まあぼの交差点

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Comments

プロじゃないから恥ずかしくないもん@ 正統派美少女 正統派美少女正統派美少女正統派美少女正…
連絡お願いします@ 連絡お願いします 連絡お願いします連絡お願いします連絡お…
神待ち掲示板@ 神待ち掲示板 神待ち掲示板神待ち掲示板神待ち掲示板神…
ヒクヒクしちゃう@ ヒクヒクしちゃう ヒクヒクしちゃうヒクヒクしちゃうヒクヒ…
疼いちゃう@ 疼いちゃう 疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃう疼いちゃ…
いいでしょ?@ いいでしょ? いいでしょ?いいでしょ?いいでしょ?い…
予定は決まりましたか?@ 予定は決まりましたか? 予定は決まりましたか?予定は決まりまし…
できれば年上が@ できれば年上が できれば年上ができれば年上ができれば年…
集結だよ@ 集結だよ 集結だよ集結だよ集結だよ集結だよ htt…
おさわりの導入@ おさわりの導入 おさわりの導入おさわりの導入おさわりの…

全78件 (78件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

TV・映画・コミックスなど

2007/07/08
XML
前宣伝もあり,結構気になっていた

必殺仕事人2007

を観た。

今回わかったことは時代が文政3年に設定されていたことで,意外と幕末に近い!! などと思ってしまった。
将軍徳川家斎の時代で松平定信の厳しい締め付け(寛政の改革)も終わり,水野忠邦のあこぎな締め付け(天保の改革)は始まっていず,「化政文化」として結構ゆるんでいたと言われる時期の話だった(この年,定信はまだ生きていて忠邦はもう生まれている,だからどうした!! ではあるが,「教科書」の時間間隔には惑わされないように,笑)。

閑話休題。

このメンバーでぜひレギュラー化してほしいと思った(そのための布石または試しなのかもしれないが)。

そうなるなら,源太が唐突に仕事人になってしまい,なおかつ素晴らしい技をもっていた不自然さや,ストーリーの流れから伊賀忍者の玉櫛が完全に浮いていたことなどなどはすべて許す(笑)

ストーリー作りもまあまあうまかったと思う。
最初の上総屋佐知による「依頼」が妙に中途半端なのがずっと気になっていたが,作太郎による第2の依頼で,「恨みを呑んだまま殺される→依頼」というパターンも踏襲されていて,自分の中では一気に盛り上がった。

新キャラクターもなかなかおもしろいが,以下はいつもは後ろに置いている「キャスト」欄を前に持ってきてごちゃごちゃ書くことにする。

キャスト

仕掛け人周辺
渡辺・中村
南町定町廻り同心渡辺小五郎(東山紀之)……大量の朝食と弁当に辟易しているところが「喰いタン」の高野と真逆であるのもおもしろかったが,さらに,「喰いタン」では二刀流の名人(箸だけれど)なのが,今回は一刀流の達人だった(って制作側は意識してないんだろうなあ,笑)。

南町書庫番中村主水(藤田まこと)……役所勤めが終わったら家を追い出されるらしい。相変わらず,シブかった。「てなもんや三度笠」の頃からちょんまげは似合っていたなんて言ったら怒られそうだけど(笑)

花御殿のお菊(和久井映見)……仕事の引き請け人。家を出されたら一緒に暮らそうなどと主水が言ってはいたが……

渡辺こう(野際陽子)・ふく(中越典子)……ムコ殿に対する待遇は中村家よりよいが,小五郎は迷惑そう(笑)

中村せん(菅井きん)・りつ(白木万里)……自宅で料理指南教室を開く。
この「安定感」は捨てがたいのだが,「幸福」にうまく引き継いでほしい(笑)

最後の最後に大量の朝食と弁当の秘密が明かされたときには笑えたが,ふくが小五郎を見る眼と,りつが主水を見る眼は微妙に違っている。
ということで,続きを観たい。

涼次
絵師の涼次(松岡昌宏)……元伊賀忍者「ひぐらし」。
2回の「仕事」の場面で両方とも本人が期待していない「助っ人」が出てきてしまうのが楽しい。
顔や技の割に,はたから見ると「たよりない」という感じがよかった。

玉櫛(水川あさみ)……伊賀忍者。経師屋の涼次の命を狙うが……

上にも書いたように,今回のストーリーで玉櫛が絡んでくる必要は全くないのだが,「西遊記」や「医療」などで水川あさみがかなり気にいっている(微笑)。ということで,「流れの仕事人」ではなく,3人目の仕事人になってほしい。

源太
からくり屋の源太(大倉忠義)……薫との結婚を小五郎からも後押しされていたが,作太郎が「依頼」した場所に居合わせたため仕事人にならざるを得なくなる。
もちろん彼だけではないし,今回だけではないが,「ジャニーズ事務所」に所属していると番組ホームページに「顔写真」が載らない。
キャプチャーした顔を日記でうかつに公開すると訴えられるよ(笑)
薫(原沙知絵)……小料理屋の女将。5年前に夫を殺され仇の加賀屋に勤め玄衛門を殺そうとするが失敗し自ら首を斬る。
作太郎(前田航基)……薫の一人息子。びた銭で仕事人に依頼をする。

南町奉行所
鳥山景意(伊武雅刀)……筆頭与力。
坂本勘助(宇梶剛志)……筆頭同心。
大河原伝七(福士誠治)……渡辺小五郎より年少の同心。渡辺の弁当を喜んで食べる。

