まあぼの交差点

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Comments

プロじゃないから恥ずかしくないもん@ 正統派美少女 正統派美少女正統派美少女正統派美少女正…
連絡お願いします@ 連絡お願いします 連絡お願いします連絡お願いします連絡お…
神待ち掲示板@ 神待ち掲示板 神待ち掲示板神待ち掲示板神待ち掲示板神…
ヒクヒクしちゃう@ ヒクヒクしちゃう ヒクヒクしちゃうヒクヒクしちゃうヒクヒ…
疼いちゃう@ 疼いちゃう 疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃ…
いいでしょ?@ いいでしょ? いいでしょ?いいでしょ?いいでしょ?い…
予定は決まりましたか?@ 予定は決まりましたか? 予定は決まりましたか?予定は決まりまし…
できれば年上が@ できれば年上が できれば年上ができれば年上ができれば年…
集結だよ@ 集結だよ 集結だよ集結だよ集結だよ集結だよ htt…
おさわりの導入@ おさわりの導入 おさわりの導入おさわりの導入おさわりの…

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

北森鴻

2007/06/22
XML
カテゴリ:北森鴻

北森鴻の「冥府神(アヌビス)の産声」(1997)

を読んだ。

脳死者からの臓器移植という重い問題が扱われてる(現実にも,「冥府神の産声」が出版された(4月)のと同年の1997年7月に「臓器の移植に関する法律」が制定されて臓器移植が認められる形にはなったものの,「脳死」については未だに多くの議論がある)が,作品そのものは臓器移植に肯定的な「脳死臨調の答申」が出る直前の状況をモチーフにした「フィクション」として読み応えがある。

臓器移植の推進派の最右翼である帝都大学医学部の吉井原義教授が夜の新宿中央公園で殺される。

5年前,脳死臨調の「移植容認」の流れに一石を投じるために書いた論文のため吉井研究室を追われ,医療ライターになった相馬研一郎は,吉井の死をきっかけに久しぶりに訪れた大学で,自分とともに吉井の後継者候補であった九条昭彦が2年前に大学を去ったことを知らされる。

製薬会社の営業マン時尾の依頼や情報提供もあって吉井の事件を調べることになる相馬は,新宿駅西口の「段ボール村」で不思議な少女「トウト」と暮らす九条を見つけるが……

といった話だが,「トウト」の存在,プロローグの手紙の謎,章末で書体を変えて語られる行為の真相なども含めてなかなかおもしろかった。

北森作品の特徴ともいえるおいしい食べ物があまり見られなかったし,全体的にちょっと「硬い」感じもしたが,デビュー作「狂乱廿四孝」で鮎川賞をとった次の作品ということで,しかたないのかもしれない。

ところで,ミステリを読んで犯人を考える場合,ときに「消去法」を使うことがある。
大きく動いている登場人物たちの中に「犯人候補」が見つからないとき,早い段階に出た地味な人物を疑うという方法だが,今回はこれが「はまった!!」と思ったのだが大間違い(笑)

とりあえず,吉井殺しの犯人は有元だったが,「窓」こと丸尾殺しについては相馬と同じ誤解をしてしまい,最後の1件についてはまったく気づかなかった。

こうやって気持ちよく騙してくれるから,「また別の作品を読んでみよう」という気にさせられるのだ(笑)


北森鴻の作品についての日記は,フリーページ 読了本(日本) (北森鴻)からごらんください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 → ミステリ・サスペンス・推理小説全般
           (↑関連トラバの集積場所)
こちらもクリックをよろしく! → 人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公式ホームページ北森鴻公式サイト 酔鴻思考

楽天ブックス






Last updated  2007/06/22 12:49:08 AM
2007/06/08
カテゴリ:北森鴻
「裏(マイナー)京都ミステリー」シリーズの2作目である,

北森鴻の「ぶぶ漬け伝説の謎」(2006)

