒクしちゃう@ ヒクヒクしちゃう ヒクヒクしちゃうヒクヒクしちゃうヒクヒ…
疼いちゃう@ 疼いちゃう 疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃ…
いいでしょ?@ いいでしょ? いいでしょ?いいでしょ?いいでしょ?い…
予定は決まりましたか?@ 予定は決まりましたか? 予定は決まりましたか?予定は決まりまし…
できれば年上が@ できれば年上が できれば年上ができれば年上ができれば年…
集結だよ@ 集結だよ 集結だよ集結だよ集結だよ集結だよ htt…
おさわりの導入@ おさわりの導入 おさわりの導入おさわりの導入おさわりの…
2007/06/03
XML
カテゴリ:京極夏彦
「嗤う伊右衛門」,「四谷雑談集」に続いて,

鶴屋南北の「東海道四谷怪談」

(河竹繁俊校訂,1956)を読んだ。

その1(「嗤う伊右衛門」の日記)
その2(「四谷雑談集」の日記)

歌舞伎には縁遠く,台本も初めて読んだのだが,「ぐだぐだかな?」と思った予想に反し(もちろんぐだぐだな部分もあった,笑),亡霊の出方,忠臣蔵とのつながりも含めてしっかりした構成だったので驚いた。

「東海道四谷怪談」は,「四谷雑談集」とその他の巷談を骨組みとして忠臣蔵と同時に上演される狂言の台本として書かれたものだが,現代の「ホラー物」の一部(としておこう,笑)より,よほどリアリティがあるように思える。

「東海道四谷怪談」の内容をごく簡単にまとめると以下のようになる。

序幕
浅草で,伊右衛門(岩の夫)が自分の旧悪(御用金横領)を知って岩を自分から離している四谷左門(岩,袖の親)を,直助が横恋慕で佐藤余茂七(袖の夫)を殺す。ただし,死んだのは余茂七ではなく奥田庄三郎。
直助は余茂七の仇を討つためと騙して袖と仮の夫婦になる。
左門,伊右衛門,余茂七らが元塩谷(←赤穂)藩士(直助は藩士の下男),伊東喜兵衛が高野(←吉良)師直の家臣であることも語られる。

二幕
産後の肥立ちが悪い岩は,孫の梅を伊右衛門と結婚させたい伊東喜兵衛からの毒で顔が崩れ,伊右衛門らを恨んで死ぬ(事故死に近い)。
民谷家秘蔵の薬を(病の旧主のため)盗んだ小仏小平に密通の罪を着せて伊右衛門が斬り,岩とともに戸板の裏表にくくって川に流す。
同日の夜,祝言を挙げ連れ帰った梅(岩の顔)と喜兵衛(小平の顔)の首を伊右衛門が斬り落とす。

三幕
深川の隠亡堀で,梅の乳母槇(岩に毒を持参)が鼠(岩)に引かれて川に流され,伊右衛門は戸板の岩と小平から恨み言をいわれる。
伊右衛門と彼の母「熊」との対話,秋山長兵衛のゆすり,直助が岩の櫛を拾う場面もある。

四幕
姉岩の死を宅悦から聞かされた袖はいよいよと思い「仮の夫」直助に身を許すが直後に余茂七が現れ,自分が二人から同時に殺されるように仕向ける。
自分が浅草で殺したのが旧主の息子であり,書き置きから袖が妹だと知った直助も自害する。
孫平の住まいに小平の幽霊が現れ,元塩谷藩士小汐田又之丞は民谷家の秘薬を飲んで回復する。

大詰
七夕の日に伊右衛門は振袖を着た村娘姿の岩に化かされる。
時がたち,塩谷浪士討ち入りの日。
伊右衛門は熊の手引きで高野家に仕官しようとするが,岩の死霊に縊り殺された秋山から取り戻した師直のお墨付きの印の部分が鼠にかじられていて不首尾となる。
母が岩の死霊にのど元を食い殺され,父新藤(ママ)源四郎が首をくくったあと,伊東喜兵衛・梅殺しで追われていると逃げてきた関口を罠だと見破った伊右衛門が斬る。伊右衛門はその他の捕り手も斬るが,鼠たちの助太刀を受けた余茂七の手にかかって死ぬ。

以上

「四谷雑談集」で,伊右衛門と梅の婚礼の日に現れた蛇と,伊右衛門を食い殺した鼠をそれぞれ小平,お岩の象徴としてうまく使っているのが印象的だった(「嗤う伊右衛門」の最後の場面では,その蛇と鼠がさらに印象的に使われている)。

伊右衛門の,お岩の亡霊に怯えつつも最後まで対決姿勢を崩さない「ふてぶてしさ」もなかなかよかった。
高野家への仕官を「塩谷家のために内情を探るため」といってはばからない自分勝手さも,「よい男」の役者がやるとそれなりに味がありそうだ。
「雑談集」での,小心物ではあるがそれほど悪人ではない伊右衛門(岩を追い出したのは,又市に騙されたこと,岩の性格が悪いことなどもあり情状酌量の余地があるし,後妻の遺言で岩を探したり,亡霊と話し合いをしようとしたりしている)とも,「嗤う伊右衛門」での岩への愛を貫く伊右衛門とも違い,3者3様の伊右衛門像が見られておもしろかった。