加賀屋
加賀谷彦左衛門(石橋蓮司)・加賀谷玄衛門(佐野史郎)
増吉(団時朗)……加賀谷の大番頭。
喜助(長江英和)……安徳組(下請)の頭。

最初の依頼人
佐知(星野真里)…上総屋の娘,お菊に仕事を依頼。

スタッフ
脚本:寺田敏雄  監督:石原興


テレビのドラマについての日記は,フリーページ テレビ番組 (ドラマ)からごらんください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 → テレビドラマ
           (↑関連トラバの集積場所)
こちらもクリックをよろしく! → 人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

番組ホームページ必殺仕事人2007






Last updated  2007/07/08 01:19:51 AM
2007/07/07
昨年9月の最終回からほぼ1年ぶりに

「クイズ!日本語王」

が放映された。

司会はウッチャンナンチャン,解答者は梅沢富美男,柴田理恵,石塚英彦,千原ジュニア,陣内智則,友近,小倉優子,細山貴嶺。


そういえば どっちの!?日本語ショー

問1 「じんこうこきゅう」は?
A 人工呼吸
B 人口呼吸

問2 「ときょうそう」は?
A 徒競走
B 徒競争

問3 「ぜいむしょ」は?
A 税務所
B 税務署

問4 米の「しゅうかく」は?
A 収獲
B 収穫

問5 「まるぼうず」は?
A 丸坊頭
B 丸坊主

問6 「しゃこうじれい」は?
A 社交辞令
B 社交辞礼

問7 「げねつざい」は?
A 下熱剤
B 解熱剤

問8 「でんどうし」は?
A 伝導師
B 伝道師

問9 「ぎゃくてん」ホームランは?
A 逆転
B 逆点

問10 「あとつぎ」は?
A 跡継ぎ
B 後継ぎ

答えは,A,A,B,B,B,A,B,B,A,A


ほとんどの人が間違って使っている日本語

問11 「辛党」とは?
(   )が(   )な人

問12 「三行半」とは?
(   )が(   )に(   )を突きつける場合に使う

問13 「知恵熱」とは?
(   )が出す熱

答えは,酒・好き,夫・妻・離婚,赤ちゃん


クイズ 日本語の授業(魚にまつわる日本語:さかなクン)

問14 ハマグリから生まれた「正しい道を踏み外す」という意味を表す日本語は(ひらがなで3文字)?

問15 イシモチから生まれた「愛想がない」という意味を表す日本語は?
(    )もない

問16 出世魚から生まれた言葉で「未熟な若い男」という意味の日本語は?

問17 「かつお」を魚ヘンの漢字1文字で書くと?

問18 「かれい」を魚ヘンの漢字1文字で書くと?

問19 「あわび」を魚ヘンの漢字1文字で書くと?

答えは,ぐれる,にべ,青二才,鰹,鰈,鮑,


日本国語辞典の冒険

高千穂(天孫降臨伝説の地)を訪ねたあとで,
問20 伊勢神宮の神主が全国の信者に配っていた箱(写真省略)から生まれた「不要なものを捨てる」という意味の日本語は?

「プチー(キッキッ,ピーピー,キョッキョッなどの辞典も)」と鳴くナキウサギの鳴き声を聞き,日本で唯一の動物がいる動物園を訪ねたあとで,
問21 ウマに由来する言葉で,「隠していた正体や悪事が現れる」という意味の日本語は?
(   )をあらわす

答えは,お払い箱,馬脚


間違えると、とっても恥ずかしい小学生の問題
↑小学生の正解率が高いのは,習ったばかりだから。それぞれひねった問題で,間違えたが(笑)恥ずかしくはなかった。

6年生 副詞
問22 同じ意味になるように(  )にひらがな1字を入れると?
必ずしも=(  )ん(  )ら

3年生 漢字
問17 「開店の準備におおわらわだ」の「おおわらわ」の漢字は?

1年生 カタカナ
問18 (   )に共通するカタカナは?
テ(   )ビ
ハ(   )バ
↑(実際には縦横のマス)

答えは,ま・ざ,大童,ク

今週の日本語王は柴田理恵だった。

前回(06/09/14)分の日記は→こちらからどうぞ。

「クイズ!日本語王」ついての日記は,フリーページ テレビ番組 (クイズなど)からごらんください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 → テレビ番組(TV番組)
           (↑関連トラバの集積場所)
こちらもクリックをよろしく! → 人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

番組ホームページクイズ!日本語王
問題,解答,解答用紙(問題と解答は放映後)が用意されていますので,興味があればどうぞ!!