を読んだ。

探偵役兼語り手は,ピンチになると「僕」モードから「俺」モードに文章の主語とともに切り替わる,大悲閣の寺男で元「怪盗」の有馬次郎(アルマジロ)。
かき回し役は,みやこ新聞文化部の折原けい(山口生まれ,神戸の女子大卒)とバカミス作家のムンちゃんこと水森堅と京都府警の碇屋警部。
住職は鋭い洞察で次郎にアドバイスをしてくれ,元同業者であるKon's Barのカズさんは,おいしいカクテルを提供するだけでなく時に次郎の手助けもしてくれる。
寿司割烹・十兵衛の大将は次郎たちにおいしいものを食べさせるというより,読者の口に唾をあふれさせる役割をになっている(笑)

とまあ,魅力たっぷりの登場人物たちに加え,京都に関する様々な情報満載。

「おろしユズのかかった飯蛸と里芋の炊き合わせ」,「河豚で浅葱を巻いた天ぷら」……などなど,おいしそうな食べ物や飲み物もたくさん出てくるのだが,今回最も気になったのが,「ラーメンと唐揚げ」(安上がり!!,笑)

この組み合わせは知らなかったとともに,未経験。そのうちやってみようっと!
甘い雑煮はパスさせてもらうけど(笑)

以下は各短編の簡単なまとめだが,謎解きとか犯人当てにこだわらず,ニヤニヤしながらさらさら読んでいくタイプのように思える。

狐狸夢
ムンちゃんが「二十歳の原点」の高野悦子と知り合いだったふりをしたり,たぬきうどんを使ったトリックのストーリー作りを折原に依頼したりする謎が明らかになり,ムンちゃんは雲水姿で傷心の旅に出てしまう

ぶぶ漬け伝説の謎
桜の季節。住職の「ぶぶ漬け伝説」についての鋭い指摘から,いったんは折原に容疑がかかった川崎市のフリーライター横田太毒殺の方法がわかる。
冒頭に出てくる「角倉了以乾漆像」は→角倉了以の木像をごらんください。

悪縁断ち
ムンちゃんがもどり,折原とともに次郎がモードを「俺」に切り替えざるを得ない羽目に追い込む。
「夫の浪費癖と縁が切れますように」「父の吝嗇癖と縁が切れますように」という一見矛盾する安井金毘羅宮の2つの形代の謎を解いて殺人事件を解決する。

冬の刺客
大悲閣にみたらし団子を使った殺人予告があり,みやこ新聞が大々的に報道。次郎が殺人事件を未遂に防いだものの,ムンちゃんの浅知恵にのった折原はみやこ新聞に辞表を出すことに。

興ざめた馬を見よ
絵から抜け出た馬が自動車に当て逃げされたという1年前の噂が蘇った本当の理由が明らかになり,次郎を巻き込んだ折原のステディが,それなりの報いを受ける。
「京都検定」については→京都・観光文化検定試験 実施についてをごらんください。

白味噌伝説の謎
次郎が白味噌に毒を入れた疑いをかけられるが,住職のヒントもあって真犯人を突き止める。
「狂乱マジック」を一斗缶ストーブに放り投げたのは,「共犯マジック」(と「狂乱廿四孝」)を書いた「北森鴻」に敬意を表したためと思われる(笑)


北森鴻の他作品についての日記は,フリーページ 読了本(日本) (北森鴻)からごらんください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 → ミステリ・サスペンス・推理小説全般
           (↑関連トラバの集積場所)
こちらもクリックをよろしく! → 人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公式ホームページ北森鴻公式サイト 酔鴻思考

楽天ブックス


記事関連のオススメ日記
いろんなことを忘れないために(dai583さん)  魔女の隠れ家(たばさ6992さん)
日々のあぶく(kiyu25さん)  うたたね通信社 ~活字中毒主婦の日常~(山村まひろさん)






Last updated  2007/06/08 12:52:06 AM
2007/04/14
カテゴリ:北森鴻

北森鴻の「深淵のガランス」(2006)

