2006/08/05

クドリャフカの順番(米澤穂信)

古典部シリーズ3作目になる,

米澤穂信の「クドリャフカの順番」(2005)

を読んだ。

「氷菓」(日記は→こちらから),「愚者のエンドロール」(日記は→こちらから)に続く作品ということで,またまた手順前後(笑)になってしまい,途中,ここは(この人は)前の本を読んでいれば……なんて場面もあったのだが,まあ楽しく読めた。

神山高校文化祭,通称カンヤ祭の3日間。

千反田える,伊原摩耶花,福部里志,折木奉太郎の1年生4人だけが所属する「古典部」では,30部の予定を誤って200部作ってしまった文集「氷菓」をどうやって売りさばくかが大問題!

福部里志がクイズトライアルに参加して「古典部」の宣伝をしたり,千反田えるがビデオ映画のパンフレットと一緒に「氷菓」を売ってもらったりしている中,いくつかの参加団体で犯行声明を残された盗難事件が起こる。

漫研にも所属し,ほとんどの時間をそちらにとられている伊原摩耶花の先輩河内亜也子との気まずい対決や,折木奉太郎が姉からもらった万年筆から始まる「わらしべ」プロトコルなどの話もはさまり,それらすべてが最後に1つの推理・結末へとつながっていく。
ちなみに,作者HPからの受け売りになるが,コスプレは,
伊原摩耶花…ヴァンデミエール(ヴァンデミエールの翼),佐倉魔美(エスパー魔美),千里万里子(七色いんこ)
河内亜也子…泪泪(ヴァンパイアハンター),キング(龍虎の拳),春麗(ストリートファイター3)

話の内容そのものもおもしろかったが,登場人物のキャラクターがよい。「古典部」の4人はもちろんのこと,奉太郎の姉貴,里志のクラスメート谷惟之,2年F組の入須冬実などなど脇を固めるメンバーも,そして「犯人」も,それぞれ個性的で,魅力的なので,読みやすく内容も頭に入ってきやすい。

お料理研究会のイベント「ワイルドファイア」の場面は,折木の「思わぬ」応援も含めて,楽しかったなあ。
「古典部」や「ファタ・モルガーナ」の料理もだけれど,「天文部」のバナナをだし汁で煮た「異星人の料理」!!??
「愛エプ」がけっこう好きな筆者としては,食べたくはないが見てみたかった(笑)

本線に戻って,「犯行」の「動機」または「意味」についてだが,これには高校生というか受験生の悲哀まで感じられて,いろいろ考えさせられるものがあった。
タイトルにある「クドリャフカ」は1957年ソ連のスプートニク2号に乗せられて帰ってこなかった犬の名前だが,その犬が地球を懐かしんで見る(として)視線は,「犯人」の視線に通じるものがあるのではないだろうか。

なお,初版本に関してけっこう大きなミスがあることをkaisa21さんから教えてもらいました。図書館で読む場合,初版本が多いので注意してください。
正誤表は,→こちらにあり,下に紹介した公式HPから探すこともできます。
ただし,読む前に正誤表を見ると大きなヒントになってしまうので,じっとガマンして読後に照合するほうがよいと思われます(笑)
なお,二版以降では修正されています。

時代,場所,登場人物などをフリーページの米澤穂信メモ(古典部シリーズ)に簡単にまとめてありますので,ごらんください。
米澤穂信の他作品についての日記は,フリーページ 読了本(日本) (米澤穂信)からごらんください。



Your Click Cheers Me Lot━━━━
にほんブログ村 本ブログへ       人気ブログランキング
このブログのRSSのURL →  RSS 
━━━━━━━━━━━━━━━━

米村穂信公式ホームページ汎夢殿

楽天ブックス
クドリャフカの順番

クドリャフカの順番     米澤穂信


記事関連のオススメ日記
未来の予定~ラビ的(みっつ君さん)  ミステリの部屋(samiadoさん)
積んどく? 読んどく?(shiba_motoさん)  まみむメモ(@かぼちゃさん)
本好きフクスケさん





TWITTER

Last updated  2007/04/17 07:33:34 PM
[読んだ本(ミステリ・日本)] カテゴリの最新記事