Last updated  2007/07/07 07:39:36 PM
2007/04/07
約1年ぶり(前作「兇賊」の日記は→こちらから)になる,

鬼平犯科帳スペシャル-一本眉-

を見た。

豊島屋・亀屋などを連続して襲った凶賊を火盗改が追うが,手掛かりは見事に切断された錠前と出入りしていた按摩の茂の市。

同じ頃,清洲の甚五郎がおまさに近づき,一世一代のおつとめを手伝ってほしいと打ち明ける。

ひょんなことで知り合いになった忠吾と飲んでの帰り道,一本眉(清洲の甚五郎)はもとの手下倉淵の佐喜蔵の子分から襲われ,平蔵に助けられる。甚五郎は自分が盗っ人であることをあっさり打ち明け,平蔵はその手伝いをすることにして前金までもらってしまい……

人を殺さないことを信条とする大盗賊と,元子分で急ぎばたらきをするようになった盗賊との対立を軸に,ストーリーもうまくまとめられていて,絵もあいかわらずきれいで落ち着いて見ることができた。

一本眉(宇津井健)がよかったけれど,「冬の蝶」が印象的だった。
彦十は猫八って感じだったけれど,長門裕之の彦十も悪くはない。忠吾と飲んでお頭についていかなかったことを責められたあとで,「鐵っつぁんの行き方知れずは昔からいつものこったい……心配するな」と吐き捨てた場面は最高。
ただし,今回は「密偵」の出番が少なかったような気もする……

ところで,忠吾が通った店の田楽もだけれど,小林金弥が作っていた夜食のおにぎりがとてもおいしそうだった(笑)


テレビのドラマについての日記は,フリーページ テレビ番組 (ドラマ)からごらんください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 → テレビドラマ
           (↑関連トラバの集積場所)
こちらもクリックをよろしく! → 人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

キャスト
長谷川平蔵:中村吉右衛門  久栄:多岐川裕美

酒井祐助:勝野洋  木村忠吾:尾美としのり
小林金弥:中村歌昇  村松忠之進:沼田爆
沢田小平次:真田健一郎

おまさ:梶芽衣子  小房の粂八:蟹江敬三
大滝の五郎蔵:綿引勝彦  伊三次:三浦浩一
相模の彦十:長門裕之

清洲の甚五郎:宇津井健
おみち:大路恵美  与吉:山田純太
倉淵の佐喜蔵:遠藤憲一  茂の市:火野正平


楽天アフィリ






Last updated  2007/04/07 12:37:57 AM
2006/12/27

ラスト サムライ(The Last Samurai,2003)

を見た。

「見る前に読む」というのはめったにないのだけれど,ビデオに撮りながらなかなか見れなかったのでついつい読んでしまった日々のあぶく(kiyu25さん)の日記で印象に残ったのが,「それもそのはず。この映画は"ファンタジー"なのだ。パラレルワールドのこういう時代もあったかもねというファンタジー。」

そうか!! そう思って見よう。 などと思いながら,りぶらりさんの日記も読み,「和製時代劇でも荒唐無稽なものが山ほどあるので,これをあのハリウッドが製作したと言うことは,高く評価すべきだと思う。」

またまた,「そうか!」で,見始めたのだが,とっぱじめがどうやら「加藤清正の虎退治」らしき映像……。「これはひょっとしてとんでもないものを見せられるのではないか!!」

と,疑心暗鬼で見始めたのだが,結果,楽しかった。というか,きれいだった。

舞台となった時代の日本を忠実に再現しているわけではない。いちいちチェックしなかったが,ツッコミどころはいろいろあったろうと思う。
しかし,それをいえば「るろうに剣心」だって背景めちゃめちゃなわりに楽しかいし,さらにようく考えてみると,日本の主力俳優が何人も出ていて,背景をあまりにも「不快」にするはずはない。

ところで,今回記事にする気になったのは,勝元の「村」(彼の死後も侵略されていないなどの突っ込みはとりあえずおいておいて,笑)の「きれいさ」が1つにはあるのだが,もしもビデオが残っていたら,村の場面を「英語版」で見てほしいからなのだ。

勝元(渡辺謙)はオールグレン(トム・クルーズ)と英語で話すのだが,たか(小雪)をはじめ村の人々は日本語。
「アリガト,オカワリ」から始まり,子供たちはアメリカからの闖入者の名前を聞き「アルグレン」といえて喜ぶ。
で,そんな彼ら,特にたかさんと話をするトム・クルーズのカタコトの日本語が何ともよいのだ!! 「色っぽい」といっていもいい(笑)
吹き替えではその感じは出ていないというか出せないので,ぜひ英語版を聞いてみてほしいということ。

渡辺謙や中村七之助(明治天皇)などが英語の台詞でがんばっていたが,トム・クルーズも日本語の台詞でけっこうがんばったんだなどと感心してしまった次第。

といいつつ,もちろんほとんどを吹き替え版で見ていたので,真田広之が英語で話す場面があったかどうかは確認していない程度の視聴者でもある(笑)

アメリカなどでは,字幕かなぁ,吹き替えでやったのかなぁ? などと思わせるくらい,全体的に日本語が多い作品だった。


Your Click Cheers Me Lot━━━━
にほんブログ村 テレビブログへ       人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━






Last updated  2006/12/27 01:02:45 AM
2006/11/07
その1の続きです。

灰島事務所からの攻撃と「察」と「視」の手打ち
桜井杏子の話を聞くことができなかった室井は,翌日小原弁護士とともに灰島事務所に乗り込む。
が,「あなたは恋人を殺していますね」といわれ,激怒して事務所を飛び出してしまった。

即座に灰島事務所からのファックスによる猛攻

公安(大杉漣がチラッ顔を見せただけれど存在感はじゅうぶん。って「公安」の存在感か? 笑)が動き出したことを知り,警察庁と警視庁は「痛み分け」で手打ち。
深江元警察庁長官を通じで室井に辞職勧告。