を読んだ。

契約した店に華道ともフラワーアレンジメントとも違う独自の美意識で花を飾る「花師」のオフィスを東銀座の裏通りに構える佐月恭壱は,腕のよい絵画修復師でもある。

腕のよい絵画修復師というのは,そのままで腕のよい贋作師になることができるわけで,絵画の贋作や真贋の鑑定の話が随所にでてきておもしろい。

恭壱の父のときからの助手であった前畑善次朗(日本の贋作者に精通),つまみはクラッカーとナッツしかないバーのママ朱明花,絵画研究所の鑑定部研究員である若槻伸吾などサブキャラクターも多彩で楽しい。

ところで,恭壱に絵画修復の以来を仲介するかなり重要な女性が出てくるのだが,最後まで名前が明かされない。
海千山千の世界で孤高を保っているらしいこと,民俗学者とちょっとしたで知り合いであることや「女狐」と呼ばれていることなどから,「冬狐堂」の宇佐見陶子なのではないかと思うが,どうだろう?

深淵のガランス
大正末から昭和の初めにかけて活躍した人気画家長谷川宗司の孫から,3点の絵の修復を頼まれた佐月だが,その1点である風景画の下にもう1つの絵が隠されていることに気づく。

「深淵のガランス」というタイトルがついた隠された絵を表に出そうと暗躍する秋本誠一郎の動機とそれに対する佐月恭壱の対応がとてもおもしろかった。

ガランスは「茜色」や「やや沈んだ赤色」と訳されるようだが,「茜色ってどんな色?」といわれてもイマイチわからん(笑)
ただ,作中に出てくる村山槐多が得意とした色のようで,Wikipedia(→こちらから)の「自画像」を見るとなんとなくイメージがわく。


血色夢
岩手県雫石での洞窟壁画の修復と,分割された絵画の事件が同時に進行していくが,その裏で糸を引いていたのは,父である朱建民だった。

北森鴻の他作品についての日記は,フリーページ 読了本(日本) (北森鴻)からごらんください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 → ミステリ・サスペンス・推理小説全般
           (↑関連トラバの集積場所)
こちらもクリックをよろしく! → 人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公式ホームページ北森鴻公式サイト 酔鴻思考

楽天ブックス


記事関連のオススメ日記
kellyさん  ☆なほまる★さん
つまずく石も縁の端くれ(一村雨さん)






Last updated  2007/04/14 01:28:49 AM
2007/01/10
カテゴリ:北森鴻
冬狐堂シリーズにときどき顔を出す越名集治を主人公にした短編集,

北森鴻の「孔雀狂想曲」(2001)

を読んだ。

越名集治は下北沢で趣味・骨董の店「雅蘭堂」を営んでいるのだが,店に持ち込まれるものなどをきっかけに,なかなかの名探偵ぶりを発揮する。

ベトナム ジッポー・1967
トレーニング・ウェアを着た女子高校生が興味を示したジッポーライターから彼女の祖父がかつてベトナムで巻き込まれた極秘オペレーション内通事件の真相を解き明かす。

この少女長坂安積は,全体を通じ,「押しかけアルバイト」として登場。

ジャンクカメラ・キッズ
越名が仕入れたジャンクカメラをめぐって保険の調査員が殺害されるが,その背景には……

古九谷焼幻化
美術品関係のバイヤーである兄の収一に頼まれ古九谷の壷を手に入れるために金沢に行った集治は評判の悪い同業者犬塚晋作,辛口の美術評論で知られる武藤健二と3人でセリに臨むが……

孔雀幻想曲
アルバイターの安積が売った鉱物標本をきっかけに,絵画盗難事件と贋作事件のヒントをつかむことに……

キリコ・キリコ
瀬能樹里子におばの大倉瑠璃子から贈られた江戸切子酒瓶に込められたメッセージの意味を集治が解き明かす。

幻・風景
大塚に頼まれ,戦前に活躍した私小説家Fが描いた三鷹駅前のもう一つの絵を探す集治……
ということだが,この作品については,冒頭の湯豆腐がやたらおいしそうだった(笑)