登場人物について,簡単にまとめてみた。

両方に出てくる
伊右衛門…「嗤」「雑」では摂州浪人境野伊右衛門だが,「東」では元塩治藩士民谷伊右衛門(進藤家から民谷家に養子らしい)。

又左衛門…「嗤」「雑」では御先手組同心。「嗤」は民谷,「雑」田宮となっていて,「雑」では彼の死後に又市が婿養子の伊右衛門を探し出す。「東」では元塩治藩士四谷左門(四谷左門町から)。

岩…共通だが「東」では死ぬが,「嗤」「雑」では失踪。「東」では伊右衛門と駆け落ちし,後に左門によって別れさせられ,伊右衛門が左門を殺してから復縁,産後伊右衛門に疎まれ,宅悦から伊東・伊右衛門の企みを聞かされて恨みながら死ぬ。

梅…「嗤」では薬種問屋の娘で,伊東喜兵衛の妾のまま伊右衛門の後妻,「雑」では喜兵衛の妾のひとりというだけ(「花」が後妻になる),「東」では喜兵衛の孫娘。

伊藤喜兵衛…「嗤」「雑」では御先手組与力。「東」では高野師直の家臣。「嗤」では,独自のキャラクターが与えられている。

秋山長右衛門…「嗤」「雑」では御先手組同心(「雑」では伊右衛門と花(梅)の仲人をしただけで恨まれる損な役割)。「東」では不良浪人。

又市…「嗤」「雑」では「小股潜り」。「嗤」では裏の主役としてのキャラクターになっている。「東」では伊東喜兵衛の娘弓の婿で梅の父。


「嗤」と「雑」だけに出てくる
三宅彌次兵衛…どちらも御先手御鉄砲組組頭だが,「雑」では,伊東喜兵衛との血のつながりはない。

染…「嗤」も「雑」も伊東喜兵衛の胤で伊右衛門の子供。「嗤」では梅に殺されるが,「雑」では婿養子源五右衛門を取って田宮家の最後まで残るが25歳で病死,やがて源五右衛門も狂って田宮家は断絶となる。
なお,「東」に出てくる名のない赤子は伊右衛門と岩の子だが,鼠に引かれて失踪する。

紙屋…家を出た岩の請け人で,どちらも四谷塩町の紙屋だが,「嗤」では徳兵衛,「雑」では又兵衛となっている。岩の失踪で徳兵衛は2両,又兵衛は2両2分払うことになる。


「嗤」と「東」だけに出てくる
堰口官蔵…「嗤」では御先手組同心,「東」の「関口」は伴助を小物とする不良浪人。

西田尾扇…「嗤」も「東」も伊東喜兵衛の取り巻きの町医者だが,「東」には西田という姓は出てこない。

直助…「嗤」では西田尾扇の下働き,「東」では薬売りからウナギ取りになった元塩谷藩士奥田将監の下男。袖の仮の夫。「嗤」も「東」も途中で権兵衛と名を変えるが,これは享保年間の「深川万年町の医師殺し権兵衛」の話を下敷きにしたため。

袖…「嗤」では直助の妹,「東」では佐藤余茂七の妻で岩の義理の妹だが,実は元宮三太夫の娘で直助の妹。

宅悦…「嗤」も「東」も按摩で,どちらも岩に真相を打ち明ける役を負わされているが,「東」では岩に殺されない。「東」では売春や仕事の取り持ちもする。「雑」では登場しない宅悦のかわりに煙草の行商「茂助」が岩に真相を知らせる。

槇…「嗤」では首吊りをした針売りの老婆で又市の母,「東」では岩に毒をもっていった梅の乳母で,隠亡堀で鼠に引かれる。

利倉屋茂介…「嗤」では薬種問屋で梅の父,「東」では「茂助」で民谷家に出入りする質屋。

小平…「嗤」では担ぎの薬売り,「東」では岩の産後に宅悦の口入で伊右衛門が雇った臨時の下男(小仏小平)。元塩谷藩士小汐田又之丞の小物で,伊右衛門の薬を盗んで秋山に捕まり,密通の罪を着せられて斬られる。

孫平…どちらも小平の父だが,「嗤」では利倉屋から薬を盗み,「東」では伊右衛門の母「熊」の再婚相手。

佐藤余茂七…「嗤」では民谷家の遠縁の御書物同心,「東」では元塩谷藩士で袖の夫。

「嗤う伊右衛門」の時代・場所,登場人物をフリーページの京極夏彦メモ(嗤う伊右衛門)に簡単にまとめてありますので,ごらんください。
京極夏彦の他作品についての日記は,フリーページ 読了本(日本) (京極夏彦)からごらんください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 → 京極夏彦の世界
           (↑関連トラバの集積場所)
こちらもクリックをよろしく! → 
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

楽天ブックス






Last updated  2007/06/03 09:09:00 PM
[京極夏彦] カテゴリの最新記事

PR

Category

Favorite Blog

「クジラアタマの王… りぶらりさん

『わたし定時で帰り… ばあチャルさん

有為転変 静流2495さん
風雅 風雅1100さん
フォッカーといえば・… ベローソフさん
とりあえず知っとけ! Aokageさん
harumiffyのMiffy… harumiffyさん
日々のあぶく? kiyuさん
未定の予定~ラビ的… みっつ君さん
ちゃっちゃんの大冒険 ちゃっちゃん♪さん

Recent Posts


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.