この場面,元警察庁長官という「大物」を使った割には,懐から取り出したのが裏を取っていない中傷の手紙ということで,しょぼくてお粗末だった。
もっとも,それがゆえに「警察にいては真実を知ることができない」と「嫌気」のさした室井が辞める気になったということで,それなりの効果はあったのだが(笑)

そのころ,小原は灰島事務所の河野女史から脅され,いったんは,弁護を続けられないと弱気になるが,津田から「勇気がある」といわれ,くじけそうな室井の「勇気」を助けるため,室井の過去を調べに仙台へ行く。

灰島事務所に呼び出され,事件のことをすべて忘れるなら,告訴を取り下げるとの取り引きを持ちかけられていた室井だが,そこに小島が現れて室井を連れ出す。

室井の過去
喫茶店に入った2人の話で室井の過去が明らかになる。その内容は書かないでおくが,気になったのが,季節感!
3年生になった春に父親から事情を明かされ,室井は大学を辞める決心をして恋人にその気持ちを伝える。何日かして彼女が姿を消し,室井は必死に探すが,遺体と対面したのは1か月後。
その遺体が見つかったのが,
「冬の海」といっていたような気がするが,これって,おかしくない??

また,小島はここでも金を払わずに,店を出てしまった。河野女史から脅されたポイント(金<喫茶店代>を依頼者から受けて,和解に持ち込んだ)のような気がするが,懲りていない(笑)

最後の取り調べ
新城の机に辞表を置いた室井は,「真実が知りたい」と新宿北署で桜井杏子の事情聴取を行うが,立会いを求めて登場した灰島の「法律」論によって杏子の口を開かせることができない。

しかし,工藤の執拗な尋問にいらついた灰島がお手付き!!
「告訴取り下げてやるっていったろう!」の一言に津田とともにきていた小島が「強要罪」だと灰島を黙らせ,取り調べを続けさせる。

しかし,室井からでた言葉は,

「もういい……何も話さなくていい,何も答えなくていい……私が彼を追い詰めた……警察官として謝罪する……帰っていい」

帰ろうとする杏子と灰島たちをさえぎったのが,沖田。さらに新城も登場して,事件の真相が明らかにされるのだが,真相については省略(笑)

ということで
結局のところ,室井は「事件」の入口で捜査を妨害されたまま最後までそこに立ち止まらされた形になり,自分で事件の真実にいたることはできなかった。

始まって数分のうちに新城に対し「あたしがやります」といっていた沖田が新城の協力も得ながら事件を解明したことになる。
「室井&北署」による解決を期待していたので,ちょっとスッキリしない形だった。

新城から辞表を返された室井は,警視庁刑事部管理官の任を解かれ,「広島県警察本部刑事部官房審議補佐官」として広島に行くことに。
空港での,小島と室井のやりとりはなかなかよかった。

かわいそうだったのが,登場はしなかったが,新宿北署の副署長。室井の処分(当時は辞任)のバーターとして警視庁から警察庁に差し出された生贄人事。
実際にありそうなことなので,なおさら怖い(笑)

沖田が灰島に,「警察が知りたいのは真実だけよ,ボク」といっていたのは,カッコよかったね。
沖田は次の「 弁護士 灰島秀樹」にも登場して,灰島と新たな人間関係を作ることになるのだけれど……

「踊るレジェンド・スペシャル・プロジェクト」の日記は次からお読みください。
「交渉人 真下正義」
「逃亡者 木島丈一郎」
「 弁護士 灰島秀樹」



Your Click Cheers Me Lot━━━━
にほんブログ村 テレビブログへ       人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━

番組関連ホームページ容疑者 室井慎次(Wik)

キャスト
警視庁
安住利夫(副総監 警視監):大和田伸也
金子総務部長(警視長):寺泉憲
菅野警備部長(警視長):矢島健一
島津生活安全部長(警視長):浜田晃

警視庁刑事部
多田野刑事部長(警視長):河西健司
室井慎次(捜査第一課管理官 警視正):柳葉敏郎
沖田仁美(捜査第一課管理官 警視正):真矢みき)
一倉正和(捜査第一課長 警視正):小木茂光

警視庁新宿北警察署
工藤敬一(刑事課強行犯係 巡査部長):哀川翔
神村誠一郎(地域課 巡査):山崎樹範

警視庁湾岸警察署
神田署長(警視正):北村総一朗  秋山副署長(警視):斉藤暁
袴田刑事課長(警部):小野武彦

警察庁
池神次長(警視監):津嘉山正種

榊原長官官房審議官審議官(刑事局担当 警視監):中原丈雄
新城賢太郎(長官官房審議補佐官(刑事局担当) 警視正):筧利夫

大村局長(警備局長 警視監):並樹史朗
今野刑事局長(警視監):大河内浩
坂村刑事局刑事企画課長(警視長):升毅

横山邦一(警備局公安課長 警視長):大杉漣

深江功太郎(元警察庁長官):高橋昌也

検察庁
検事総長:品川徹
窪園行雄(東京地方検察庁検察官):佐野史郎


津田法律事務所
津田誠吾:柄本明  小原久美子:田中麗奈

灰島法律事務所
灰島秀樹:八嶋智人  篠田真一:吹越満  河野脇子:松永玲子
渡部広太:佐藤恒治  根本強兵:野間口徹  流川茂:村上航

桜井杏子:木内晶子  黒木孝夫:田中圭  石本一馬:伊達暁


DVD & BOOK






Last updated  2006/11/07 12:44:15 AM
「踊るレジェンド・スペシャル・プロジェクト」第3弾である,

「容疑者 室井慎次」(2006,君塚良一監督・脚本)

