まあぼの交差点

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Comments

プロじゃないから恥ずかしくないもん@ 正統派美少女 正統派美少女正統派美少女正統派美少女正…
連絡お願いします@ 連絡お願いします 連絡お願いします連絡お願いします連絡お…
神待ち掲示板@ 神待ち掲示板 神待ち掲示板神待ち掲示板神待ち掲示板神…
ヒクヒクしちゃう@ ヒクヒクしちゃう ヒクヒクしちゃうヒクヒクしちゃうヒクヒ…
疼いちゃう@ 疼いちゃう 疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃ…
いいでしょ?@ いいでしょ? いいでしょ?いいでしょ?いいでしょ?い…
予定は決まりましたか?@ 予定は決まりましたか? 予定は決まりましたか?予定は決まりまし…
できれば年上が@ できれば年上が できれば年上ができれば年上ができれば年…
集結だよ@ 集結だよ 集結だよ集結だよ集結だよ集結だよ htt…
おさわりの導入@ おさわりの導入 おさわりの導入おさわりの導入おさわりの…
2007/07/17
XML

レジナルド・ヒルの「真夜中への挨拶」(Good Morning, Midnight,2004)

を読んだ。

詩の一節から採ったタイトルが秀逸なのだが,「挨拶」では「Good Morning, Midnight」の感じが出ないのは残念(もちろん「おはよう,真夜中」はタイトルとして論外,笑)

冒頭と最後の「死」を除けば,明らかに自殺と思われる事件を2002年3月20日から3月23日まで間に,パスコーが自殺と判定するか他殺と判定するかという話である。

しかも今回は倒叙的要素もあり,父の死を模倣したパル・マカイヴァーが小細工をする姿は冒頭で読者に示されるのだが,その意図,真の意味,目的などは「謎」として残され,読み応えも「なるほど感」もたっぷり(笑)

アンディ・ダルジールは相変わらず,ピーター・パスコーはダルジール操作術にますます巧みになり,ウィールド部長刑事のピーターに対するタメグチにも読者としてやっと慣れ,ハット・ボウラー,シャーリー・ノヴェロもそれぞれ個性的で,中部ヨークシャー警察の刑事部はなかなか魅力的だ。

彼らの力が及ばない場所で物事が進行していく場面もあり,「謎解きミステリ」として多少違和感もあったが,ストーリー的にはOKと思う。


レジナルド・ヒルの作品についての日記は,フリーページ 読了本(海外) (レジナルド・ヒル)からごらんください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 → ミステリ・サスペンス・推理小説全般       
こちらもクリックをよろしく!! → 人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

楽天ブックス






Last updated  2007/07/17 07:33:10 PM
[読んだ本(ミステリ・海外)] カテゴリの最新記事


PR

Category

Favorite Blog

「団地の時代」原武… りぶらりさん

『鴎外の婢』松本清張 ばあチャルさん

有為転変 静流2495さん
風雅 風雅1100さん
フォッカーといえば・… ベローソフさん
とりあえず知っとけ! Aokageさん
harumiffyのMiffy… harumiffyさん
日々のあぶく? kiyuさん
未定の予定~ラビ的… みっつ君さん
ちゃっちゃんの大冒険 ちゃっちゃん♪さん

Recent Posts


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.