根付け供養
指物職人から根付け細工師になった島津鳩作にまつわる話だが,蒐集家の高沢の優しさが非常に印象に残った。

人形転生
ジュモー人形をめぐる復讐の話。うまくまとまっているけれど,ちょっと暗い。

全体を読み終わって,ここで登場する越名集治が冬狐堂シリーズに出てくる同一人物に感じていたより「若い」ということが自分なりにおもしろい発見だった。

北森鴻の他作品についての日記は,フリーページ 読了本(日本) (北森鴻)からごらんください。


Your Click Cheers Me Lot━━━━
にほんブログ村 本ブログへ       人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━

公式ホームページ北森鴻公式サイト 酔鴻思考

楽天ブックス


孔雀狂想曲     北森鴻


記事関連のオススメ日記
魔女の隠れ家(たばさ6992さん)  ☆なほまる★さん
ちょっといっぷく(ハレバレさん)  未来の予定~ラビ的(みっつ君)






Last updated  2007/01/10 12:25:37 AM
2007/01/05
カテゴリ:北森鴻
冬狐堂シリーズの4作目にあたる連作短編,

北森鴻の「瑠璃の契り」(2005)

を読んだ。

倣雛心中
上野と根岸の中間あたりに「富貴庵」を構える芦辺に呼ばれて見せられたのが10か月に3度も返品された「正真物(贋作ではない)」の人形。

北沢の悪意と罠は感じながらも,320万円で買い取ることにした人形を彼に買い戻させることになるのだが,180→200万という芦辺に,もう1つの人形をつけて850万円で売る陶子の姿が小気味よかった(どうしてそうなるかは,本を読んでください)。

前作の「緋友禅」で,彼女が買い取った糊染めタペストリーをプレゼントする相手として名前があがっていた下北沢雅蘭堂の越名集治が,ここだけではなく作品全体を通じてかなり陶子を助けている(ということで,彼が中心の「孔雀狂想曲」を読むことにしてしまった,苦笑)。

苦い狐
陶子が画家として生きることをあきらめたきっかけの話。真作を贋作に見せようとするという筋立てもおもしろかったが,それを見破った陶子の杉本深苗とその才能に対する「愛」の仕掛けに打たれた。

瑠璃の契り
陶子が小倉の酒屋の立ち飲みカウンターで見つけた瑠璃ガラスの切り子椀の写真を頼まれた横尾硝子はその切り子椀を50万円で引き取りたいと言い出し,切子椀の作者佐貫皓一が3つの椀を分散させた理由を陶子が探る。

黒髪のクピド
「黒髪のクピド」とプロフェッサーDが名づけた人形に関わる陰謀に,彼と陶子が巻き込まれ,陶子がそれを暴いていく。

「ミッション・インポッシブルみたか真似ば」したかったという,屋台の主人から「D教授の博多での足取り」の報告を陶子が受け取るところから始まるが,屋台の主人って「親不孝通りディテクティブ」(日記は→こちらから)でテッキから屋台を受け継いだ根岸球太ではないか!! 「ひさしぶり!」という感じ。さらに,「質の良おなか男」である「博多署の刑事」まで登場して,けっこううれしかった。

ところで,陶子は根っから医者とか手術が嫌いなようだ。「狐罠」(日記は→こちらから)では胃潰瘍で倒れてしまった彼女だが,今回は飛蚊症に苦しむ。
とっとと手術を受けなさい!! と,途中で何度も突っ込みを入れてしまった(笑)

登場人物をフリーページの北森鴻メモ(瑠璃の契り)に簡単にまとめてありますので,ごらんください。
北森鴻の他作品についての日記は,フリーページ 読了本(日本) (北森鴻)からごらんください。