を見た。

「交渉人 真下正義」の事件の数か月後(2005年2月)の話。
拘置中に面会にきた湾岸署の「スリーアミーゴス」が真下と雪乃の結婚式の招待状を見せ,真下ともリンク。ユースケ・サンタマリアはこの作品に出演したいと頼んだが,この結果だったと嘆いていた(笑)
和久平八郎(物語の中では生きている)や青島からの伝言もここに交ぜてあった。

「現場の刑事(青島)」との約束である「(上に行って)現場の刑事が正しいことをできるようにする」ことを貫こうとして苦闘するキャリア組警視正・室井の話といっていいのだろう。

「警察官僚上層部」対「現場」,「法律」対「現場」が克明に描き出されていた。

ドラマのストーリー構成は,発端となる事件の不可解な面をラスト直前まで残しながらも,ある意味では簡単明快でもあり,おもしろい。
ただ,警察関係者の人間関係がつかめず,改めてビデオをすべて見てしまった(めったにないことだ,笑)。
以下,ベタベタのネタバレであり,自分なりにまとめているので、ドラマの流れとは違っている部分も多々ある。

事件の発端
新宿3丁目で貿易商黒木が殺された事件で,疑いをかけられた新宿北署の神村巡査が事情聴取の途中で逃げ出し,車にはねられて死亡。
神村を大勢で追う場面,それ以上に,事故にあう場面は全くリアリティがないが,「マンガチック」にしているということで「まあ,ありかな!」という感じ。

被疑者死亡のまま書類送検,上層部は警察官の犯罪として謝罪して捜査終了。

このまま終わりにすれば,室井は「容疑者」にはならなかったのだよね(笑)

「これ以上身内の恥をさらしたくない」という工藤を始めとした新宿北署の刑事たち,「不祥事の傷をこれ以上大きくしたくない」と思う警察官僚上層部。
下と上からの捜査中止の圧力の中で,室井は被害者黒木の部屋と神村巡査の手帳両方に共通する「しおり」に目をつけて新宿北署の刑事たちに捜査の続行を命じる。

ここらへんまでは,ただガンコなヒーローで,それはそれでいいのだけれど……

室井の逮捕
そこに,東京地検の窪園検事が現れて「特別公務員暴行陵虐罪」の共謀共同正犯の容疑者として手錠をかける。

要するに「事情聴取」にいきすぎがあったとか「別件」とか現場の責任を「捜査本部長」が問われたわけで,検事は「法律上の手続き」を問いつめる。

これが「法律VS現場」であり(窪園はその後,室井の釈放に関して「超法律」に憤怒することになるのだが……),灰島事務所のメンバーはその後も「法律」を盾にとって執拗に捜査の邪魔をしようとする。

新城と沖田が動き,「レインボーブリッジを封鎖せよ!」の「潜水艦事件」で青島刑事を弁護した津田に室井の弁護を依頼するのだが,事件後の圧力でぼろぼろになった津田は,弁護士を始めてまだ半年という小原に任せてしまう。
しかもその小原は,ストーカー被害にあって警察に取り合ってもらえなかった,というより悪し様になじられて「警察嫌い」!

でも小原も一生懸命。よいねえ(笑)
神村巡査の母親が灰島事務所(篠田真一は存在感があったなぁ!)に「告訴させられた」ことをつきとめる。

「警察官僚上層部」対「現場」
次期警視庁総監の座を狙って,「警察庁次長」と「警視庁副総監」の暗闘が始まっている。

「神村巡査の不祥事」を喜んだのは警察庁側。それが警視庁副総監安住の失点につながったからだ。

「室井逮捕」を喜んだのは警視庁側。

キャリア組の警察官は「国家公務員」であり,室井のように「警視庁刑事部捜査第一課管理官」であっても,所属はあくまでも「警察庁」で,地方自治体の「警視庁」に出向している形をとっている。したがって,「警察庁の室井」が逮捕されたことが警察庁次長の池神の失点につながるからである。

新城が検事総長に手を回して室井は釈放されることに。
って,新城の父親は検察官か何かか? 「コネ」で釈放を勝ち取るという点では悪い意味で,すごい!!

灰島に告訴取下げを頼む警察庁側に対し,警視庁安住周辺は灰島に情報を与え,室井を追い詰めることで,警察庁の池神次長の追い落としをはかる(室井の大学時代の話の出所が警視庁かどうかは不明)。

捜査続行
釈放後(「在宅」に変わっただけで,あくまでも「容疑者」のまま)は停職処分ということで警察手帳を新城に渡した室井だが,「私にはそれしかない」と捜査を続けようとする。
新宿北署では捜査本部が封鎖されていて入れず,新宿3丁目の事件現場に立ち寄ったところを暴漢に襲われる(このシーンは,北署の刑事たちが室井に心を開くという意味では重要なのかもしれないが,「襲われる」ことそのものに必然性が感じられなかった)。

駆けつけた新宿北署の刑事たちは室井の捜査続行の意志を知り,彼ら行きつけの店を「捜査本部」として捜査再開。

しかし,最初に神村を追いかけたときも,その後の場面でも「刑事多すぎ!!」というか,固まって動きすぎ!!
しかも,バンバン資料を置くだけで,まとめる人間はいないし……(笑)

