まあぼの交差点

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Comments

プロじゃないから恥ずかしくないもん@ 正統派美少女 正統派美少女正統派美少女正統派美少女正…
連絡お願いします@ 連絡お願いします 連絡お願いします連絡お願いします連絡お…
神待ち掲示板@ 神待ち掲示板 神待ち掲示板神待ち掲示板神待ち掲示板神…
ヒクヒクしちゃう@ ヒクヒクしちゃう ヒクヒクしちゃうヒクヒクしちゃうヒクヒ…
疼いちゃう@ 疼いちゃう 疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃ…
いいでしょ?@ いいでしょ? いいでしょ?いいでしょ?いいでしょ?い…
予定は決まりましたか?@ 予定は決まりましたか? 予定は決まりましたか?予定は決まりまし…
できれば年上が@ できれば年上が できれば年上ができれば年上ができれば年…
集結だよ@ 集結だよ 集結だよ集結だよ集結だよ集結だよ htt…
おさわりの導入@ おさわりの導入 おさわりの導入おさわりの導入おさわりの…
2007/07/07
XML
ピブル警視シリーズの2作目である,

ピーター・ディキンスンの「英雄の誇り」(A Pride of Heroes<Old England Peep Show>,1969)

を読んだ。

第2次世界大戦の対ドイツ奇襲作戦の英雄として有名な双子のクレヴァリング卿の館で年とった召使いが自殺し,ピブル警視が,「自殺の確認」のために出向くのだがが……,調べていくうちに次々と新しい事実が明らかになり,ライオンに襲われたり,絞首刑にされそうになったりとピブルにとって散々な1日になることに。

クレヴァリング卿のヘリングズの館は「ディズニーランド」にならい,「古き英国」を再現してアメリカやドイツなど外国からも観光客を集めているが,敷地内を走っているスチーブンソンの「ロケット号」が実は機関車ではなく電動車であるなど「いかがわしい」部分があり,そのいかがわしさが将軍の英雄伝説などとも絡んでいく。

今作もやはり読みにくく,それが作者によるものか訳者(前作とは別の人)によるものかは不明。前年度に続くCWA賞(1969)の受賞作なのだが,イマイチ。
連続ドタバタ的おもしろさはあるが謎解きのおもしろさはあまりなかった。


ピーター・ディキンスンの作品についての日記は,フリーページ 読了本(海外) (ピーター・ディキンスン)からごらんください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 → ミステリ・サスペンス・推理小説全般       
こちらもクリックをよろしく!! → 人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

楽天ブックス






Last updated  2007/07/07 01:03:03 AM
[読んだ本(ミステリ・海外)] カテゴリの最新記事


PR

Category

Favorite Blog

〈植村冒険館〉に行… New! りぶらりさん

『鴎外の婢』松本清張 ばあチャルさん

有為転変 静流2495さん
風雅 風雅1100さん
フォッカーといえば・… ベローソフさん
とりあえず知っとけ! Aokageさん
harumiffyのMiffy… harumiffyさん
日々のあぶく? kiyuさん
未定の予定~ラビ的… みっつ君さん
ちゃっちゃんの大冒険 ちゃっちゃん♪さん

Recent Posts


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.