Your Click Cheers Me Lot━━━━
にほんブログ村 本ブログへ       人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━

公式ホームページ北森鴻公式サイト 酔鴻思考

楽天ブックス


瑠璃の契り     北森鴻


記事関連のオススメ日記
kellyさん  ☆なほまる★さん






Last updated  2007/01/05 12:33:00 AM
2006/12/24
カテゴリ:北森鴻
冬狐堂シリーズの3作目にあたる,

北森鴻の「緋友禅」(2003)

を読んだ。前2作は長編だったが,今回は連作短編。

陶鬼
陶器に関しての目利きで,宇佐見陶子が「師匠」とも思うツルさんこと弦海礼次郎が自殺。遺骨を引き取るのと死の謎を探るために陶子は萩に向かい,彼と別れるきっかけとなった久賀秋霜の陶器の秘密とツルさんの前身を知る。

まわりから,「本性がなっちゃない」と評されるツルさんがとても魅力的に書かれている。

「永久の笑み」の少女
町澤幸之という中堅作家への陶子の手紙(ファンレター?)という変わった出だしだが,そのことから手紙の相手に仕掛けをしているということはすぐわかる(笑)

「掘り徳」こと重松徳治の「掘り師」という仕事が興味深かった。蓮丈那智シリーズ(「凶笑面」の「双死神」)とつながる税所篤の名前も登場。

緋友禅
久美廉次郎の「糊染めタペストリー」展で作品すべてを120万円で買い取った陶子だが,久美の急死後タペストリーは陶子の手に届かず,しばらくしてその作品が全く別人の手による緋友禅として発表されていることを友人の横尾硝子によって知らされることに……

表題を飾るのにふさわしい,魅力ある作品。

ちなみに,陶子が親友でカメラマンの硝子と待ち合わせた「世田谷区三宿のとあるバー」は香菜里屋シリーズのバーマン香月圭吾の池尻大橋のバーだろう。

奇縁円空
円空仏をめぐるとても興味深い話。ということであらすじ省略だが,手抜きでもある(笑)

「狐罠」(日記は→こちらから)に出てきた木材業者(銘木屋)の大槻寛二が再登場するが,殺されてしまうのがちょっと悲しい。根岸署の犬猿コンビも再登場。さらに,「芸術潮流」の記事の書き手である某大学助教授は蓮丈那智だろう。

シリーズ前作「狐闇」の日記は,→こちらからどうぞ。

登場人物をフリーページの北森鴻メモ(緋友禅)に簡単にまとめてありますので,ごらんください。
北森鴻の他作品についての日記は,フリーページ 読了本(日本) (北森鴻)からごらんください。



Your Click Cheers Me Lot━━━━
にほんブログ村 本ブログへ       人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━

公式ホームページ北森鴻公式サイト 酔鴻思考

楽天ブックス


緋友禅     北森鴻


記事関連のオススメ日記
☆なほまる★さん  ちょっといっぷく(ハレバレさん)
未来の予定~ラビ的(みっつ君)  いろんなことを忘れないために(dai583さん)






Last updated  2006/12/24 12:53:49 AM
2006/12/17
カテゴリ:北森鴻

北森鴻の「暁の密使」(2006)

を読んだ。

ジャンルは,著者ホームページに「歴史ミステリー」とあったから,「ミステリ」でいいのだろう。

明治時代(日露戦争前夜)にチベット入りをめざした浄土真宗東本願寺派の僧侶能海寛(のうみゆたか,→ウィキペディア)についての物語。

鎖国状態にあり,最後の秘境といわれた西蔵(チベット)に入り,「法主からの親書をダライ・ラマ13世に届けて,仏教の原点である西蔵経典を学び,それを日本に持ち帰りたい」という彼の熱情は,当時の中国(清)やそれを取り巻く諸外国,さらには日本政府などの思惑により翻弄されることになる。