工藤と室井は桜井杏子を追い,話を聞こうとするが,その前に灰島事務所のメンバーが現れ「法律」で「ブロック」されてしまう。
自分たちが誘った所に「監禁」されたという理論だが,どう見ても理不尽な場面ではあっても,要所要所でデジカメをパチパチやっている側と,言葉だけで「違う」という側の優劣は明らか。

字数制限をオーバーするので,その2に続きます。


「踊るレジェンド・スペシャル・プロジェクト」の日記は次からお読みください。
「交渉人 真下正義」
「逃亡者 木島丈一郎」
「 弁護士 灰島秀樹」



Your Click Cheers Me Lot━━━━
にほんブログ村 テレビブログへ       人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━

番組関連ホームページ容疑者 室井慎次(Wik)

キャスト
警視庁
安住利夫(副総監 警視監):大和田伸也
金子総務部長(警視長):寺泉憲
菅野警備部長(警視長):矢島健一
島津生活安全部長(警視長):浜田晃

警視庁刑事部
多田野刑事部長(警視長):河西健司
室井慎次(捜査第一課管理官 警視正):柳葉敏郎
沖田仁美(捜査第一課管理官 警視正):真矢みき)
一倉正和(捜査第一課長 警視正):小木茂光

警視庁新宿北警察署
工藤敬一(刑事課強行犯係 巡査部長):哀川翔
神村誠一郎(地域課 巡査):山崎樹範

警視庁湾岸警察署
神田署長(警視正):北村総一朗  秋山副署長(警視):斉藤暁
袴田刑事課長(警部):小野武彦

警察庁
池神次長(警視監):津嘉山正種

榊原長官官房審議官審議官(刑事局担当 警視監):中原丈雄
新城賢太郎(長官官房審議補佐官(刑事局担当) 警視正):筧利夫

大村局長(警備局長 警視監):並樹史朗
今野刑事局長(警視監):大河内浩
坂村刑事局刑事企画課長(警視長):升毅

横山邦一(警備局公安課長 警視長):大杉漣

深江功太郎(元警察庁長官):高橋昌也

検察庁
検事総長:品川徹
窪園行雄(東京地方検察庁検察官):佐野史郎


津田法律事務所
津田誠吾:柄本明  小原久美子:田中麗奈

灰島法律事務所
灰島秀樹:八嶋智人  篠田真一:吹越満  河野脇子:松永玲子
渡部広太:佐藤恒治  根本強兵:野間口徹  流川茂:村上航

桜井杏子:木内晶子  黒木孝夫:田中圭  石本一馬:伊達暁


DVD & BOOK






Last updated  2006/11/07 12:25:47 AM
2006/11/05

「仕掛人 藤枝梅安」(林徹監督・田村惠脚本)

を見た。

期待通りおもしろかった。テレビ東京系列の「逃亡者(のがれもの)おりん」もそこそこおもしろいし,「時代ドラマ」に少し順風が吹いてきたか(笑)

「お色気」シーンが最低限に抑えられていたのもよかったが,何よりよかったのは,宿場女郎のお仲(中山忍),さらにはその弟の死を,「お涙頂戴」にしないでさらっと流していたところ。

全体的に軽くはないが重過ぎず,よい塩梅だったように思う。

彦次郎は自分のイメージとは違うのだが,やはり小日向文世はよい!! スペシャルを何回かやる形でも,シリーズものになる形でもよいから,ぜひ小日向彦次郎を作り上げていってほしい。
藤枝梅安(岸谷五朗)にも小杉十五郎(原田龍二)にも特に文句はない(笑)
小杉十五郎を今回は裏の世界に連れ込まなかったのも,それをお仲の弟の死とからめたのもよかったと思う。

出色は梅安の鍼医院に雇われて通うおせき(鷲尾真知子)。梅安,小杉,彦次郎3人の食事場面で小杉によそった飯の高さ!! さらには,「イイ男」といってすりよっていくし(笑)
梅安の想い人であるおもん(高岡早紀)もよかった。どこがかというと,2人の間柄がすごく「落ち着いて」みえるところ。

もの足りなかった面も少しはある。小杉も含めて仕掛人側が強すぎて,危機感が全くなかった。
もう少しハラハラさせてほしかったなぁ。彦次郎が近江屋(本田博太郎)を狙う最初の場面で障子が閉められてしまい,「梅安とのタイミングがやばいか?」などとも思ったのだが,全くの杞憂。
安部長門守(石橋蓮司)を殺した梅安は「堂々と」雪隠から出てくるし,彦次郎も1人になった近江屋を殺して,あっさりと毒矢を回収(最初の場面で殺していたら,どうやって回収したのだろう?,笑)。

もの足りた面は数多くあるが,なんといっても「食べ物」。
食べ物がおいしそう,というだけではなく,おいしく食べている様子が最高!! 大根を女郎の足にたとえた(わけではなく,梅安が誤解しただけだが)音羽の半右衛門(藤田まこと)も,豆腐に目のない彦次郎も,安部長門守への仕掛けの前夜,おせきを帰して自分で料理したものを食べる梅安も本当に「おいしそうに」食べていた。