当時の中国は英国の商社や宣教師を尖兵として奥地まで蚕食されている状態だが,特に憎ったらしく思わせるように描かれているのが,阿片戦争のきっかけを作った英国商社ジャーデン・マセソン社(笑)
日本政府とのつながりまで持ち,「情報戦」で圧倒的であるだけでなく,ネパール兵士を雇い入れて組織した廓爾喀(ごるが)旅団という武力集団まで持っていて「荒事」をやってのける。

まあ,その存在があるために,ストーリー後半の盛り上がりが出てくるのだけれどね(笑)

揚用(ヤンヨン)・洪(ホン)組と明蘭(ミンラン)・義烏(イーウー)組とがそれぞれの思惑を持ちながらも能海に惹かれて,彼を自然と守ろうとしているのはよかった。
いや,それどころか最大の敵であるマセソン社のヤンセンすら最後の最後まで(と,ここがミソでもあるのだが)彼に好意的であった。

日露戦争の開戦が戦うためではなく停戦条約を結ぶためであり,そのために,日本と西蔵の同盟は必要なものから邪魔なものに変わったというくだりはなかなかおもしろかった。


北森鴻の他作品についての日記は,フリーページ 読了本(日本) (北森鴻)からごらんください。


Your Click Cheers Me Lot━━━━
にほんブログ村 本ブログへ       人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━

公式ホームページ北森鴻公式サイト 酔鴻思考

楽天ブックス


暁の密使     北森鴻






Last updated  2006/12/17 12:43:26 AM
2006/11/02
カテゴリ:北森鴻

北森鴻の「メビウス・レター」(1998)

を読んだ。

再読になるのだけれど,練馬署の犬猿コンビがここにも出てくることを知り,びっくり。
しかも,作者の大仕掛けに今回もしっかりとはまってしまい,大笑い!

タイトル通り,「手紙」を軸にして話が展開していくのだけれど,「時間のズレ」と「人のズレ」を実に巧み(ということは,何重にも「ダマシ」があるので,気をつけてお読みください,笑)に使った作品だった。

手紙の書き手は,自分なりの復讐をしたことを,善意から被害者の母親に言わないのだが,そのことによって彼女から殺されてしまう。これは運命のいたずらとしてありえなくもないし,そのことに考えも及ばなかっただけに(ってふつう考えないと思う,笑),すっかりだまされ,わけがわからなくさせられた。

メビウスの輪をいくつもつなげたような,巧妙に構成された作品だった。

北森鴻の他作品についての日記は,フリーページ 読了本(日本) (北森鴻)からごらんください。


Your Click Cheers Me Lot━━━━
にほんブログ村 本ブログへ       人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━

公式ホームページ北森鴻公式サイト 酔鴻思考

楽天ブックス


記事関連のオススメ日記
いろんなことを忘れないために(dai583さん)






Last updated  2006/11/02 12:25:53 AM
2006/10/27
カテゴリ:北森鴻
「狐闇」を先に読んでしまったのだが,やっと,というか図書館にあったのでなんとなく,

北森鴻の「狐罠」(1997)

を読んだ。

「狐闇」はもちろん,蓮丈那智シリーズにも出てくる宇佐見陶子は陰と才能のあるおもしろいキャラクターだとは思っていたのだけれど,最初からこんな設定がされていたのかと,びっくり!!

何度も言うように,シリーズものは最初から読むべきであり,何度も言うように,あいかわらずそのルールを守っていません(笑)!!