「おいしそう」ではなくて,実際においしいのだろう。何しろ原作は読むだけでおいしさを感じる池波正太郎だし,それを尊重して,こちらフジテレビ/News(土曜プレミアム『仕掛人 藤枝梅安』)によると,「故池波正太郎が愛した東京・銀座の老舗「てんぷら 近藤」の近藤文夫氏が料理監修を務め」とあるほどなのだから……

テレビのクイズ番組についての日記は,フリーページ テレビ番組 (ドラマ)からごらんください。


Your Click Cheers Me Lot━━━━
にほんブログ村 テレビブログへ       人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━


楽天ブックス






Last updated  2006/11/05 12:39:16 AM
2006/10/30
「踊るレジェンド・スペシャル・プロジェクト」第4弾である,

「弁護士 灰島秀樹」(2006,小林大策監督,君塚良一脚本)

を見たが,振って戻して,戻して振って「先が見えるようで見えない」おもしろいドラマだった。

前半でやたら印象に残ったのは河野脇子女史。

ゲームに夢中の灰島を怒鳴り声とか足踏みでコントロールしてしまう河野のパワーがすごかった!! 指パッチンで目下の弁護士を引き下がらせてしまうし……
車を運転しながら,室井の事件のときに小原久美子を苛めて楽しかったと高笑いしていたのも迫力満点(笑)
灰島から誘われて,「今夜は酔ってしまいそう!!」の場面はコワかったけれど(笑)

灰島らしさの冒頭
老人相手の詐欺事件の集団訴訟で1億3千万を勝ち取るが,その8割(1億)を弁護料として自分のものにしてしまうのがいかにも灰島らしい。
この1億が「調査費用」として終盤で使われることになる。
ちなみに紙を落として2度目には拾ってもらえなかった車椅子の老人は鈴木清順。


神ヶ浦をめぐる思惑
2009年に海洋博覧会を開きたい国(安田代議士),国の計画をつぶしてテーマパークを作りたいワンダーコーデック(速水社長),土地の金と賠償金が欲しい地元の住民それぞれの思惑が絡む中,「森と海を守りたい」淑子が反対派住民の代表に。
彼女が灰島の母親に似ていたことが,微妙に彼のリズムを狂わせていく。


灰島事務所の離反劇
海洋博の中止に力を貸して欲しいと灰島事務所を訪れた千葉県議瀬籐からの依頼を「金にならない」との理由でいったんは断るものの,1億円で海洋博をつぶしてほしいという速水の依頼で動きだした灰島事務所。
「室井」のときと同じ作戦で,海洋博覧会協会のメンバーのスキャンダルを次々に暴き,訴訟を起こしていくが,海洋博側の代理人木下から灰島が「訴訟パラノイア」だと吹き込まれた淑子が息子直道を連れて事務所を訪れたことから,灰島が変調(笑)

直道とのキャッチボールの場面が随所で効果的に使われていたけれど,灰島は最後まで投げ方がヘンだったね(笑)

「所長が人間らしい言葉(反対住民をだましていいんだろうか?)をはきました」と河野が篠田にご注進に及んだことで,篠田以下5人が灰島の過去を探り,淑子に母親を見ていることを知る。
結局,
「出てくの?」「わたくしたち,浪花節はきらいですの」
ということで5人は灰島から離れ,テーマパークの件を淑子にばらして委任状の相手を灰島から篠田に変更させる。


沖田の情報
孤立した灰島は酒場で沖田(西神田署に捜査本部長としてきていた,と思う)と出会うが,彼女が「異国で捜査してるよう」といっていた超レアもののゲームソフト「ピンクサファイア」をめぐる秋葉原大学生殺害事件のヒントを教えたことで,知事選出馬をもくろんでいる千葉県議の瀬籐が,速水の盟友であることを聞かされる。
沖田が唯一の「踊る大捜査線関係者」だったような気もするが(笑),2人のやりとりはなかなかよかった。


灰島の反撃
海洋博のシンポジウムで,篠田を中心に「反対」の声が高まる中,海洋博覧会協会が新たに雇った代理人として灰島が登場。
敏子の息子直道に作文まで読ませて,「縮小開催(埋め立てなし,森林の伐採を半分)」でまとめ上げる。

「貴方は誰のために弁護したの?」と淑子に聞かれて「母のためです」と答えた灰島に感動しかけた自分を大反省(大笑)
安田に連絡をとったのはわかっていたが,タダで動くはずはないんだよね!!
国の裏金2億をもらい,「真実じゃ金になんないからね」とうそぶく彼のもとに,篠田以下5人も戻ってきて,事務所はめでたしめでたし……

2億もらったけれど,集団訴訟で得た最初の1億は「調査」のために使ってしまったらしいので,結果としては速水からもらう予定の1億と同じだったというのもおもしろい。
篠田や河野たちがあっさり離れ,あっさり戻ってきたのも弁護士が基本的には「個人事業主」だということを考えると不自然ではないし,何しろおもしろかった。

しかし,これを書くためにものすごく時間を使ってしまったことに反省!!