この作品,タイトルにふさわしく,「罠」が二重にも三重にも仕掛けられているて,そもそもの始まりが「送り状の前半部分がシュレッダーにかけられたための誤解」という人為によらない「罠」であることもおもしろかった。

それにしても,細野老人による贋作作りの話は迫力があった。これだけ書き込んであれば,「写楽・考」での蓮丈那智から陶子への依頼もうなづけるというもの(笑)

登場人物としては,練馬署の「犬猿コンビ」である根岸・四阿刑事のいい加減な有能さぶりがとても気にいってしまった。

登場人物をフリーページの北森鴻メモ(狐罠)に簡単にまとめてありますので,ごらんください。
北森鴻の他作品についての日記は,フリーページ 読了本(日本) (北森鴻)からごらんください。



Your Click Cheers Me Lot━━━━
にほんブログ村 本ブログへ       人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━

公式ホームページ北森鴻公式サイト 酔鴻思考

楽天ブックス
狐罠

狐罠     北森鴻


記事関連のオススメ日記
本格ミステリと旅の写真(☆かよさん)  ミステリの部屋(samiadoさん)
未来の予定~ラビ的(みっつ君)






Last updated  2006/10/27 12:18:59 AM
2006/09/14
カテゴリ:北森鴻
楽天リンクスで知り合った山村まひろさんさんにつられる形で

北森鴻の「親不孝通りディテクティブ」(2001)

を読んだ。

博多長浜でおでん屋台(なぜか,おでんとラーメンとカクテル)の親父をやるテッキと華岡結婚相談所の調査員キュータ2人の29歳コンビがほぼ交互に語っていく形式の連作短編集で,設定された年はダイエーホークスが初優勝した1999年。

高校時代「鴨ネギコンビ」とよばれていた鴨志田鉄樹,根岸球太だが,「チャーリーズ・エンジェル」,「中洲のスタスキー&ハッチ」,「長浜のブッチとサンダンス」などと当時を考えても「古い」コンビ名で呼ばれることがあるのは,キュータが勤める結婚相談所の部長の命名らしい(笑)
ちょっとかっこよいテッキに比べ,おっちょこちょいでオンナ癖も良くないいキュータだが,好感度としては圧倒的にキュータに軍配(笑)

各短編では,華岡結婚相談所で知り合った夫婦の無理心中の謎,ライブハウス「セブン」の「歌姫」の依頼による人探し,援助交際グループのリーダーだった女子高生の殺人などを解決していていくのだが,特に「社会正義」を目指しているわけでもなく,時にはある人間を逃がしたり,時にはある人間に制裁を加えたり……といった形で終わる。

というのも,たびたび出てきて情報を提供したりされたりする「博多署の敏腕刑事」自身が,広域暴力団のG組と持ちつ持たれつの関係にある「頼もしい」人間だからでもあるし,テッキとキュータのコンビ自体,社会的にいえば元不良&現不良であって,それぞれが自分の問題を片付けるために活動しているからでもある。

表題作であり,最後から2番目の短編「親不孝通りディテクティブ」は,路上生活者であり,週に1度のテッキの「客」でもあったヒデさんがなぜ連続放火魔であることを自白したかの謎をといていく話。

しっとりして,非常によい話だったが,これをはさんで,最終話でコンビに大転機が訪れることになる。


北森鴻の他作品についての日記は,フリーページ 読了本(日本) (北森鴻)からごらんください。


Your Click Cheers Me Lot━━━━
にほんブログ村 本ブログへ       人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━

公式ホームページ北森鴻公式サイト 酔鴻思考

楽天ブックス


記事関連のオススメ日記
黒猫に小判。さん  昼下がりの迷宮~(あむあむ108さん)
未来の予定~ラビ的(みっつ君)






Last updated  2006/09/14 12:44:46 AM
このブログでよく読まれている記事

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

PR

Category

Favorite Blog

厦門に出張 New! りぶらりさん

『わたし定時で帰り… ばあチャルさん

有為転変 静流2495さん
風雅 風雅1100さん
フォッカーといえば・… ベローソフさん
とりあえず知っとけ! Aokageさん
harumiffyのMiffy… harumiffyさん
日々のあぶく? kiyuさん
未定の予定~ラビ的… みっつ君さん
ちゃっちゃんの大冒険 ちゃっちゃん♪さん

Recent Posts


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.