「 交渉人 真下正義」の日記は→こちら,「逃亡者 木島丈一郎」の日記は→こちらからどうぞ。


Your Click Cheers Me Lot━━━━
にほんブログ村 テレビブログへ       人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━

番組関連ホームページ弁護士 灰島秀樹(Wik)

キャスト
灰島法律事務所
灰島秀樹:八嶋智人  篠田真一:吹越満  河野脇子:松永玲子
渡部広太:佐藤恒治  根本強兵:野間口徹  流川茂:村上航

芦川淑子(反対派住民代表):石田ゆり子
瀬籐賢三(千葉県議):野村宏伸
速水龍人(IT企業社長):長井秀和
安田宗孝(海洋博覧会協会会長,国会議員):伊東四朗
木下輝子(海洋博覧会協会代理人,弁護士):深浦加奈子

沖田仁美(警視庁刑事部捜査第一課管理官 警視正):真矢みき)






Last updated  2006/10/30 12:57:04 AM
2006/10/15
困った!!! 
日記に書く予定もなくお気楽に見ていた

「交渉人 真下正義」

なのだけれど,終わってから,次週放映予定の「逃亡者 木島丈一郎」について,けっこうまじめに日記を書いた(→こちら)ことを思い出してしまった(笑)

ということで,雑感的になるが記録を残しておくことにします。

もっとも印象に残ったのが,千疋屋。耳にしたときは、美味しい果物かお菓子が出てくるのかと本気で思ったのだが,線引屋だった。

この熊沢鉄次(金田龍之介)がかっこよすぎ!! ダイアグラム作りの大変さはなんとなくわかるので最初から注目していたのだが,要所要所で真下を助けてくれ,「プラスワン(だっけ?)」の謎を解いてくれたり,今風にいえば「やばい!」ってところか……
退場シーンのサンタクロースの帽子には笑ってしまった。

今回の話では,一癖も百癖もあるSITの木島丈一郎(寺島進)と真下が,妙な信頼関係で結ばれていた。

これを不自然に感じなかったのは,偶然ながら「逃亡者 木島丈一郎」(制作は後だが,事件は今回の2か月前という設定)を先に見てしまった関係からかな?

TTR総合指令長の片岡文彦(:國村隼)と広報担当の矢野君一:(石井正則)の「笑い」についてのやりとりもおもしろかった。
片岡が行く予定だったコンサートのお相手が「母親(八千草薫)」とわかるところで,矢野の「笑い」が浮いてしまうのだが,ここらへんがドラマのクライマックスにもつながって,うまい構成だと思った。

配役をチェックするため,交渉人 真下正義 - Wikipediaを見ながら書いているのだが,みんなけっこう警察官としての階級が高いのに驚いた。

爆発物処理班班長(松重豊,「逃亡者 木島丈一郎」でも,名前なし)と係長の小池茂(小泉孝太郎)が警部,真下と木島はともに警視なのか!!
ミステリ小説では,キャリア組のここまで豪華絢爛な登場はあまりないなあ,それとも読んでいないだけかな(笑)

「Wikipedia」には,営団と都営のどちらからも撮影許可がおりなくて,実際の撮影がおもに神戸と横浜で行われたなど,おもしろい情報もあったので,興味があれば覗いてみてください。

犯人の正体も真下が柏木雪乃(水野美紀)のために用意した指輪の行方もわからないままという微妙な終わり方ではあったが,おもしろかった(指輪は無事見つかったようです。すずさんに感謝!!)。

テレビについての日記は,フリーページ テレビ番組 からごらんください。


Your Click Cheers Me Lot━━━━
にほんブログ村 テレビブログへ       人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━


MUSIC&BOOK
【DVD】交渉人 真下正義 スタンダード・エディション     『交渉人真下正義』完全file






Last updated  2006/10/15 02:10:44 AM
2006/10/04
「誰がアンフェアだ?」という言葉がキーになっているようだが,見終わって思った。
アンフェアなのはお前だっ フジテレビ!!!!
なにしろ,テレビを2時間以上も使って映画の宣伝をしてしまうのだからね(笑)

前置き終了。

ドラマは見ていない。
途中で「推理小説」が原作であることを知り,見てみたいとは思ったのだが,ミステリを途中から読むのと同様,このドラマに途中参加するのは興ざめだと思って見なかった。

残念!!

おもしろいじゃん。

2時間ミステリにしては「断崖絶壁」も「温泉」も出てこないところに好感度大。
また,連続ドラマを引きずっていない分,Yが誰か(これは安本と思っていたが雪平のYだった),暗号のキーワードは何か,雪平夏見(四季のうちつらい二つを名前に持ったことが彼女の性格を決めているのかもしれない,笑)の父は何をしたかなどが,かなり早い段階で分かったのだが,それはそれで楽しかった。

難をいえば,雪平(篠原涼子)最大のピンチのクライマックスに,なぜ唐突に斉木(江口洋介),とその他警官多数,が出てくるの?
山路(寺島進)が公安に応援を求めることは考えられないし……
斉木というより江口洋介がけっこう好きだから許すけど(笑)

けっこう楽しめました。原作のかけらもないけれどあいかわらず原作は秦建日子だね(笑)


Your Click Cheers Me Lot━━━━
にほんブログ村 テレビブログへ       人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━






Last updated  2006/10/04 03:29:29 AM

全78件 (78件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

PR

Category

Favorite Blog

防寒着を買った New! りぶらりさん

『わたし定時で帰り… ばあチャルさん

有為転変 静流2495さん
風雅 風雅1100さん
フォッカーといえば・… ベローソフさん
とりあえず知っとけ! Aokageさん
harumiffyのMiffy… harumiffyさん
日々のあぶく? kiyuさん
未定の予定~ラビ的… みっつ君さん
ちゃっちゃんの大冒険 ちゃっちゃん♪さん

Recent Posts


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.